【2020年版】TitanFX(タイタンFX)の評判まとめ!メリット・デメリットで解説。

TitanFXってどんなメリットやデメリットがある海外FX業者ですか?ズバリ、どんな人にオススメなんでしょうか?

ユカリ

アカリ

TitanFXはスプレッドが狭く約定力も高いのでスキャルピングに向いている海外FX証券会社です!その他メリット・デメリットもありますのでチェックしましょう!

TitanFXは2014年に突如姿を現した海外FX証券会社です。

恐らくこの記事を読んでいる方はTitanFXとは一体どんな海外FX証券会社なのか気になっているはずです。

一般的にTitanFXは海外FX証券会社の中でもトップクラスのスプレッドの狭さを誇り、スキャルピングに向いていると言われています。

とは言え、スプレッドの狭さだけでFX業者は選びませんよね。
実際の取引がどのぐらい快適なのか?は別の話です。

この記事では、他社比較でわかったTitanFXのメリット・デメリットから徹底分析し、本当にオススメな方を厳選。

こちらの記事を最後まで読めば、TitanFXに関する全知識を網羅することが可能です。

この記事の要点
  • TitanFX(タイタンFX)の評価・評判はどう?
  • TitanFX(タイタンFX)は私にオススメ?
  • TitanFX(タイタンFX)の安全性は?信頼できる?

TitanFX(タイタンFX)ってどんなFX証券会社?

運営会社 TI Securities Limited
設立 2014年
代表取締役 Audrius Bernotas
金融ライセンス バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)
40313

TitanFXは、「バヌアツ」という南太平洋に位置する島国の金融ライセンスを持つ安心・安全の海外FX業者です。

設立は2014年なので運営歴は5年と短めではありますが、運営陣が2013年まで日本人トレーダーに絶大なる信頼を得ていたオーストラリアの海外FXブローカー「PepperStone」であることは有名です。

日本人トレーダーにも知名度が高く、人気のある業者となっています。

最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 20%以下
マージンコール 90%
最大保有ポジション 200ポジション
最低入金額 2万円
ロット単位 1lot=10万通貨
最小取引量 0.01lot(1000通貨)
最大取引量 100lot
口座維持費 無料
通貨ペア 57種類
貴金属 6種類
資源 2種類
株式指数CFD 9種類
複数口座開設 お一人様6口座まで
両建て
スキャルピング
自動売買
日本語サポート
ボーナス 無し

TitanFX(タイタンFX)のメリット

TitanFXの評判は基本的に良い物が目立ちます。
とは言え、悪評も少なからずありますし、本質的に重要なのは「メリット・デメリット」です。

評判を問わず、アナタのトレードに合った利点・欠点なら使いたいですよね?

まとめると、TitanFXは以下の条件にYesな方に最適です。

TitanFXがおすすめな人
  • 自動売買がメインorスキャルピングが多い
  • レバレッジ500倍もあれば十分
  • ロットを抑えて、スワップポイントで稼ぎたい

もし、当てはまるならTitanFXを使うデメリットの影響がほぼないです。
最適な理由と、場合によっては影響するデメリットを解説します。

  • ZeroPointシステムによる「低スプレッド・高速約定」
  • 口座タイプでレバレッジ制限がない
  • スワップポイントが常に最適化
  • 全70種類以上の通貨ペア・銘柄

TItanFXには4つのメリットがあります。
メリットの総まとめをすると、自動売買・スキャルピングに特化した仕様です。

ZeroPointシステムによる「低スプレッド・高速約定」

TitanFXを語る上で、ハズせないのは「ZeroPointシステム」です。
低スプレッド・高速約定を実現できるのも、このZeroPointシステムがあるから。

TitanFX公式では、次世代のテクノロジーとしています。

どれほどのレベルかと言うと「金融機関レベル」の環境で私達も取引できるほどです。

例えば、自動売買やスキャルピングなら、ほぼ確実に高頻度・高回数のトレードが増えます。

ならば、低スプレッドで有利な取引はもちろん、安定&スピーディーな約定は必須です。

titanfx-matome-1

TitanFXは、市場が混雑しやすいニューヨーク時間(夜10時頃)でもping値は3桁をキープ。
海外FX業者だと、4桁5桁も珍しくないです。

「ping値が高い=通信速度が遅い」ので、TitanFXの取引システムが優秀だと分かります。

HFC(高頻度トレード)を行う金融機関が増えつつあります。
1秒で数万ほど取引を行うと言われ、当然ですが取引システムの処理能力が必要です。

TitanFXでは、これらの金融機関レベルの環境で取引できます

高頻度ですから、低スプレッドも同様にトップ水準です。
具体的な、実際の平均スプレッドは以下の記事で全銘柄をまとめました。

ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
LANDFX 0.8pips 1.5pips 1.8pips 1.6pips 0.8pips
GemForex 1.2pips 1.4pips 1.9pips 1.6pips 1.2pips
Bigboss 1.3pips 1.7pips 2.0pips 1.8pips 1.6pips
TitanFX 1.33pips 1.74pips 2.45pips 2.12pips 1.2pips
AXIORY 1.5pips 1.7pips 2.7pips 2.1pips 1.3pips
iFOREX 0.9pips 1.7pips 2.5pips 3.5pips 0.8pips
TradeView 1.8pips 1.9pips 2.3pips 2.6pips 1.7pips
XM 1.6pips 2.6pips 3.5pips 3.0pips 1.6pips
FXpro 1.8pips 2.4pips 3.6pips 3.0pips 1.7pips
TradersTrust 2.0pips 3.2pips 3.7pips 3.5pips 1.8pips
FXDD 2.3pips 3.0pips 3.8pips 3.5pips 1.8pips
IFC Markets 1.8pips 2.5pips 5.5pips 3.5pips 1.8pips

※スプレッドは時間帯により変動します
※上記はあくまでスプレッドの平均値になります

TitanFXのスプレッドを詳しく知りたい!

口座タイプ・資金でレバレッジ制限がない

海外FX業者で多いのが「少額スタートはハイレバレッジ→○○万円からレバレッジ200倍」というレバレッジ制限。

TitanFXでは、口座タイプ・資金の金額を問わずレバレッジ制限がありません。
ちなみに、公式では余りアピールされてないです。

例えば、低スプレッド・高速約定で上手く自動売買で稼げたとしましょう。
資金が増えた事に気付かず、引き続き同じロット数で売買→レバレッジ制限でロスカットといったトラブルがありません。

常に、同じ最大500倍のレバレッジ設定なので安心してトレードに専念できます。

スワップポイントが常に最適化

TitanFXの公式サイトには、他社と同じスワップカレンダーがありません。
なぜなら、TitanFXは常にスワップポイントを自動的に更新しているからです。

例えば、金利変動でネガティブスワップ(支払うスワップ)が減っているのに、スワップポイントが更新されず割高。

こういったケースは、アナタが知らない間に起こっている可能性があります。
余分に支払ったスワップポイントは返ってきません。

しかし、TitanFXでは自動的にスワップポイントを最適化しており、MT4・MT5の取引画面で確認できる仕様になっています。

具体的なスワップポイントの金額も比較的良いです。
目安として、全銘柄のスワップポイントを以下の記事でまとめています。

全70種類以上の通貨ペア・銘柄

TitanFXでは、マイナー通貨や各国の株価指数を含む常時70種類を取り扱っています。
これは、自動売買ユーザーにとって朗報。

なぜなら、自分で判断する裁量取引と違って、自動売買で複数銘柄が扱えるのはメリットしかないからです。

例えば、クロス円が軒並み同じトレンドならこう。
トレンドフォロー系の自動売買でリスクを分散するといった立ち回りもできます。

【悪評あり】TItanFX(タイタンFX)のデメリットとは?

TitanFXのデメリットは3つのみ。
メリットが4つなので、総評としてオススメできるのは間違いないです。

しかし、資金額や取引したい銘柄によっては他社口座の方が有利な場合もあります。
アナタに合ったFX業者が一番有利にトレードできるので、TitanFXのデメリット(悪評あり)で解説します。

日本金融庁から認可を受けていない

TitanFXに限った話ではないのですが、海外FX証券会社は日本金融庁の認可を受けていません。

ただ勘違いして欲しくないのですが、「金融庁の認可を受けていない=違法」というわけではないということです。

TitanFXは信頼性のあるバヌアツ金融ライセンスを所持しているため、安全性は非常に高いと言えます。

アカリ

よく海外FX証券会社は違法ってデマを流している人いますよね…
何度もいいますが、海外FX証券会社を使うことは違法じゃないですよ!国内FX証券会社の回し者がそう言ってるだけですね

ユカリ

ボーナスが存在しない

TitanFXにはその他の海外FX証券会社に見られるような豪華なボーナスは存在していません。

ボーナスが無いなんてTitanFXはケチな証券会社ですね!

ユカリ

アカリ

決してそんなことはないですよ!TitanFXはボーナスがない代わりにスプレッドやその他手数料がお得に設定されています

一般的に海外FX証券会社はスプレッドが広いところが多いとされていますが、TitanFXはその常識を打ち破ってくれたある意味特殊なFX証券会社です。

ブレード口座にいたっては国内FX業者並みのスプレッドで取引できます。

[/open]
TitanFXのボーナスを詳しく知りたい!

最大500倍のレバレッジは高くない

TitanFXでは、国内FX業者より圧倒的に高い最大500倍のレバレッジが使えます。
しかし、今となっては海外FX業者では低めのレバレッジです。

理由として、最大レバレッジ500倍のレバレッジ以上が標準になりつつある業界の背景があります。

例えば、海外FXを使うトレーダーなら、ほぼ全員が口座を持っているXM(エックスエム)だと最大888倍のレバレッジ。

自動売買業者から始まったGEMFOREX(ゲムフォレックス)なら最大1000倍です。
TitanFXでは、レバレッジ制限がないものの最大レバレッジが低めといったデメリットもあります。

海外FX業者 最大レバレッジ 最低必要証拠金 ロスカット水準
XM(XMTrading) 888倍 1円 20%
GAMFOREX 1000倍 110円 20%
AXIORY 400倍 275円 20%
HotForex 1000倍 110円 10%
FBS 3000倍 37円 20%
is6com 1000倍 6円 50%
BigBoss 555倍 198円 20%
iFOREX 400倍 206円 0%
LAND-FX 500倍 220円 30%
TitanFX 500倍 220円 20%
Tradeview 500倍 220円 100%
FxPro 500倍 220円 20%
IFC Markets 400倍 275円 10%
FXDD 500倍 220円 100%
Traders Trust 500倍 220円 50%

1000通貨以下のマイクロ口座がない

海外FX業者にも1000通貨以下の取引ができるマイクロ口座はあります。
残念ながら、TitanFXでは10万通貨=1ロットが全口座共通です。

例えば、私の場合はXMなどマイクロ口座で1万円から小遣い稼ぎをするといった使い方もします。

TitanFXでマイクロ口座があれば、高頻度のスキャルピングで比較的稼ぎやすいです。
しかし、最小取引数量が1000通貨なので若干の難易度は上がります。

とは言え、500倍のレバレッジと低スプレッドがあるので、余剰資金で手堅く稼ぐと言った使い方ができればOK

TitanFX(タイタンFX)でおすすめの口座タイプは?

TitanFXのメリット・デメリットを解説しました。
まとめると自動売買・スキャルピングが有利な仕様です。

とは言え、「TitanFXなら口座タイプを問わずOK→NG」です。
TitanFXを最も効率的に稼ぐなら「ブレード口座」がおすすめ。

なぜなら、低スプレッドが特徴のTitanFXで実際のスプレッドが一番良いからです。

例えば、ドル円の平均スプレッドを1週間ほど計測した場合以下の結果でした。

  • TitanFXスタンダード口座→ドル円平均1.3pips
  • TitanFXブレード口座→ドル円平均0.3pips
    ※2020年6月時点の計測

3倍ほどの差が口座タイプであるので、ブレード口座がおすすめです。
ただし、ブレード口座には取引手数料があります。(スタンダード口座は無料)

もちろん、取引手数料を加味した結果で実質コストが安いです。
ブレード口座とスタンダード口座の比較は以下の記事で詳しく解説しました。

TItanFX(タイタンFX)は安全性はどう?ライセンスは?

海外FX業者選びでは、日本の金融庁による認可がない分、安全性も重要です。
とは言え、TitanFXは「バヌアツ金融サービス委員会(VSFC)」のライセンスを取得しています。

口コミ等では、バヌアツのライセンスに対して取得基準が甘いといった意見もあります。
しかし、TitanFXが同ライセンス取得に対しては良い印象です。

元々、日本のトレーダーから人気だった「PepperStone(ペッパーストーン)」という海外FX業者がTitanFXの先駆け。

日本の金融庁の方針で、日本からPepperStoneが利用できなくなり、主力メンバーがTitanFXを設立した経緯があります。

より厳格なライセンスを2つほど本社が認可を受けていました。

  • バヌアツに本社を置く
  • バヌアツからライセンスを取得

TitanFXがサービスを展開するには、上記の条件をクリアするのが必須です。
したがって、日本からの利用を実現するためにライセンスを取得したと言えます。

顧客の事を考えているのも分かり、先駆けのFX業者から言えば老舗クラス=安全性は高いと評価できます。

TItanFX(タイタンFX)出金トラブルもない

悪徳FX業者で多いのは、稼いでも出金できないトラブルです。
TitanFXでは、悪質な出金拒否の口コミや、悪評はありません。

出金トラブルで多いのは、シンプルに出金のルールや出金方法の仕組みを知らないといったケースがほとんど。

TitanFXの出金トラブルについて、以下の記事で解説しています。

ちなみに、TitanFXからの出金は基本的に手数料無料で利用できます。

ただし、海外銀行送金だと別途手数料があります。
解決策として「事前にコスパの良いbitwallet(ビットウォレット)を準備しておく」のがおすすめ。

TitanFXでは、入出金ともに海外FX業者では定番のbitwalletに対応しています。
他社口座との資金移動も便利です。(bitwalletを経由すれば即入金可能)

TitanFXの評判に関するQ&A

取引時間(営業時間)はいつなの?

TitanFXでは夏時間や冬時間によって取引時間が変わることがあります。

TitanFXの取引時間は通貨ペアの種類やシーズンによって変動するため注意しましょう。

詳しくはこちらの記事で解説しているためチェックしてみてください。

 

TitanFX(タイタンFX)の取引時間は?「通貨ペア・CFD・サマータイム」の違い

入出金の方法は何がオススメ?

TitanFXには豊富な入出金方法が用意されています。目的にあった物を選びましょう。

TitanFXには豊富な入出金方法が用意されており、お客様の目的に合わせて利用することが可能です。

詳しくはこちらの記事で解説しているためチェックしてみてください。

 

→【まとめ】TitanFXの入金方法を解説。入金出来ない時の対処法も

→【まとめ】TitanFX(タイタンFX)の出金方法ガイド【完了日数・手数料など】

TitanFXにログイン出来ないんだけど…

サーバー名や、パスワードを確認してみてください

TitanFXにログイン出来ない場合は、ユーザーIDやパスワードを再度確認してみましょう。

それでも解決しない場合は以下の記事を参考にしてみてください。

 

TitanFX(タイタンFX)にログインする方法!ログイン出来ない時の解決方法も

リスクゼロでTitanFXを体験してみたい…

お試しとしてデモ口座を利用してみましょう

「実際にTitanFXを体験してみて利用するかどうか決めたい…」と思う方も多いでしょう。

そのような方でもTitanFXではデモ口座が用意されているため、リスクゼロで使用感を体験することが出来ます。

詳しくは以下の記事で解説していますのでチェックしてみてください。

 

TitanFX(タイタンFX)デモ口座を開設する方法!期限の延長も可。

TitanFXのまとめ

今回は「【2020年版】TitanFX(タイタンFX)の評判まとめ!メリット・デメリットで解説。」のテーマでした。

この記事のまとめ
  • TitanFXは自動売買・スキャルピングにおすすめ
  • 海外FX業者トップクラスの「低スプレッド」「高速約定」
  • バヌアツのライセンス取得済み・実は日本人トレーダーにとって老舗

TitanFXの評判・評価から、メリットとデメリットを具体的に解説しました。
あくまで、自動売買やスキャルピングが一番のおすすめ。

とは言え、FXをするなら口座をとりあえず持っておきたいです。(TitanFXは口座開設&維持費「無料」)
TitanFXは低スプレッドなど他社より優れている印象、優れた口座ほど後に利用者制限もあるかもしれません。

口座が作れず公開するなら、どうせ無料だし作っておくのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です