is6comで出金拒否される事例が発覚!原因と対策を解説

「is6って出金拒否される事例あるんだ…」

「出金拒否される会社使いづらいなぁ」

このように感じている方もいるでしょう。

is6では出金拒否された事例がいくつか報告されており、何らかの問題によりキャッシュが出金できなくなっています。

アカリ

出金拒否の事例があるのは怖いですね…
確かに怖いですが、原因が分かれば対策できますよ。

ユカリ

この記事では、is6の出金拒否について解説します。

主に

・is6は出金拒否されるのか
・is6で出金拒否される原因
・出金拒否された際の対処法

この内容を中心に説明します。

これからis6を利用する人は、出金拒否されないように不適切なトレード等を控え、確実にお金を出せるようにしましょう。

is6comでは出金拒否される事例が報告されている

is6を利用している人から、出金拒否されたという事例が報告されています。

出金拒否というのは、利用している側に原因がある事例とis6側に原因がある事例に分かれます。つまり、どちらの問題で起きているのか、しっかりと確認する必要があります。自分に問題があれば、それはis6のルールに違反していることとなるので、出金拒否されても仕方ないことです。

一方で、is6側に原因がある場合、速やかに問い合わせるなどして出金させるように要求しなければなりません。出金拒否をこれ以上続けてしまうと、せっかく得られている利益どころか、入金したキャッシュまで出せなくなってしまいます。早期に対応して出金させるように心がけましょう。

is6comで出金拒否される原因

is6で出金拒否が起きる原因は以下の通りです。

・違反トレードを行っている
・出金先の情報に問題がある
・入金時に違反が確認された
・is6側のトラブル
・出金手続きの確認漏れ

これらの原因があります。is6側に原因がある問題はさほど多くありませんが、トレーダーが原因で起きている問題は複数ありますので、違反とされる行為をしないように心がけましょう。

ここからは、is6で出金拒否される原因について詳しく説明します。

違反トレードを行っている

is6が違反トレードであると確認したため、出金拒否を受けた可能性があります。

is6では、会社側が独自に定めているルールがあります。このルールにより、違反とされているトレードについては厳しく制限しています。該当するトレードを行っていたユーザーに対しては、出金拒否やアカウント凍結などの措置をとっています。

現時点で違反トレードと判断される行為は以下の通りです。

・10ロット以上の注文を無許可で行った
・複数の口座を利用した両建て
・他社をした両建て
・早すぎるスキャルピング取引

これらのトレードは違反として扱われます。両建てのルールは他社と変わらないため、複数の口座を運用していなければ問題ありません。

気をつけるべきは10ロット以上の取引です。10ロット以上、つまり100万通貨以上のトレードを検討している場合は、事前にis6へ通知しなければなりません。そして許可をとった場合のみトレードが認められます。これを無許可で行った場合、違反トレードと判断され出金拒否されます。

他にも過剰にスキャルピング取引を続けた場合は違反行為として扱われ、こちらも出金拒否されてしまいます。スキャルピング取引による出金拒否は、知らないうちに対象となっている場合があります。決済のタイミングは少し時間を置いて行うようにしましょう。

出金先の情報に問題がある

出金先の情報に問題があるため、出金できない場合があります。

これは銀行送金による出金時に発生するケースが多く、以下の要因で出金拒否となります。

・他人名義の口座へ出金する
・出金先の口座番号が間違っている
・出金先の銀行が間違っている

これらの原因により、出金を正しくできないと判断されて拒否される場合があります。特に他人名義の口座へ出金する行為は禁止されているため、手続きをすると即座に出金拒否となり、対応してもらえません。

番号のミスなどは、後から気づく場合もあります。番号が間違っている場合は問い合わせ等で報告し、正しい番号を伝えておきましょう。

入金時に違反が確認された

入金時に違反が発覚し、出金を止められた場合があります。

入金の違反行為としては、他人名義の口座やクレジットカードで入金した事例があります。is6が確認し、他人の口座から入金しているなどの問題が確認できれば、その時点で出金を止められてしまいます。

is6を利用する場合は、自分名義の口座、または自分名義のクレジットカードを利用してください。他人名義を利用すると、それだけでトラブルの原因となります。

is6側のトラブル

is6のトラブルにより、出金できなかった場合があります。

何度かトラブルにより、is6が出金手続きをしたものの実施されず、そのまま残高に反映されている事例があります。こうしたトラブルの場合は、is6がホームページ上で報告していますので、もう1度出金手続きをするなどの対応をしてください。

また、is6側のミスで出金拒否となった事例もあります。違反トレードを行っていない、他人名義の口座を利用していないにもかかわらず、出金拒否される場合です。こちらは問い合わせによって疑惑を晴らせば出金可能となります。

出金手続きの確認漏れ

is6が出金手続きを確認しておらず、放置して出金拒否と同じ扱いを受けるケースもあります。

この場合は完全にis6のミスですので、問い合わせによって出金してくださいと告げれば対応してくれます。このまま放置していると延々と出金されないため、早々に対応して出金するように促したほうがいいでしょう。

is6comの出金拒否を受けた際の対処法

is6で出金拒否された場合は、以下の方法で対処しましょう。

・もう1度出金手続きを実施する
・問い合わせで出金するように促す
・時間を空けてみる

こうした方法を使うと、出金される可能性があります。また、出金拒否ではなく遅延しているだけの可能性があるため、どのような状態でも1度問い合わせたほうがいいでしょう。

出金拒否で諦めてはいけません!まずは行動しましょう!

ユカリ

ここからは、出金拒否された際の対処法について詳しく説明します。

もう1度出金手続きを実施する

もう1度同じ出金手続きを実施すると、出金される場合もあります。

出金拒否というのは、is6側が間違って行っている可能性があります。そこで同じ方法を利用して出金手続きを行い、もう1回出金を断られるか確認しておくのです。ここで出金されるようであれば、is6側が間違っていたと判断できます。

一方で出金拒否された場合、違反トレードに該当していた可能性が高く、ほぼ出金できないと判断してください。この状況に陥った時は、問い合わせ以外に対処する手段はありません。

問い合わせで出金するように促す

一番理想的な方法であり、確実に状況を把握できる対処法です。

is6の問い合わせに連絡し、なぜ出金拒否されているのか、出金されない原因は何かを確認しておきます。ここで拒否しておらず、ただ出金に時間がかかっていると告げられれば、時間はかかっても出金できるので安心してください。

一方で違反が発覚したため出金を拒否していると告げられた場合、違反トレードか口座開設時の違反が確認されています。この状況では出金できないため、is6へ真実を告げると同時に、違反トレードをしないで引き続きトレードを続け、信用を回復するようにしましょう。

問い合わせをしないで放置するより、問い合わせて確実に出金拒否されているか確認したほうが安心です。この方法はどのような問題でも絶対に行ってください。

時間を空けてみる

時間を空けて出金手続きをすると、出金される場合があります。

一定の期間が経過すると、is6が状況を見直す場合があります。1ヶ月程度の期間を空け、is6が本当に拒否しているのか確認するため、再び同じ出金手続きを取ってください。何も問題がなければ、普通に出金対応が行われます。

時間を空けても拒否されている場合、違反トレードを繰り返している悪質トレーダーと判断されています。こればかりは諦めるしかないため、信用回復を第一に行動したほうがいいでしょう。

まとめ

ここまでis6の出金拒否について解説しました。

is6の出金拒否をまとめるとこのようになります。

・is6の出金拒否はある
・出金拒否の原因は利用者とis6の双方にある
・困った時は問い合わせを

is6では違反トレードを厳しく見ている傾向があるため、少しでも違反と判断されるトレードは出金拒否による対応を取られてしまいます。絶対に出金拒否されないためにも、まずは違反とされるトレードや行為を取らないように心がけ、安心して出金できる環境を作り上げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です