【XM】MT4のダウンロードと使い方まとめ。MT5との違いは?

こんな方におすすめ
  • XMの取引ツール「MT4」「MT5」の違いとは?
  • スマホで取引するらなXMは「MT4」「MT5」どっち?
  • 結局どれを使えば良いの?

今回は「XMで使える取引プラットフォーム」について解説します。

  • MetaTrader4(メタトレーダー4)
  • MetaTrader5(メタトレーダー5)

どちらも同じ開発元のメタクォーツ社によって、無料で提供される取引プラットフォームです。

結論から申し上げますと「初心者は迷わずMT4を使うべき」です。
その理由と、両者の違い・特徴を解説します。

【XM】MT4とMT5の違いとは?

MT4とMT5の違い
  • MT4は拡張性に優れる
  • MT5はアップデート頻度が高い
  • MT5は口座タイプで差が出る

MT4とMT5は開発元が同じです。
なので、使い方や仕様は共通点が多いです。

しかし、実際に3年以上リアルトレードで使い込んだ経験から「実践では違いが大きい」と考えています。
基本的に初期設定では、両方とも同じでも使い込みによって別物に変化するのがメタトレーダーです。

MT4 MT5
価格 無料 無料
日本語対応 対応 対応
チャート表示 一度に複数のチャートを表示できる
一度に複数のチャートを表示できる
ライン等のオブジェクト オブジェクトを、チャート上に自由に配置できる
オブジェクトを、チャート上に自由に配置できる
デフォルトで使えるインジケーターやオシレーターの数 豊富 豊富
両建 可能 可能
ワンクリック注文 可能 可能
ストラテジーテスターの使用 可能 可能
動作速度 普通 サクサク
時間足の種類 9種類 21種類
カスタムインジケーターの数 とても多い 普通
EAの数 とても多い 普通
対応している海外FX業者 海外FX業者はほぼすべて 少数
気配値、ナビゲーターウィンドウ わかりやすい配置

MT4は拡張性に優れる

MT4は、カスタムインジケーターが豊富なので拡張性に優れています。
カスタムインジケーターとは、インターネット上で誰でも入手できるMT4のプログラムです。

例えば、こんな機能を追加できます。

  • 強制ロスカットの価格を自動でライン表示
  • 通貨の強弱をグラフ化
  • ローソク足の確定時間を表示

そして、上記のカスタムインジケーターは「完全無料」で配布されています。
※一部有料もありますが、大半は無料です。

MT4が2005年、MT5が2010年にリリースされているので、種類の多さはMT4が圧倒しています。

MT5はアップデート頻度が高い

両者の違いとして、アップデート頻度があります。

  • MT4は一年に3~5回
  • MT5は一年に8回~12回

基本的には、MT5を開発元であるメタクォーツ社は発展させたい意思があるのでしょう。
MT4では、拡張性の高さがメリットですが近い将来ではMT5が主流になる可能性もあります。

アップデート頻度が多いと、「バグ」が発生しても修正対応が早いメリットがあります。
しかし、MT4の場合は「完成されたプラットフォーム」なので重要ではありません。

むしろ、旧型のMT4でも毎年アップデートがあるので開発元は信頼できると言えます。

MT5は口座タイプで差が出る

MT5では、マイクロ口座で最小ロットの取引が出来ます。
これは、MT4とMT5で唯一の違いと言っても良いです。

XMでは、口座タイプが「スタンダード・マイクロ・ゼロ」の3種類から選べます。

さらに、それぞれ「MT4専用口座」「MT5専用口座」と細かく分けられています。
マクロ口座の場合は、「MT5専用口座」のみ0.01ロット(10通貨)から取引が可能です。

つまり、極小の取引を行いたいならMT5一択となります。

XMを使うなら「MT4(メタトレーダー4)」

XMを使うなら「MT4(メタトレーダー4)」が一番オススメです。

なぜなら、MT4は拡張性が優れているので「出来る事」が多いからです。
MT5のみ可能な事と言えば、マイクロ口座で最小ロットが使えるのみになります。
(仮想通貨の取引はMT5のみですが、現在新規注文不可です。)

xm-mt4-mt5-1

具体的な例を上げると、私のMT4はこんな感じの取引画面です。

MT4のカスタムインジケーターを使って以下を表示しています。

  • ローソク足の残り時間
  • 現在の価格
  • 通貨の強弱

これがなければ不便過ぎて、もはや必須と言えます。
そして、MT4でのみ全てのカスタムインジケーターを揃える事が可能です。

「慣れたトレード環境」「手法で必須なインジケーター」が人によって様々かと思います。
だからこそ、対応できない機能がほとんどないMT4がオススメです。

MT4だと「2時間足」が表示できない?

MT4だと「2時間足」や「10分足」といったローソク足チャートが標準搭載されていません。

「表示できない時間足があるのは不利」といった意見もあります。
確かに、複数の時間足でチャート分析をする事は超重要です。

しかし、「時間足が少ない=MT4は使えない」と言った話は間違いです。

なぜなら、MT4なら自由に時間足が作れてしまうからです。
時間足の種類は、あくまで標準搭載の数であってカスタムインジケーターで簡単に解決出来ます。

例えば、「Period_Converter_Opt」という無料のカスタムインジケーターを使って、標準ではない時間足を作ればOKです。

XMをスマホで利用するなら「MT5(メタトレーダー5)」

ここまでMT4をガッツリ推してきました。
しかし、例外的にMT5(メタトレーダー5)がベストなパターンもあります。

XMでスマホを使ったトレードをする場合です。

なぜなら、スマホ版の取引プラットフォームに関しては「XM アプリ」が高機能だからです。
そして、XMアプリはMT5専用口座のみ対応になります。

つまり、正確にはMT5をスマホ特化にカスタムしたXMアプリがオススメといったお話です。

例えば、PC版と違いスマホ版ではMT4・MT5の両方ともがカスタムインジケーターを追加できません。
なので、全て標準搭載の機能に依存します。

スマホ版のMT4・MT5では、インジケーターが30種類。
これに対してXMアプリ「90種類」です。

つまり、標準搭載の機能が優れているXMアプリがオススメになります。
また、XMアプリはMT5口座のみ取引で使える仕様なのでスマホ=MT5専用口座で取引です。

【XM】MT4とMT5迷ったら「両方使ってみる

ここまで、私自身の使った経験と実際の機能面でMT4をオススメしました。
スペック上は、いずれにせよMT4が優れていると言えます。

一方で、取引プラットフォームを選ぶ一番のポイントは「アナタ自身が快適にトレードできる」と言った要素です。

つまり、MT4・MT5を両方使ってみて違和感なくトレードに集中できるか確かめるのが良いです。

なぜなら、XMでは最大5個まで無料で追加口座を持てるからです。

MT4専用口座を作って試したり、MT5専用口座を使ってマイクロ口座を運用するなどして実際に使ってみましょう。
どちらの取引プラットフォームでも、大量にカスタムインジケーターを追加しなければ、パソコンの性能を問わず快適にトレード出来ると思います。

例えば、細かいボタンの配置やローソク足の見え方など、使ってみないと分からない部分があります。
アナタ自身の使用感が大切です。

XMのMT4/MT5【まとめ】

今回は「【XM】MT4とMT5どちらがオススメ?選び方でトレードが変わります。」のテーマでした。

この記事のまとめ
  • MT4とMT5の違いは「拡張性」
  • 基本的には「MT4がオススメ」
  • スマホは「MT5専用口座」

つまり「実際にはMT4がカスタマイズ性が高いのでベスト。機能面ならほぼ一択」といった内容でした。

私自身は、FXを初めて4年目で「XMで海外FXデビュー3年生」です。
国内では、メタトレーダーが使えないのが大半なので初めて「MT4」を使った時は感激しました。

便利さ以前に、自分好みにカスタマイズするのが楽しかった思い出があります。
現在は、自分のベストなカスタムが決まったので最高に快適なトレード環境です。

今回の内容を活用して、アナタも最高なトレード環境を見つけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です