【必読】XMで口座凍結の解除方法とは?凍結される原因も教えます。

こんな方におすすめ
  • XMで口座凍結を解除したい!
  • XMの口座凍結その原因とは?
  • 使わないと維持費があるってホント?

今回は「XMの口座凍結」について解説します!

  • 利益が出金できない
  • 証拠金を入金できない
  • 取引が一切できない

稼ぐチャンスやお金を失うリスクが常にあるFXで、このような状態は誰しも避けたいです。
なので、「もし、口座凍結になってしまったらどうする?」「口座凍結を避けるには?」といった疑問を具体的にご紹介します。

XMの口座凍結の解除方法とは?

xm-kouza-touketu

XMで新規口座を開設すると、口座凍結は解除できます。

また、口座凍結→再び新規口座開設の際には、必ず同じメールアドレスで登録しましょう。

なぜなら、場合によっては「新規ボーナス」を不正に得る事が出来てしまうからです。
XMのルール上、ボーナスの二重受け取りは「ルール違反」と見なされ、再び口座凍結となります。

最悪の場合、XMで二度と取引できなる可能性もあるので注意が必要です。

口座凍結されると残高はどうなる?
  • 禁止取引の利益は出金できない
  • 入金は不可
  • ボーナスは完全消失

XMで口座凍結されましたら、口座から入出金が出来なくなります。
出金に関しては、禁止取引で得た利益のみ出金不可です。
しかし、実際には口座凍結=入出金不可と考えて大丈夫です。

  • 禁止取引を行った場合は、他の取引と区別できない
  • そもそも「不正行為」しないと口座凍結にならない

その理由は上記の通りです。
例えば、全ての取引履歴が禁止取引ではなく、一部は正当な取引であったとしても証明する方法がありません。
つまり、「これは真っ当な取引だ」と証明する事がほぼ不可能です。なので、口座凍結=入手金不可と言えます。

XMの口座凍結その原因とは?

口座凍結になる原因
  • 残高ゼロで90日間放置
  • 禁止取引をした

XMで口座凍結する原因は、「取引をせず放置」「禁止取引で不正に利益を得た」この2つです。

例えば、どの口座も全て残高ゼロの場合はそのままだと90日後に口座凍結されます。
この場合、禁止取引と同じく口座凍結の扱いとなるので「ボーナス消失・入出金不可」です。

なので、禁止取引をした覚えがなくとも口座凍結になる可能性があります。
少なくとも入金最低金額を口座に常備しておき、取引を定期的に行うのがオススメです。

最低入金額と最小ロットについて
  • XMの最低入金額は500円(ゼロ口座のみ1万円)
  • XMの最小ロットはマイクロ口座の0.01ロット(10通貨)

XMの禁止取引とは?

  • 複数口座を使ったアービトラージ
  • レートエラーを利用した取引
  • 非公式のツールで取引
  • 「窓開け」のみを狙った取引」

禁止取引を行ったとXMに見なされると口座凍結となります。
つまり、本人が禁止取引と無自覚であっても関係ありません。

なので、意図しない口座凍結を避けるためにもXMで禁止されている取引つにいて解説します。

複数口座を使ったアービトラージ

アービトラージとは、金利差を狙って両建てを行い利益を得る取引です。
※XMでは、同一口座内での両建ては禁止されていません。

  • 同一の通貨ペア
  • 同一の数量
  • 同じタイミングで両建て

上記の条件に当てはまる両建てを禁止取引としています。
なので、アービトラージではなくとも両建てをする際は必ず「同じ口座」としましょう。
※他社口座を用いた場合も禁止取引に該当します。

レートエラーを利用した取引

レートエラーとは、本来の市場価格とFX業者の提示価格に差が出来る状態です。

どんなFX業者でも、サーバー遅延や市場の混乱によってレートエラーを引き起こす可能性があります。
このような場合のみ狙い、取引を行う事をXMでは禁止取引としています。

非公式ツールを利用した取引

  • MT4(メタトレーダー4)
  • MT5(メタトレーダー5)

XMがサポートする上記の取引ツール以外を使って売買をする事を禁止しています。

例えば、MT4の自動売買ではなく、まったく別の取引ツールを使った自動売買は禁止です。
裁量トレードも同じく、XMの口座で取引する際は公式で認められている取引ツールを使いましょう。

「窓開け」のみを狙った取引

チャートを見ると、空間を開けて価格が変動している現象をしばしば見ると思います。
特に週明けの月曜日早朝に多いこの現象が「窓開け」です。

このような窓開けのみを対象に取引したり、経済指標などに限定した取引はXMで禁止されています。

XMでは口座凍結以外に「休眠口座」がある

休眠口座のポイント
  • 90日間取引がないと「休眠口座」
  • 口座維持費「5ドルが必要」
  • ボーナスが消失

XMでは、取引をせずに放置すると口座維持費が発生します。
(この状態となったアカウントは「休眠口座」と言います)

休眠口座となった場合に発生する口座維持費は、「毎月5ドル(約500円)」XMの口座から自動的に支払われるので注意しましょう。

また、最終的には口座残高ゼロとなった場合は90日経過すると「口座凍結」です。
再びXMを利用するには、新規口座を開設する必要になります。

休眠口座になってしまったら

休眠口座を解除するには、XMで保有する口座(どの口座でも良い)で取引を行う必要があります。

例えば、XMのスタンダード口座やマイクロ口座など複数口座を持っている場合は、どちらを使っても良いので90日経過する前に取引をしましょう。
すると、休眠口座は解除されます。90日以上も口座を放置しないのが重要です。

最終的に、口座維持費が引かれ続けて残高ゼロとなれば貯めたXMポイントも消えてしまいます。

XMの口座凍結と休眠口座の違いとは?

口座凍結と休眠口座の違い
  • 口座凍結は新規口座必須
  • 休眠口座は取引で復活
  • 未取得のボーナスは引き継げる

口座凍結と休眠口座の違いとは、取引口座を再び利用できるかという点です。
例えば、口座凍結は再び新規口座を作らなければなりません。

  • 保有していたクレジットは消滅
  • 新規口座ボーナスは対象外

上記の問題が発生します。取引口座にあったクレジットは新規口座には引継ぐ事ができません。

また、口座開設の手順は初回と同じですが、新規ユーザーではないので「XM新規口座開設ボーナス」である3,000円分のクレジットが付与されません。

しかし、口座凍結前に保有していた口座情報は引き継ぐ事ができます。
つまり、5つの口座を持っているアカウントなら最初から5つの口座が作られた状態で再スタートです。

また、上限まで達していない入金ボーナスについては、残り分が引き継がれ入金するとボーナスは付与されます。

休眠口座であれば、「取引口座の残高がゼロ」の状態になる前に取引を行えば、そのまま使い続ける事ができます。
すでに支払い済みの口座維持手数料については、戻ってくる事がないので注意しましょう。

XMの口座凍結【まとめ】

今回は「【必読】XMで口座凍結の解除方法とは?凍結される原因も教えます。」のテーマでした。

この記事のまとめ
  • 口座凍結は「禁止取引」と「放置」が原因で起こる
  • 新規口座開設で口座凍結は解除
  • 「口座維持手数料」と「ボーナス消失」に注意

つまり「口座凍結は、普通に使っていれば起こらないけど再び新規口座で始められる」といった内容でした。

口座凍結と聞くと、入出金も出来なくなるし不安な気持ちになるかと思います。
そこに至る原因を知らないなら、なおさら不安を煽り「FXってコワイ」となってしまいます。

しかし、今回の記事でお伝えした通り普通に使っていれば起こりません。
噂話で「稼ぎすぎると口座凍結」といった話がありますが、理論上ありえません。

XMでは、稼いた分だけしっかり利益として受け取れますので思う存分トレードしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です