【XM口座タイプまとめ】スタンダード・マイクロ・Zero口座どれがオススメ?

 

この記事のまとめ
  • XMの口座タイプとは?
  • 口座タイプで何が違うの?
  • 結局私にオススメの口座タイプはどれ?

海外FX業者「XM(エックスエム)」では、3つの口座タイプを選ぶ事が可能です。
同じFX業者の口座でも、まったく違った特徴を持っています。

そして、口座タイプの選び方だけでも「取引の快適さ」が劇的に変わります!
今回は「XM 口座タイプ」についての内容です。

口座タイプ別の特徴と最適な口座選びを分かりやすく解説します。

XMの口座タイプを比較

【XM 口座タイプ 比較表】

口座タイプ スタンダード口座 マイクロ口座 ゼロ口座
通貨単位(1ロット) 10万通貨 1000通貨 10万通貨
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
最小スプレッド 1pips 1pips 0pips ※変動制
口座ボーナス あり あり なし
取引手数料 なし なし あり
最低入金額 500円 500円 1万円
取り扱い通貨ペア 57種類 57種類 56種類
CFD 33種類 33種類 なし
貴金属 4種類 4種類 2種類
最大注文数量 50ロット 100ロット 50ロット
最小注文数量 0.01ロット 0.01ロット(MT4) 0.1ロット(MT5) 0.01ロット

XM口座タイプの共通点

  • スワップポイント
  • ロスカットルール
  • ゼロカット制度
  • MT4&MT5両対応

XMでは全口座タイプで共通している部分もあります。

例えば、スワップポイントは全口座共通の付与ルールが適応です。
他社だと、マイクロ口座のみスワップポイントが少ないケースもあります。

ゼロカット制度もしっかり全口座タイプにあるので、安心して取引をして頂く事が可能です。

注意ポイント
禁止取引については、全口座タイプに適応されています。
なので、「○○口座ではOK」といった事はありません。口座凍結になってから知らなかったが通用しないので注意しましょう。
XMの禁止取引については以下の記事で詳しく解説しています。

XM口座タイプの選び方

口座タイプ選びの基準
  • FXの資金はどのぐらいか?
  • 駆け出しトレーダーor専業トレーダー?
  • ポイントはいっぱい欲しい?

口座タイプは、上記の項目を考えて選ぶと取引を有利にする事が可能です。
つまり、重要なのは「トレードスタイルによって口座タイプを選ぶ」になります。

例えば、少額資金でFXをするのに、スタンダード口座で大きなロットを取引する必要はありません。それこそ「お金を増やしたい」といった気持ちで、ハイレバレッジで無理なトレードをしてしまいます。

最適な口座タイプで、取引自体を有利にする事ができ、ストレスフリーでトレードに集中できます。

なので、全口座タイプのオススメな人の特徴までまとめました!

スタンダード口座が最適な人とは?

  • 取引ボーナスを爆速で貯めたい
  • デイトレード・スイングトレードが多め
  • 国内FXで1年以上経験がある

XMのスタンダード口座は「ベスト・オブ・エックスエム」な口座タイプです。
つまり、XMが他社比で優れている部分を全て体感できるのが最大の特徴になります。

例えば、XMが独自で採用している「XMP(XMポイント)」は10万通貨の取引で付与されます。
スタンダード口座の1ロット分にちょうど相当するので、効率良くポイントを貯める事が可能です。

そして、デイトレード以上の長い期間のトレードをする方は特にオススメです。
なぜなら、前述したXMPは10分以上の取引のみ対象となるからです。

逆に、スキャルピングで勝ち数を重ねるトレードスタイルなら、ゼロ口座といった選択肢もXMにはあります。

マイクロ口座が最適な人とは?

  • 少額資金でトレードする
  • FX初心者
  • スワップの長期投資をしたい

XMのマイクロ口座は「大きな資金でトレードしない少額特化」な口座タイプです。
つまり、少額資金を最大限に生かした取引が出来るのが最大の特徴になります。

例えば、マイクロ口座とスタンダード口座の違いは「最低取引数量が小さい」のみです。
それ以外に、レバレッジ制限や手数料が発生すると言った不便な要素はありません。

なので、少額資金でもガッツリ短期トレード&長期投資が可能です。

より具体的に解説いたしますと、「コツコツ長期投資」はマイクロ口座が最適と言えるでしょう。
最小で10通貨から、マイクロ口座は取引できるので高金利通貨ペアを積み上げていくのも可能です。

外貨預金が再注目される中、月数千円でも意外と利益が見込めるのでスワップ投資にマイクロ口座はどうでしょう?

ゼロ口座が最適な人とは?

  • 自動売買&スキャルピングが取引の大半
  • 納税義務のあるプロトレーダーor自営業
  • 為替の取引に特化している

XMのゼロ口座は「とにかくガッツリFXをしたいプロ向け」な口座タイプです。
つまり、ある程度の利益を上げられる上級者向けの仕様が特徴になります。

例えば、ゼロ口座は他の口座タイプより圧倒的に狭いスプレッドが特徴です。
その反面で、「取引手数料」が唯一支払う必要があります。

取引手数料は確定申告の際に、経費として控除の対象になるメリットがあるのでプロトレーダーにはメリットになります。

また、上級者向けなのは「最大レバレッジ500倍」と「為替と一部の貴金属のみ取扱い」の口座タイプだからです。
なので、資金が十分にあり、為替だけでも勝負できる特化型なトレーダーに最適と言えます。

取引ボーナスもゼロ口座は対象外なので、やはりスプレッド分も加味して稼げる方にオススメです。

XM口座タイプを使い分けるのがベスト

これがXMで有利に取引するポイントですが、「口座タイプは全て揃える」のが大切です
なぜなら、24時間平日5日ずっと金融市場は動き続けます。

つまり、一番効率の良いトレードスタイルは変化します。
なので、トレードスタイルに特化した口座タイプを複数作っておき、最適な状況で使い分けが重要です。

例えば、XMでは1つのアカウントで最大8口座まで追加口座を開設できます。

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • ゼロ口座

3つの口座タイプを全て解説しても、残り5つも枠が余ります。
そう考えると、口座タイプだけではなく「ドル円専用口座」「自動売買の試験運用口座」といった使い分けも可能です。

ようするにXMの使い方は、語りつくせないほど豊富なレパートリーがあります。
「10万円チャレンジ」といった少額資金でどこまで増やせるか?といった使い方をするトレーダーもSNSで話題を集めています。

極論は口座タイプの特徴と、アナタのニーズで自由に使い分けるのが鉄則です。(使い分けにルールはありません)

XMの口座タイプ【まとめ】

今回は「【必見】XM口座タイプまとめ!選び方でアナタのトレードが快適に。」のテーマでした。

この記事のまとめ
  • XMは口座タイプによって仕様が違う
  • 口座タイプはトレードスタイルで最適化
  • 口座タイプの使い分けで利便性を大幅アップ

つまり「XMの口座タイプは仕様が違うので、使い分けないと損をする」といった内容でした。

XMの口座タイプは、本当にリアルなトレーダーの意見を反映していると思います。

私の実体験で、国内FXで少額から初心者の頃はスタートしました。
当時は、10万円から何も知らず始めたので「数ロットしかトレードできない」「負ければ次がない」とにかく負担の大きい状況です。

例えば、マイクロ口座なら「数ロットを余裕で取引できる」「負けてもゼロカットで借金なし」精神的なストレスは全然違ったと思います。

FXを始めた頃にXMを知っていれば、多少結果がでるのも早かったかもしれない。そんな実体験でした。
今回の記事を読んだアナタは、少しでも有利な環境でトレードできるよう役立てて頂けると嬉しいです!

「XM」で今すぐFXを始めよう!

 

 
最大レバレッジ888倍のXMを使って爆益を体験しよう。 今なら、口座開設(無料)で3000円のボーナスが獲得可能! まずは30日間、お得なボーナスで「お試しトレード」してみよう。

評判を見る 口座開設する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です