TitanFX(タイタンFX)で出金拒否はある?→ないです。出金ルールを確認!

海外FX業者で悪い噂「○○FXは出金拒否されたから詐欺」。
実際に、国内外問わずライセンスなく営業→出金拒否のトラブルはあります。

TitanFX(タイタンFX)は出金拒否のない信頼できるFX業者でしょうか?

先に言うと、TitanFXで悪質な出金拒否の情報はありません。(私自身も使ってみましたが、問題はありませんでした。)

今回は、TitanFXで出金拒否がない信頼性の理由と、出金拒否と勘違いするトラブルについてまとめました。

【結論】TitanFX(タイタンFX)で出金拒否はない3つの理由

  • 国際ライセンスの認可を受けている
  • 元々、日本トレーダーから評価が高い
  • 取引ルールから信頼性が分かる

結論として「TItanFXの出金拒否は、まずあり得ない」と言えます。
もちろん、本人の意思を問わず違反取引をしていれば出金拒否です。

とは言え、上記の3つからTitanFXが悪質に資金を奪うような出金拒否はないと考えられます。

実際に、私自身を含む利用者で出金拒否は聞いた事がありません。
TitanFXが出金拒否をしない、信頼できる理由を解説します。

【TitanFXが出金拒否しない理由】国際ライセンスの認可

TitanFXは「バヌアツ金融サービス委員会(VSFC)」のライセンス認可を受けています。
海外FX業者の全体で見れば、未認可あるいはライセンス情報を開示しない所も多いです。

したがって、まずTitanFXは信頼性が比較的高い分類になります。
正直に言うと、海外FX業者はライセンス認可を受けずとも日本人の顧客を獲得可能です。

個人的には、しっかりライセンスの番号まで公式サイトで出しているのは好印象。

日本の金融庁から認可がないのは?

海外FX業者を始めて利用する人は「日本の金融庁の認可がないのは怪しいでしょ?」と思うかもしれません。

しかし「日本の金融庁から認可を受ける=日本の法規制を受ける」となります。
残念ながら、日本の法律では「25倍以上のレバレッジ」「追証無しのゼロカット」が不可能です。

ですから、世界基準のレバレッジ・ロスカット制度を使うには海外のライセンスを選ぶ必要があります。

TitanFXはかつて、別のライセンスを持っていましたが、日本の金融庁から圧力を受けて別途ライセンスを取得した経緯があります。
次のライセンス取得の期間や、新しい法規制に対応する姿勢から見ても信頼性は高いです。

【TitanFXが出金拒否しない理由】元々、日本人トレーダーから人気大。

2014年まで日本人でも利用できたPepperStone(ペッパーストーン)という海外FX業者をご存じでしょうか?
TitanFXのメンバーは、PepperStoneの運営でした。

当時、日本人トレーダーから「低スプレッド」「最大400倍のレバレッジ」で相当な人気を誇る業者でした。

しかし、現在では法規制の変化でPepperStoneは日本から利用不可です。

そのために、日本人トレーダーの為に作られたのがTitanFX。
「最大400倍→最大500倍」とレバレッジを上げて、新しく立ち上げられた上位互換の海外FX業者です。

先駆けであるPepperStoneの設立が2006年、海外FX大手業者のXM(エックスエム)が2009年ですから意外と老舗。

厳しい規制や、理不尽な圧力もある中で長年運営している事実は信頼性を高めます。

【TitanFXが出金拒否しない理由】取引ルールから信頼性が分かる

出金拒否のある悪質FX業者で多いのは「資金力不足」。
ハイレバレッジと言いながらも、自社で十分な資金力がなく利益を出金拒否するパターンです。

とは言え、その会社の資金力はネットで会社の資本金を調べる程度しかできません。
ただし、取引ルールから資金力の信頼性を予想する事は可能。

「最大注文数量」に関する取引ルールから、ちゃんと資金のあるFX業者なのか?を考えらます。

TitanFXはMT4・MT5の上限である200ロットを一度に発注でき、信頼性は十分あると言えます。

悪質な出金拒否をする業者だと「○○ロット以上の取引は事前に電話が必要」と小さく注意書きが書いてあるケースが多いです。

大きな注文を約定させられるTitanFXは、資金力ともに取引システムのレベルが高いと評価できます。

【トラブル】TitanFX(タイタンFX)の出金拒否は禁止事項であり得る

  • 裁定取引(アービトラージ)
  • 接続遅延を意図的に狙った取引
  • レートエラーのみを狙った取引
  • 指標発表時に限定した取引
  • 窓開け(ギャップ)窓埋めに限定した両建て取引
  • ゼロカット頻度の高い両建て取引

TitanFXの禁止事項に当てはまる取引をした場合「出金拒否される可能性がある」のを知っておきましょう。

とは言え、ほぼ全てのFX業者では禁止事項として決まっている内容です。
本人が知っていなくとも、発覚すれば出金拒否あるいは口座凍結の可能性があります。

それぞれの禁止事項(取引)を解説するので、間違っても行わないように注意しましょう。

裁定取引(アービトラージ)

FXでは、同じ通貨ペア・銘柄でも稀に本来の価格より割高・割安になるケースがあります。

他社の口座などを用いて、割安→買い・割り高→売りといった両建てを使った取引を裁定取引(アービトラージ)と言います。

裁定取引自体が悪質な取引ではありません。
しかし、個人利用できる多くのFX業者では禁止事項とされています。

そもそも安定して稼ぐには裁定取引は個人では難しいです。
他社口座だけでなく、他のトレーダーと共同で裁定取引を行うのも禁止事項になります。

もし、裁定取引が発覚すれば、利益の出金拒否あるいは口座凍結です。

接続遅延・レートエラーを意図的に狙った取引

TitanFXのサーバーは評判が良いので、滅多にないと思います。
しかし、禁止事項として決まっているので解説。

私達の取引を扱うサーバーが、アクセスの集中・注文の殺到によって接続遅延を起こす場合があります。

細かい判断基準はありませんが、接続遅延時に起こった価格の誤差を狙った取引は禁止されています。

明らかに価格が動かない、チャートの更新が遅い場合は取引を控えるのがオススメです。
禁止事項というより、遅延がある中で取引する自体がリスクの高い取引になります。

指標発表時に限定した取引

重要な経済指標 があると、大きく価格が動きやすくなります。
その大きな動きのみを取引するのは禁止事項です。

なぜなら、ゼロカットで追証がないのを悪用し、ハイレバレッジ&ギャンブルトレードとなりやすいからです。

ゼロカットで不足した証拠金は、元となるFX業者の負担。
何より、大きくお金を失うリスクが利用者に発生します。

当然ですが、取引を普段から行っており、たまたま経済指標と注文タイミングが重なる事はあります。それは問題ありません。

例えば、米国の雇用統計だけ取引履歴があるといった場合が該当します。

ゼロカット頻度の高い両建て取引

経済指標時など、全ての取引において「両建て→ゼロカット→入金」そして、再び両建てといった取引をしていると出金拒否される可能性があります。

先にお伝えした通り、ゼロカットは負けを無かったことにする制度ではありません。
損失による不足分を顧客が支払う必要がない制度になります。

したがって、投資・投機ではなくギャンブルとなるゼロカット狙いの両建ては控えましょう。

窓開け(ギャップ)窓埋めに限定した両建て取引

価格が一瞬にして大きく動くと、チャートに空間ができる現象をみた事があると思います。

その現象を窓開け、空いた空間を「ギャップ」と専門用語で言います。

窓開け・ギャップを埋める窓埋めの動きは週明けの月曜日に見られやすいです。
急激な値動きである、窓だけを狙った取引は禁止事項に当てはまります。

もちろん、窓開け・窓埋めをトレードする事は禁止されていません。
あくまで、両建てによるゼロカットを悪用した取引のみを行うのが禁止事項です。

例えば、全ての取引履歴が月曜日の早朝、そして両建てしかないといった場合が当てはまります。

TitanFX(タイタンFX)出金拒否?入金元によっては出金が遅延

ここまで、TitanFXで出金拒否がない理由と禁止事項をやぶると出金拒否になる場合について解説しました。

しかし、入金方法によっては出金まで日数がかかり「あれ?出金拒否?」といったトラブルに遭遇するケースもあります。

特に「クレジットカードで入金している人」は出金トラブルが多いので注意しましょう。

なぜなら、TitanFXでは入金元に入金分を最初に返金するルールがあるからです。
(不正な現金化を防止するマネーロンダリングの観点から決められています)

クレジットカードの場合は、前提として入金分は返金処理がされます。
返金完了の日数は、TitanFXではなくクレジットカード会社の規約が基準です。

返金可能期間を超えると、銀行口座への振込対応となります。
返金完了と返金可能期間によって、出金までの日数も変わるという事です。

解決策として「電子ウォレットで入金する」という方法があります。

例えば、ビットウォレットなら、即時に入出金が反映されるので「出金が遅い=出金拒否?」と心配する必要がなくなります。

まとめ

今回は「TitanFX(タイタンFX)で出金拒否はある?→ないです。出金ルールを確認!」のテーマでした。

この記事のまとめ
  • TitanFXで悪質な出金拒否はない
  • 金融ライセンスなど、信頼性が十分に高い
  • 禁止事項に抵触する取引は出金拒否の可能性がある

ごく一部ですが、出金拒否をする悪質なFX業者がいるのも現実です。
いかに信頼できるFX業者を見つけるか、そして判断するのも投資家・トレーダーにとって重要な仕事。

自分の資金を預ける、いわば取引相手と考えれば今回の記事を読んだアナタは素晴らしい考えです。
とは言え、TitanFXで出金拒否の心配は不要。安心して取引に集中してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です