【3分で登録完了】XMのリアル口座を開設する方法を画像付きで解説

当記事はXM(エックスエム)の口座開設方法を知りたい方のために書かれたものです。

XMの口座開設手順は非常に簡単ですが、初心者の方がいきなりやってしまうと手間取ってしまうことがよくあります。

当記事で解説している手順通りにXM口座開設を進めていけば、手間取ることなくXM口座開設を完了することができます。

スマホでもやることは同じ

こちらの記事ではパソコン画面を使って説明していますが、スマホの方でもやることは変わらないので、是非当記事を参考にしてください。

アカリ

GIF動画付きで解説しているから分かりやすいですよ!

\国内人気No.1

        XMのFX口座を開設する               

※最短1分で口座開設可能

XMの口座開設手順

XMは世界的に人気の高いFX会社です。

国内FX会社を除いた「海外FX」のジャンルでは、日本人にNo.1の知名度・人気を誇っています。

それはなぜでしょうか?

大きく分けると、その理由は以下のようにまとめることができます。

  • 安心安全のゼロカット制度が標準装備
  • 最大レバレッジ888倍まで使える
  • スキャルピングにも耐えうるスプレッドの安定感
  • 「口座開設3000円ボーナス」などの豊富なボーナス
とはいえ、海外FXと聞くと敷居が高く感じます。本当に初心者でも簡単に取引することができるのでしょうか?

ユカリ

アカリ

その心配はいらないです。口座開設を開設してしまえば日本語で利用することができますし、口座開設の方法については、この記事で徹底的に分かりやすく解説しています!

それでは早速、XMの口座開設手順をご紹介していきます。

1.個人情報を入力する(英語)

まずは、こちらからXMの口座開設フォームを開きましょう。

すると、以下の画面が表示されるので、手順にしたがって入力していきます。

登録に必要なあなたの情報を入力します。

  • 名 ⇒ Taro(アルファベット)
  • 氏 ⇒ Yamada(アルファベット)
  • 居住国 ⇒ リスト選択からJapanを選択
  • 希望言語 ⇒ 日本語を選択
  • 電話 ⇒ +81(国番号)90-1234-5678 (090-1234-5678の場合)
    ※最初の0は省略しましょう
  • Eメール ⇒ あなた自身のメールアドレス

XMは日本語に対応しており、口座開設後の取引も日本語で行うことができます。

ただし、登録時については、一部を英語で入力する必要があります。

選択式のタブは、もともと日本語で表記されている分については日本語でもOKですが、手入力の項目に関しては、英語(ローマ字)で入力していきましょう。

居住国については、多くの方は「Japan(日本)」で問題ありません。

電話番号は、少し戸惑ってしまいがちですが「+81」の後に必ず「0」を省略して入力します。

でなければ正しく登録することができず、エラーになってしまいます。

Eメールアドレスについては、登録に際してXMからメールが届くので、受信ができるアドレスを登録しましょう。

XMの口座開設で個人情報が悪用されることはない?

口座登録時、XMに住所や電話番号を入力する必要があるので「悪用されるのではないか」と心配になる方もいるかもしれません。しかしXMは、世界トップクラスの信頼性を誇るFXサービスです。海外の規制当局に準拠しており、国内FX会社に準じた信頼性と規模を持っていると認識されているので、悪用はおろか、住所に郵便物が届いたり、電話がかかってきたりということも原則としてありません。むしろ、個人情報を教えるのに抵抗がある方ほど、XMのような信頼性の高いFX会社がオススメです。

2.取引口座詳細を選択する

続いて、口座のタイプを選びます。

一度選ぶと、追加口座を開設しない限りは変更できないので、ミスのないように選択しましょう。

  • 取引プラットフォーム ⇒ MT4又はMT5を選択
  • 口座タイプ ⇒ スタンダード・マイクロ・ZEROから選択
MT4かMT5どっちが良い?

MT4・・・自動売買(EA)をなどを利用したシステムトレードをするならMT4選択しよう。歴史が長い分、EAを豊富な種類から選ぶことができるのがメリットだ。また、MT5よりも古いバージョンの取引ツールだが、まだシェア率ではMT5を上回っている

MT5・・・裁量トレードなら、MT4、MT5どちらを使っても大丈夫。ただし、最新版のMT5の方が新しい分、動作が軽く、サクサクと使うことができるためオススメ

ちなみに、多くのトレーダーが気になるテクニカル指標の種類については、どちらも有名どころを押さえており、問題ありません。たとえば、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表を含む多数のテクニカル指標が利用可能です。ただし、ユーザーによって独自にプログラム・カスタマイズされた特殊なインジケーター(カスタムインジケーター)の種類は、EAと同じくMT4のほうが豊富です。

※上記で、MT4とMT5のどちらを選択したかを覚えておいてください。

MT4とMT5には互換性がないため、上記フォームでMT4を選択したのに、MT5にログインしようとすると(もしくはその逆をしようとすると)、正しくログインできません。

なぜかログインできない!」という場合のほとんどの原因となっているので、注意しましょう。

口座タイプはどれがいい?

スタンダード口座・・・XMで最も利用されている口座。レバレッジも最大888倍まで利用可能。「口座開設3000円ボーナス」「XMP(XMポイント)」「最大100%の入金ボーナス」のすべてが使える

マイクロ口座・・・小資金トレーダー向けの口座。最小10通貨からポジションを持てる(スタンダードの100分の1)。スタンダード口座と同じく3種類のボーナスはすべて使うことができる

ZERO口座・・・スキャルピング特化口座。スプレッドが上記口座よりも狭く設定されているものの、取引口座ごとに手数料がかかるため、あまり使われていない。また、XMの3種類のボーナスのうち「XMP」「最大100%の入金ボーナス」は対応していないので、ボーナスは貧弱だ

特にこだわりのない方は、スタンダード口座を開設することをオススメします。あとで別の口座タイプを利用したくなったら、いつでも追加口座を作成することができるため、それほど悩む必要はないでしょう。

3.個人情報を入力する(カナ)

続いて、お客様情報を入力していきます。

  • 下のお名前(全角カナ表記)⇒タロウ
  • 姓(全角カナ表記)⇒ヤマダ
  • 生年月日⇒ご自身の誕生日をリストから選択

こちらの項目は例外的に、「名」と「姓」を英語ではなく、カナで入力します。

生年月日については、後ほど提出する本人確認書類と一致させる必要があるので、正しい情報を入力してください。

4.住所詳細を入力する(英語)

「英語」で住所を入力します。

  • 都道府県⇒Tokyo To
  • 郵便番号⇒131-0045
  • 区町村・町名⇒Oshiage, Sumida Ku
  • 番地・部屋番号⇒1-1-2
  • 納税義務のある米国市民ですか?⇒いいえ

入力する項目は上記のような形式で入力していきます。

しかし、英語での入力となるので、戸惑ってしまう方もいるでしょう。

基本的には、「日本語」→「英語」の住所変換は以下のルールに基づいて行なえばOKです。

住所の例:
〒450-0001
名古屋市中村区那古野1−47−1
名古屋国際センタービル6階

 

英語の住所:
Nagoya International Center Bldg. 6F
1-47-1 Nagono, Nakamura-ku, Nagoya
450-0001

このように、日本語の住所の場合、「郵便番号→都道府県→市区町村→地域名→●丁目●番地●号→建物の名前・部屋番号」となりますが、英語の場合では、「建物の名前・部屋番号→●丁目●番地●号→地域名→市区町村→都道府県→郵便番号」のように、日本語とは順序が逆となります。

XMでは、それぞれの入力欄が独立しているので順序については意識しなくても問題ありませんが、「区町村・町名」の項目については、「墨田区 押上」なら「Oshiage, Sumida Ku」と逆にする必要があります。

また、「都道府県」「区」「市」「村」などの入力は次のように行いましょう。

  • 都: -to もしくは なし(例:Tokyo to、Tokyo)
  • 道: なし(例:Hokkaido)
  • 府: -hu もしくは -fu
  • 県: -ken もしくは prefecture
  • 区: -ku もしくは ward
  • 市: -shi もしくは city
  • 町:-chou もしくは -machi もしくは town
  • 村: -mura もしくは village

基本的には、上記のルールを知っておくことで正しく英語で住所を入力できますが、以下のサイトを使うことで時間を短縮できます。

住所は英語で入力!

英語での住所入力はXMの口座開設で多くの方が戸惑うところです。

そこで、こちらのサイトを使って自動で住所を英語に変換するのがオススメ。日本語をコピー&ペーストするだけで英語住所にできます。

ただし、完全ではないので、最後に上記のルールに基づいてミスがないか確認しましょう。

住所英語変換サイト『JuDress』

5.取引口座詳細を選択する

XMで開設する口座の仕様を選択していきます。

こちらも一度選ぶと変更できないので、以下のようにミスのないように選びます。

  • 口座の基本通貨 ⇒ JPY
  • レバレッジ ⇒ 1:888
  • 口座ボーナス ⇒ はい、ボーナスの受け取りを希望します

基本通貨はJPY(日本円)を選択します。

XMにおける基本通貨とは、開設した口座がどの通貨を「ベース」にしているかというもの。

日本円を選択すると、MT4などの取引ツールの表示が円建てとなり、取引していない状態の口座残高が円になります。

また、日本円の入金・出金時に余分な追加手数料が発生せず、国内FX会社を利用しているような使用感となるので、基本通貨は「JPY」がオススメです。

さらに、レバレッジについては、1:888(888倍)を選択します。

このレバレッジはあくまで「上限」なので、888倍で口座開設をしても、Lot数によってレバレッジを調整することができます。

たとえば、レバレッジ50倍を選択すると、「0倍~50倍」の範囲でしか取引することはできませんが、レバレッジ888倍なら「0倍~888倍」で取引することができます。

アカリ

だから低いレバレッジしか使わないという人も、レバレッジは888倍がオススメですよ!

また口座ボーナスは、必ず「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選びます。

受け取りを希望せず「いいえ」を選択すると、「新規口座開設3000円ボーナス」「入金ボーナス」「XMP(XMポイント)」のすべてが一切もらえなくなってしまいます。

「いいえ」を選んでもスプレッドや手数料といった何らかのコストが優遇されることはなく、まったくメリットはありません。すべての方が「はい」を選んでOKです。

6.投資家情報を選択する

国内のFX会社でも入力が求められる「投資家情報」を入力していきます。

  • 投資額 ⇒ 投資する予定の金額をリストより選択
  • 所得総額(USD)⇒ USドルに換算した年間所得額
  • 総資産(USD)⇒ USドルに換算したあなたの総資産額
  • 学歴 ⇒ 最終学歴をリストより選択
  • 取引の目的及び性質 ⇒ 投資
  • 雇用形態 ⇒ 被雇用者
  • 職種 ⇒ リストより選択

ちなみに最終学歴については独特の言い回しとなっていますが、それぞれ「学士→大学卒業」、「修士→大学院の修士課程修了」「博士(大学院の博士課程修了)」を意味しています。

また、所得総額や純資産は日本円相当で入力する必要がありますが、参考までにレートを提示すると、10,000USD=100万円相当で計算してみてください(1ドル100円で換算)。

ちなみに、これらを含む上記の入力フォームの情報は、口座開設の審査には影響しません。

アカリ

だから、ここの情報の入力は大体で大丈夫です!

規制当局に認可されたFX会社として、ユーザーの情報を把握しておく必要があるため、入力を求められているのです。

「こんな感じかな」というおおざっぱなイメージで埋めていきましょう。

注意ポイント
XMでは投資額20000ドル(約200万円)以上を入金すると、最大レバレッジが888倍→200倍にダウンしてしまう仕様となっている関係で、投資額を20000ドル以上に設定すると、最大レバレッジが200倍になります。それを避けたい場合には、入金額は20000ドル以下を選択しましょう。

7.口座パスワードを入力する

次に、XMを利用する上でログインの際などに利用するパスワードを設定します。

  • 口座パスワード ⇒ パスワードを入力
  • パスワードの確認 ⇒ パスワードを再入力

パスワードの再入力は、確認のためのものなので「同じパスワード」を入力しましょう。

また、言うまでもないことではありますが、FX取引は金銭を扱う性質上、パスワードはランダム性の高い文字列を使用する必要があります。

注意ポイント
パスワードは大文字・小文字・数字を交えたもの、かつ 8 ~ 15 文字の長さで入力しましょう。オススメは、15文字のMAXを設定することです。

8.確認をクリック

最後に、同意事項に同意しましょう。

  • 確認 ⇒ 利用規約を読んでクリック

2つのチェックボックスをクリックします。

最後に『リアル口座開設』をクリックすれば完了です!

9.XMからのメール確認

フォームによる入力については、上記で完了ですが、メールアドレスを確認する必要があります。

口座開設フォームに正しい情報が入力されていれば、あなたの登録したメールアドレス宛に、XMからメールが届きます。

メール内に記載された『Eメールアドレスをご確認ください』ボタンをクリックすれば正式にXMの口座開設が完了します。

※『Eメールアドレスをご確認ください』ボタンの有効期限は24時間ですのでお早めに

※メールが届かない場合は迷惑メールに振り分けられていないか確認しましょう。

ボタンを押すと、XMのMT4やMT5にログインするのに必要となる、

  • MT4(MT5)のID
  • サーバー名

がメールで送られてきます。

後ほど、MT4などにログインする際に確認する必要があるので、大切に保存しておきましょう。

アカリ

ここまでお疲れ様です!XMでの口座開設の手順はすべて完了となります。解説すると長く感じますが、実際には2~3分ですべての口座開設手続きを完了させることができます。

XMの口座開設Q&A

XMに口座開設する上では、海外のFX会社だけに、疑問もあるはずです。

ここでは、よくある疑問にQ&A方式でお答えします。

XMは本当に信頼できるFX会社ですか?

XMは、日本の金融庁には登録されていない「海外FX」にあたります。

しかし、XMは海外セーシェル金融庁にて審査を受け、その監督の下で運営が行われています。

それだけではなく、世界196カ国でサービスを展開しており、2019年にはCity of London Wealth Management Awardsにおいて「ベストFXサービス提供会社賞」を受賞したFX会社です。

その信頼性について、トップクラスであることは疑いの余地もありません。

また、信頼性が高いだけではなく、日本人による口座開設数で断トツを誇っているのが特徴で、このことから日本語での情報がとても入手しやすくなっています。

また海外FXでありながら、日本語でのサポート(チャット、メール、電話)が受けられるほか、日本語でのセミナー(XMウェビナー)も開催されています。

そうしたことから、日本人が「高いレバレッジ」と「信頼性の高さ」を求めて利用するFX会社サービスとしては、XMがベストであると当サイトは考えています。

口座開設の際「口座の種類」はどう選べばよいですか?

XMでは、

  1. スタンダード口座・・・ごく標準的な口座
  2. マイクロ口座・・・1Lotのサイズが小さい口座
  3. ゼロ口座・・・ボーナスが一部もらえない代わりにスプレッドが狭い口座

の3種類の口座を開設することができます。

詳細な選び方は「(【準備中】)」で詳しく解説していますが、迷った方はごく標準的なスタンダード口座で問題ありません。

アカリ

もし気に入らなかった場合、XMでは1ユーザーあたり最大8つの口座を開設できるので、初期口座としてどれを選んでもリスクはありません。

XMは何歳から口座開設できますか?

18歳以上のユーザーが口座開設を行うことができます。

国内FX会社や、他の海外FX会社では20歳以上からとなっているケースも多いので、20歳以下のトレーダーにもXMはオススメです。

口座維持手数料はかかりますか?

原則として、無料です。

ただし取引の間隔が90日以上空くと「休眠口座」に認定され、毎月5ドル(約500円)の口座維持手数料が発生します。

この場合、入金するか取引を再開することで、休眠状態を解除でき、口座維持手数料を0に戻すことができます。

なので口座維持手数料は無料と考えてOKです。

口座開設に本人確認書類や、マイナンバーの提出は必要ですか?

国内FX会社とは異なり、マイナンバーカードの提出は必要ありません。

まれに、XMにログインすると「マイナンバーカードをお持ちですか?」と個人番号の登録を求められることがあります。

しかし、これはXMがヨーロッパの規制の強化に対応するために便宜上出している要求であり、日本人が、日本のマイナンバーを提出する必要はありません。

該当の表示が出た場合には、「いいえ」を選択しましょう。

国内FX会社の場合、マイナンバーの写しの提出が必須となっています。

そのためXMは、マイナンバーを企業に知らせたくないユーザーにもオススメです。

ただし、本人確認書類の提出については必須となります。

XMは規制当局に認可されたFX会社として、ユーザーの本人確認を行う義務があるからです。

少額トレーダーにXMは向いていますか?

はい、向いています。

国内FX会社では、最大レバレッジ25倍の1万通貨単位が標準的なので、ドル円なら最低必要証拠金は約5万円となります。

しかしXMでは、マイクロ口座では10通貨、最低必要証拠金は約1.2円です。

口座開設するともれなくもらえる3000円ボーナスだけでも十分にトレードができるので、XMは少額のトレーダーにもベストな選択肢です。

こうしたことから、XMは専業トレーダーやセミプロトレーダーのみならず、初心者にも高い人気があります。

XMに口座開設すると、FX以外にどんな銘柄をトレードできますか?

FXの他にもCFDに対応しているため、XMたった1社に口座開設するだけで、以下の銘柄をレバレッジをかけてトレードすることができます。

  • FX通貨ペア:57種類
  • コモディティ(商品):8種類
  • 株式指数:30種類
  • 貴金属:4種類
  • エネルギー:5種類
  • 仮想通貨:5種類(※2020年3月現在、仮想通貨の取引は停止しています。)

国内のFX会社では、原則としてFXのみの取引となります。

XMに口座開設すると、FX、CFDのそれぞれを専門業者のクオリティで取引できるため、より多くの銘柄でチャンスを狙うことができます。

日本人に人気の日経225も取引できるのがうれしいですね!

ユカリ

XMの口座開設にはどれくらい時間がかかりますか?

一般的には、1~2営業日となっています。

時間帯やタイミングによって、早ければ数時間以内に完了し、取引可能な状態となります。

ただし、口座の有効化(本人確認書類の提出が必要)が完了するまでに時間がかかることも。

たとえば、XMの口座開設は休日(土日)でも行うことができますが、本人確認書類が承認され口座が「有効化」されるには、週明けの月曜日まで待つ必要があります。

登録そのものは5分で完了します。

XMは家族などの本人以外が口座開設できますか?

残念ながら、できません。

XMでは「口座開設3000円ボーナス」という口座開設するだけで無条件にもらえるお得なボーナスがあります。

また入金ボーナスも破格の条件となっているため、家族名義を使って複数口座を開設しようと考える人も多いかもしれません。

しかし、XMでは本人以外が本人になりすまして口座を開設することは禁じられています。最悪のケースでは、口座凍結の原因となるので注意しましょう。

もちろん、本当にその家族(や知人)がXMを利用したい場合には、まったく問題ありません。

家族全体で、積極的にボーナスを活用しましょう。

XMの公式っぽいサイトがいくつかあるけれど?

XMの口座開設は、公式サイトはこちら(リンク)からどうぞ。

XM公式には他にも、「https://www.xm.com/」などのURLが存在していますが、こちらは日本語で開設できません。

また、XMでは、本物そっくりのニセモノサイト(フィッシング詐欺の疑いがある)も確認されています。

フィッシングサイトに誤ってログインすると、IDとパスワードを抜かれ、金銭的被害を被る可能性も考えられるので、くれぐれもご注意ください。

XMで口座開設〜取引開始までのステップ

この記事では、XMでFX取引を始める最初のステップとなる「口座開設」の方法を解説しました。

XMの口座開設は、簡単に次の4ステップで行うことができます。

XMの使い方ステップ
  • XMの口座開設方法  いまココ!
  • XMの本人確認書類提出・口座有効化方法
  • XMの口座への入金方法
  • XMのMT4・MT5ダウンロード方法

口座開設を済ませたら、続いて、本人確認書類の提出を行っていきましょう。

その方法は、上記のリンクをクリックしてご覧ください。

本人確認書類の提出は、XMを口座開設する上で義務付けられています。

国内のFX会社でもそうであるように、信頼性の高いFX会社では、本人確認が必須となっています。

とはいえ、画面の指示にしたがいスマホのカメラで撮影するだけなので、非常に簡単(郵便物のやり取り不要)。

口座を早く「有効化」するためにも、なるべく早めに提出してしまいましょう。

本人確認書類1点:運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど、顔写真の付いている書類

住所証明書類:6ヶ月以外に発行された公共料金(電気・水道・水道)・住民票・クレジットカードの明細や、もしくは有効期限内の保険証など

ちなみに、XMでは現在、口座開設するともれなく「新規口座開設3000円ボーナス」がもらえます。

入金する必要ないので、リスクゼロでFXを始めることができます。

加えてXMには、「入金ボーナス(入金額の最大100%の証拠金を加算)」「XMP(取引すればするほど貯まるボーナス)」という、信じられないほどお得なシステムが存在します。

特に入金ボーナスでは、たとえば5万円の入金で、プラス5万円分のボーナスがプレゼント。

もはやこれは、5万円がタダでもらえるのと等しいので、絶対にもらわないと損です(ボーナスで得た利益はもちろん出金可能)。

アカリ

海外FXに初挑戦なら、信頼性の面からも、まずは定番の海外FX会社「XM」でデビューしましょう!

【番外編】XMに口座開設できない!原因は?

上記の手順にしたがっているのに、XMに口座開設できない場合、以下の原因が考えられます。

要チェックです
  • 別のサイトから登録している・・・XMの公式サイト(リンク)からご登録ください
  • 入力内容に誤りがある・・・XMは英語でのフォーム入力となるので、入力ミスがめずらしくありません。電話番号についてはちゃんと「0」を抜かして入力しているか、本人確認書類と一致した住所を入力しているか、などをご確認ください
  • メールが受信できない・・・XMでは受信できるメールアドレスが口座開設のために必要です。メールが届かない場合には、入力ミス、迷惑メール用フォルダー、メールの受信ソフトの更新などを試してみましょう
  • 以前にXMに登録したことがある・・・XMではボーナスの不正な受け取りの対策として、1ユーザーが登録できるメールアドレスが1つに限定されています。以前と同じメールアドレスで再登録してみましょう

口座開設に戸惑っている方も、焦らず、この記事の内容を確認しながらひとつずつ進めてみてください!

\国内人気No.1

        XMのFX口座を開設する               

※最短1分で口座開設可能

「XM」で今すぐFXを始めよう!

 

 
最大レバレッジ888倍のXMを使って爆益を体験しよう。 今なら、口座開設(無料)で3000円のボーナスが獲得可能! まずは30日間、お得なボーナスで「お試しトレード」してみよう。

評判を見る 口座開設する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です