【まとめ】TitanFXの入金方法を解説。入金出来ない時の対処法も

入金方法 入金スピード 初回最低入金額 入金手数料
クレジットカード 即時反映 約2万円(200USD) 無料
国内銀行送金 最短2~3日 5万円以上で無料(※1)
海外銀行送金 最短2~3日 5万円以上で無料(※1)
bitwallet(ビットウォレット) 即時反映 無料(※2)
STICPAY(スティックペイ) 即時反映 無料(※2)
Skrill(スクリル) 即時反映 無料(※2)
NETELLER(ネッテラー) 即時反映 無料(※2)

※1 送金元の銀行によっては振込手数料・送金手数料が別途発生します。
※2 オンラインウォレットでは、残高の入金に手数料が発生する場合があります。

TitanFXでは、2020年現在では5種類の入金方法が使えます。
Skrill(スクリル)・NETELLER(ネッテラー)に関しては、現在停止中の為使えません。

今回は、TitanFXの入金方法についてまとめました。
結論から申し上げますと「bitwalletがコスパ良いのでオススメ」です。

STEP.1
ログインして入金したい口座の「資金の入金」をクリック!
titanfx-withdraw-1
STEP.2
入金方法を選ぶ
titanfx-withdraw-2
STEP.3
金額と必要情報を入力して入金手続き完了!
titanfx-withdraw-3

TitanFXの入金はキャビネット(会員ページ)から行います。
全て日本語でしっかり案内があるので初心者でも簡単に入金可能です!

TitanFXの入出金ルールを確認!

TitanFXの入出金ルール
  • 本人以外による入金は禁止
  • 入出金前に本人確認完了が必須
  • 入金できない通貨がある

TitanFXに入金する前に事前に上記の3つを確認しておきましょう。

✓本人以外による入金は禁止
取引口座に入金する際は、TitanFXで登録した本人名義の入金方法を利用する必要があります。なぜなら、他人名義を使ったマネーロンダリングの対策があるからです。不正行為防止策の為に、必ず同一名義での入金方法を利用しましょう。

✓入出金前に本人確認完了が必須
TitanFXでは、2018年より入金時にも本人確認が必要になりました。
したがって、取引口座へ初回入金する際には以下の2点の提出が必須です。

  • 身分証明書→運転免許証・パスポート・顔写真付きの証明書類全般
  • 現住所証明書→公共料金の領収書・クレジットカードの請求書など

✓入金できない通貨がある
大半の場合は「日本円」を入金するので問題ありません。
しかし、先進国以外の通貨を入金したい場合はご注意ください。

  • 日本円
  • 米ドル
  • 豪ドル
  • シンガポールドル
  • ユーロ

上記以外の通貨は、TitanFXに入金する事ができません。

【オススメ順】TitanFXで使える入金方法とは?

TitanFXで使える入金方法は全部で5種類です。
手数料や取引口座への入金スピードからオススメ順に解説します。

TitanFXの入金方法オススメ順
  1. bitwallet(ビットウォレット)
  2. デビット・クレジットカード(アメックス・ビザ・マスターカード)
  3. 国内銀行送金
  4. 海外銀行送金
  5. STICPAY(スティックペイ)
  6. Skrill(スクリル) ※2020年現在休止中
  7. NETLLER(ネッテラー) ※2020年現在休止中

bitwallet(ビットウォレット)による入金

bitwallet(以下ビットウォレット)は、オンライン決済ができる電子ウォレットです。
TitanFXへの入出金はもちろん、対応しているネット通販ならどこでも使用できます。

また、TitanFXへの入出金に関しては手数料無料で24時間使えるので便利です。

国際的な安全基準を満たしており、海外FX業者全般で利用できるのでアカウントを作っておいて損はないです。(私自身も長らく愛用しています)

入出金の反映についても、手続きして即時反映。
銀行を利用するより、かなりスピーディに資金を動かせます。

デビット・クレジットカード(アメックス・ビザ・マスターカード)

TitanFXでは、デビット・クレジットカードによる入金が可能です。
ただし、JCB系のクレジットカードについては入金できません。

✓TitanFXで入金可能なカード
AMEX(アメックス)
VISA(ビザ)
Mastarcard(マスターカード)

必ず、TitanFXに登録してある本人名義のカードである事をご確認ください。
家族カードや、他人名義のカードではいずれも入金不可です。

国内銀行送金(三井住友銀行)

TitanFXが海外FX業者ながら、国内銀行口座を使った国内銀行送金が利用できます。

✓TitanFXの振込先
銀行名:三井住友銀行
支店名:関東第三支店(支店コード962)
送金手数料:5万円未満は1000円発生
口座種類:普通
口座番号:99988169
振込人名義欄:MT4の口座番号(半角スペース)ローマ字で名前(半角スペース)ローマ字で姓
※必ずTitanFXで入金前に振込先を確認してください。他の入金方法と同じくボタンクリックで表示されます。

STICPAY(スティックペイ)

STICPAY(スティックペイ)は、2019年からTitanFXで使えるようになりました。
ビットウォレットと同じオンライン決済サービスですが、手数料が違います。

TitanFXから電子ウォレットへの入出金手数料は両方とも無料です。
しかし、電子ウォレット→銀行口座への手数料を考えると、ビットウォレットが断然お得。

  • STICPAY(スティックペイ)→出金額の1.2%+600円
  • bitwallet(ビットウォレット)→一律824円

STICPAYの手数料は、何故か出金額1.2%に対して600円上乗せされる仕様なのでコスパが悪いです。

断然ビットウォレットがオススメ。

Skrill(スクリル) ※2020年現在休止中

オンライン送金サービス「Skrill(スクリル)」は、2020年現在利用が停止しています。

米ドルのみを利用でき、日本円に関しては両替手数料が発生するのでオススメしません。

NETLLER(ネッテラー) ※2020年現在休止中

NETTLER(以下ネッテラー)は、オンライン決済サービスです。
2020年現在では、TitanFXの入出金に利用できなくなっています。

日本の法律に適応していない事を理由に、日本人によるサービス利用自体が2016年から停止しています。
近いうちに日本向けサービスを発表予定との事。

TitanFXで入金できない場合の対処法

  • クレジットカード
  • ビットコイン
  • ビットウォレット
  • 銀行送金

TitanFXで始めて入金する際に「入金できない」といったトラブル。
上記の4つを入金方法に設定した場合の解決方法をまとめました。

ちなみに、大半は入金方法の仕様や利用規約を確認できていないのが原因です。
TitanFX側が入金できない原因となる情報はありませんでした。

クレジットカードで入金できない時の対処法

クレジットカードで入金できない場合は、以下の原因があります。

  • 利用限度額まで使っている(一日当たりで決められている場合もあります)
  • 海外送金に対応していないカードを使っている
  • そもそもJCBカードは利用している

入金できない場合は、クレジットカード会社の利用規約を確認しましょう。
カード会社によっては、一日単位の限度額設定がされているケースもあります。

また、そもそもJCBカードはTitanFXで使えません。

カード会社によっては、FXの証拠金を入金するのに使う事を禁止している場合もあります。
これは、海外FX業者の入金できない原因でよくあるケースです。

別のクレジットカードをアメックスやビザなどで用意するのが無難な対処法になります。

ビットコインで入金できない時の対処法

ビットコインの入金スピードは、トランザクションの計算速度に依存します。
通常はブロックチェーン上で6回の承認が必要となり、速度は一定ではありません。

したがって、必ず○○時間で入金が反映させるといったルールがないです。

取り急ぎ入金したい場合は、ビットウォレットやクレジットカードの即時反映の入金方法がオススメです。

ビットウォレットで入金できない時の対処法

ビットウォレットを使ってTitanFXへ入金する際、自分側のウォレットとTitanFX側のウォレット間で送金を行います。
ビットウォレット間の送金は、即時反映なので入金が遅くなる可能性はまずないです。

したがって「TitanFXに登録してあるアドレスと違う」のが原因となります。

TitanFXに登録してあるアドレスと同じアドレスでビットウォレットのアカウントを作りましょう。

銀行送金で入金できない時の対処法

銀行送金で入金できない場合は、まず「振込先の情報」を見直しましょう。

よくある間違いは「振込依頼主にMT4口座番号が抜けている」場合です。
必ず、取引口座番号とローマ字フルネームを入力しましょう。

また、銀行の営業日でないと数日間は入金が反映されません。
(基本的には平日月~金曜日が営業日です。)

平日から営業日2~3日、土日祝を挟む場合は翌週からカウントします。
銀行送金は即時反映ではありません。

まとめ

今回は「【まとめ】TitanFXの入金方法を解説。どれが一番お得?」のテーマでした。

この記事のまとめ
  • TitanFXの入金方法は5種類ある
  • bitwallet(ビットウォレット)の入金がオススメ
  • 入金できない場合はTitanFXの入出金ルールを確認

TitanFXへの入金は私の場合ビットウォレットを使っています。
海外FX業者だと、ビットウォレットを使えるケースがほとんどなので、複数口座を使う分けるには一番便利だからです。

例えば、クレジットカードだと非対応のカード会社もあったり、返金ルールがややこしい場合もあります。
結局は無難なビットウォレットが楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です