【仮想通貨】XMでビットコイン (BTC)のトレードは出来る?

XMでは、ビットコインを始めとする仮想通貨の取扱いを現在停止中です。
受け付けているのは、2019年9月から保有中のポジションを決済する注文のみ。

ビットコインは、新興市場でボラティリティの大きい投機商品です。
短時間で大きく動くので、トレードしたい人は多いと思います。

しかし、XMでビットコイン取扱い停止=デメリットとは言えません。
今回の結論としては「XMでビットコインを取引するメリットは乏しい」「XMを使うなら、FXやCFDの取引をした方が有利」といった感じです。

XMのビットコインは微妙だった

XMで取り扱っていたのは、ビットコインを始めとする主要な仮想通貨の「証拠金取引」でした。

XMで取引できた仮想通貨
  • BTC/USD(ビットコイン/ドル)
  • BCH/USD(ビットコインキャッシュ/ドル)
  • XRP/USD(リップル/ドル)
  • ETH/USD(イーサ/ドル)
  • LTC/USD(ライトコイン/ドル)

証拠金取引なので、FXと同じくレバレッジを利用可能です。
しかし、このレバレッジに問題がありました。

なぜなら、ビットコインをXMで取引する場合は「最大レバレッジ5倍」だからです。
例えば、同じように現物を売買しないビットコインの証拠金取引だと以下のレバレッジを提供している業者があります。

  • 100倍
  • 200倍
  • 500倍

XMのビットコイン取引は、レバレッジが低いのがネックでした。
FXでは最大888倍のレバレッジが使えるので、実際の取引では断然こちらが有利です。

XMでビットコインを取引するメリット

【XM ビットコイン】メリット
  • MT5が使える
  • 口座を開設が早い
  • ゼロカットがある
  • 証拠金取引

XMでビットコインを取引するメリットもあります。

例えば、口座を開設する場合は申し込んで「最短で当日」から取引スタートが可能です。
これは、XMのサポート体制が優れているから実現しています。

XMでは、日本人スタッフも在籍しており、完全日本語対応のライブチャットまで実装しています。
ちなみに、私が口座開設した時は申し込んで数秒で確認メールが届く。本人確認も当日中に完了して、その日の夜には取引できました。

数日間で数倍に価格が上がった過去もあるビットコインでは、チャンスを逃さない為にも口座開設のスピード感は嬉しいポイントです。

仮想通貨を専門に取り扱う業者では、口座開設まで数日、長くて1週間程度もかかるといったケースは珍しくないです。

XMでビットコイン取引できなくても「MT5」が使える

専門的に仮想通貨をトレードしている人でも口座を作るメリットはあります。

その理由として、XMが「MT5」に対応している事が挙げられます。
仮想通貨を取引できる業者の多くは、オリジナルの取引プラットフォームを採用しているので古参トレーダーには不便です。

チャート分析は、やっぱりMT5といった方は多いと思います。

  • オリジナルのインジケーターを使う
  • 自動売買のロジックを試したい
  • 為替や指数との連動性を分析したい

これらの条件をクリアしているのはMT5です。

XMのゼロカットが使える

ビットコインと言えば、大暴落によって資産の大半を失う「大損の経験談」が話題を呼びました。
国内の業者で強制ロスカットによって、損失が証拠金残高を超えてしまい「追証支払いの義務(実質の借金)」を抱える初心者トレーダーも少なくないです。

ビットコインで借金を抱えたエピソードの書籍を調べると、結構な数はヒットします。

しかし、XMでは強制ロスカットによって借金ができない「ゼロカット制度」が採用されています。
ビットコインの取引に関しても適応されるので、どれだけ負けようとも借金にはならないといったメリットがあります。

証拠金取引

XMのビットコインは、証拠金取引といった形です。
つまり、現物を買うのではなく「差益」で稼ぐ投資商品になります。

いわゆる「ガチホ」、仮想通貨を買って持ち続けるといった長期投資ではなく、短期売買が主流の取引形式です。

証拠金取引だと「空売り」が可能なので、大暴落相場も利益に変えられるメリットがあります。

XMでビットコインを取引するデメリット

【XM ビットコイン】デメリット
  • レバレッジが最大5倍(制限もある)
  • 仮想通貨の種類が少ない
  • ロスカット水準が近い
  • 土日は休場
  • 板取引ではない

冒頭でもお伝えした通り、XMを使うなら「為替・CFD」を取引した方が有利です。

なぜなら、XMのビットコイン取引にはデメリットが多過ぎるので不利だからです。
上記のデメリットを詳しく解説します。

レバレッジが最大5倍(制限もある)

XMのビットコインは最大レバレッジ5倍ですが、ロット数に応じて制限があります。

  • 3ロットまでレバレッジ5倍
  • 3ロット以上でレバレッジ3倍
  • 5ロット以上で2倍
  • 7ロット以上で1倍

例えば、ビットコインが100万円なら、1ロット取引するのに20万円必要です。
仮に、7ロットなら700万円の証拠金が少なくとも必要になります。

そう考えると、為替やCFDより「取引コストが高い」です。

  • ビットコインを1ロット取引=必要証拠金20万円
  • ドル円を1ロット取引=必要証拠金1万2000円

ビットコインの価格を100万円、ドル円を108円として1ロットの必要証拠金を比べてみましょう。約20倍ビットコインの取引コストは高いです。

仮想通貨の種類が少ない

  • XMで取り扱っていた仮想通貨は「全5種類」
  • XMで取り扱っている通貨ペアは「全57種類」

XMと言えば、取り扱っている通貨ペアの種類が多い特徴があります。
しかし、仮想通貨に関しては種類が少ないです。

どのぐらいかと言いますと、2020年現在で仮想通貨はメジャー・マイナーを合わせて1500種類以上が流通しています。
この事実を踏まえると、XMはビットコイン+マイナー4種類なので取扱いは少な目と言えるでしょう。

ロスカット水準が近い

XMのビットコイン取引は、ロスカット水準が為替より近いので不利です。

例えば、XMのロスカットは証拠金維持率が20%以下で執行されます。
しかし、ビットコイン取引ではレバレッジの倍率が低いのでロスカットが早いと言えます。
さらに、細かい部分まで考えると、仮想通貨市場は為替より不安定な相場です。

一晩で半値以下の価格変動がある市場なので、レバレッジの倍率が低いとさらに証拠金維持率の変動は激しくなります。

土日は休場

XMのビットコイン取引は、土日の間は取引が出来ません。
FXでは当たり前ですが、ビットコインに関しては例外です。

ビットコイン市場は「休場」の概念がなく、土日祝日関係なく24時間365日絶えず変動します。

なので、XMの土日=休場は大きなハンデになります。
土日に大きな変動があった場合、チャンスを逃すだけならまだしも、損切り機会見逃して大損する事もありえます。

トレーダーにとって最大のリスクは、何ら対策できない事です。

板取引ではない

ビットコインの取引は板取引が主流です。
つまり、株式の売買と似た性質があります。

XMのビットコインは板取引ではありません。
これがどんなデメリットかと言いますと、「板情報」がないので大きな資金の動きが分かりずらいといった事が言えます。

ビットコインは、為替の市場規模より圧倒的に小さく、個別株の様に一度に大量発注があると大きく変動しやすい特徴があります。
なので、その判断基準として板情報が見れないのはデメリットです。

板取引とは、「○○円で○○数量の買い」といった市場に流れる注文を表示する掲示板みたいのものです。価格と数量が分かるので、市場の分析に役立ちます。

まとめ XMはやっぱり為替やCFDが良い

今回は「【結論】XMでビットコインの取扱い停止中。それでも全然OKです。」のテーマでした。

この記事をまとめるとこんな感じです。
「XMのビットコインは取扱い停止中だけど、そもそも取引ルールが微妙だった。」
「為替やCFDに特化してる仕様なので、ビットコインよりこっちを取引すべき」

とは言え、投資家や投機筋のトレーダーからすればビットコインは魅力的な商品です。

私自身は、為替・指数・仮想通貨の全てを監視しています。
取引チャンスはバラバラなので、手広く機会を伺うのは効率的です。

XMのビットコインの取引に関しては再開未定ですが、取引ルールを改善して復活してほしいと思います。

「XM」で今すぐFXを始めよう!

 

 
最大レバレッジ888倍のXMを使って爆益を体験しよう。 今なら、口座開設(無料)で3000円のボーナスが獲得可能! まずは30日間、お得なボーナスで「お試しトレード」してみよう。

評判を見る 口座開設する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です