【超優秀】XMの専用アプリがオススメな理由!MT5口座なら必須です。

こんな方におすすめ
  • XM専用のスマホアプリってホント?
  • XMアプリって使えるの?
  • XMアプリとは?

今回は「XM アプリ」について解説します。
海外FX業者でスマホを使って取引するなら、MT4やMT5が有名です。

しかし、XMは独自に専用アプリをリリースしています。
結論から申し上げると「MT5口座ならXM専用アプリを使うべき」です。

必須と言えるほどにオススメな理由と、インストール手順を分かりやすく解説します。

XMアプリのインストール手順

STEP.1
アプリストアから「XM-Trading Point」をダウンロード&インストール

xm-application-1

XMアプリは、他の取引ツールと違ってXMの公式サイトにはありません。
なので、他のアプリと同じように「AppStore」からダウンロードしましょう。

検索する際は「XM」で見つけられます。
※もちろん無料です。

STEP.2
取引で使う場合は、「MT5で取引にログイン」

xm-application-2

STEP.3
口座の管理をする場合は「会員ページにログイン」

XMアプリは「MT5口座専用」なので、取引で使う場合はMT5の口座番号でログインします。

xm-application-3

iPhoneなら、「Face ID」をオンにするのがオススメです。
パスワードの入力不要で、次回から顔認証によるログインができます。

STEP.4
これで準備完了です!

xm-application-4

XMアプリも、日常の生活で使うアプリと同じ手順でインストールするので簡単です。

XMアプリのメリット&デメリット

【XMアプリのメリット】

  • XMの全口座を管理できる (入出金など)
  • インジケーターの種類がMT4・MT5を圧倒
  • 取引画面が完璧な形

【XMアプリのデメリット】

  • 縦画面に難あり
  • MT4口座非対応

ここでは、XMアプリを使うメリットとデメリットを解説します。
とは言え、メリットが大半なので不便さは私自身は感じません。

MT5口座を使うなら、スマホ=XMアプリでOKです。

【メリット】全口座の管理が出来る

XMアプリでは、XMで保有する全口座の管理が出来ます。(MT4口座も含む)
独自のプラットフォームではなく、XMアプリからマイページを表示する機能です。

なので、パソコンから口座を管理するのと同じ機能が全て使えます。

例えば、口座間の資金移動はもちろん「XMポイント」の交換も可能です。

【メリット】インジケーターがMT4・MT5より多い

xm-application-5

意外と知られていないのですが、XMアプリで使えるインジゲーターは非常に多いです。

実は、MT4やMT5のスマホアプリ以上に種類が豊富になります。

  • MT4のインジケーター「30種類
  • XMアプリのインジケーター「90種類

MT4と比較して3倍もあります。
国内外のFX業者を問わず、この種類の多さは恐らくトップクラス。

PC版と違って、後からダウンロードして追加できないのがアプリの仕様です。
なので、最初から搭載されているインジケーターは多いに越したことはありません。

例えば、「シノハラレシオ」「エルダー・レイ・インデックス」などコア層も納得のラインナップなので物足りなさは感じないです。

【メリット】レイアウトが完璧

xm-application-6

MT4やMT5のスマホアプリにはない、レイアウトの見やすさもXMアプリの特徴です。

なぜなら、チャートを見ながら「ポジション状況」「口座資金」を同時表示出来るからです。

  • 口座残高
  • 証拠金維持率
  • 必要証拠金
  • 余剰証拠金
  • 損益

PC版の様に、XMアプリでは上記の情報とチャートを同時表示できるます。
例えば、レバレッジを高めにしてスキャルピングをする時などは実用性高いです。

【デメリット】縦画面に難あり

XMアプリでは、縦画面だとラインやインジケーターが表示されません。

もちろん、横画面にすると正常に表示されます
※引いたラインが消えるといった問題はありません。

縦画面のみで、「チャート分析」「トレード」を行う方がいればデメリットと言えます。
しかし、一般的にチャートを見る時は横画面です。

何故なら、PCでも画面を縦にして見る人は滅多にいませんよね?
表示できるチャートが広い横画面が主体なので必ずしもデメリットにはなりません。

【デメリット】MT4口座は使えない

MT4口座でXMアプリを利用する事は出来ません。

XMアプリでは現状、MT5の口座のみ取引に利用できます。
※口座の管理はMT4でも行う事は可能です。

XMアプリの使い方

XMアプリの使い方について解説します。

基本的には、MT4やMT5を使った経験があれば問題なく使いこなす事が可能です。
また、全ての機能は日本語表示ができるので心配ありません。

慣れてしまえば、他のFXアプリを不便に感じてしまいます。

XMアプリから取引する方法

xm-application-7

✓「気配値」から取引銘柄を選ぶ
✓「買い売り」から取引画面へ

XMアプリから取引する場合は、画面下の気配値から取引したい通貨ペアor銘柄を選択します。

上記の画面が表示されるので、クリックして取引画面へ進みましょう。

xm-application-8

✓「注文」を設定
✓「注文を確定する」をクリックで発注完了

XMアプリでは、PC版と同じく各種注文方法に対応しています。
成行注文はもちろん、ストップロスの設定なども可能です。

指値注文については、取引画面上部の「予約注文」で行います。
スプレッドの表示もあるので、かなり見やすいので説明せずとも簡単に使えます。

XMアプリでチャートに描写&インジケーター追加

xm-application-9

✓「気配値」から銘柄を選択
✓スマホを横にする

XMアプリで、ラインを描写・インジケーターを追加するには「横画面」にしましょう。
画面を横にした状態で、チャートをクリックするとメニューが表示されます。

時間足を変更したい→左上の「M1」をクリック

時間足は、画面左上のアイコンをクリックしましょう。
※M1=1分足/M5=5分足/M30=30分足/H1=1時間足/H4=4時間足/D1=日足/W1=週足/MN=月足

チャートを変更したい→左上2番目のアイコン

チャートの種類を変更する場合は、左上2番目のアイコンをクリックしましょう。
※カギ足/ローソク足/ラインチャートが選択可能

インジケーターを追加したい→左上3番目のアイコン

インジケーターの追加は、左上3番目のアイコンをクリックしましょう。
※全90種類から選択可能です。

ラインを描写したい→左上4番目のアイコン

ラインやフィボナッチなどをチャートに描きたい場合は、左上4番目のアイコンをクリックしましょう。
※全8種類(水平線・垂直線・トレンドライン・サークル・フィボナッチリトレースメントなど)
※もちろん、数値設定も自由に行えます。

まとめ

今回は「【超優秀】XMの専用アプリがオススメな理由!MT5口座なら必須です。」のテーマでした。

この記事のまとめ
  • XMアプリは簡単に導入可能
  • スマホ版のFXアプリではトップクラスの性能
  • 使い方も分かりやすい

つまり「メタトレーダー信者でもオススメできる最強のXMアプリ」といった内容でした。

私自身も、FXアプリを入れるなら、メタトレーダーが一番でしょう?と思っていました。

しかし、XMアプリを実際に使ってみた感想としては「乗り換えよう」といった感じです。
実際のところ、XMで取引するのに欲しい機能が全て網羅されています。

あくまで大きなモニターとパソコンで取引するのがベストですが、出先で取引チャンスがあるのも珍しくないです。

デスク環境に及ばずとも、近い快適さでトレードしたいのでXMアプリは重宝します。
スマホの小さな画面で、この完成度は使うしかないです。

「XM」で今すぐFXを始めよう!

 

 
最大レバレッジ888倍のXMを使って爆益を体験しよう。 今なら、口座開設(無料)で3000円のボーナスが獲得可能! まずは30日間、お得なボーナスで「お試しトレード」してみよう。

評判を見る 口座開設する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です