is6comで入金する方法は?反映されるまでの時間や注意点を解説

「is6comで入金する方法は何があるのかな?」

「入金の確認が遅かったらどうしよう…」

このような疑問を持つ方もいるでしょう。

is6comでは様々な入金方法を用意しています。自分に合った方法を使って入金できるのはいいところでしょう。

アカリ

入金方法は多いサービスなのですか?
あまり多いわけではないですが、安心して入金できる方法が使えますよ!

ユカリ

この記事では、is6comの入金方法について説明します。

主に

・is6comで採用されている入金方法
・is6comで入金が反映されるまでの時間
・is6comの入金で気をつけるポイント

これらの内容を取り上げます。

これからis6comを利用する場合は、入金方法を理解しておきましょう。また、入金額の制限などについても確認しておくと安心です。

is6comの入金方法

is6comで採用されている入金方法は以下の通りです。

・クレジットカード
・銀行振込
・bitwallet

この3つが採用されています。他の海外FXでも利用されている定番のサービスが多く、比較的わかりやすい入金方法と言えるでしょう。なお、bitwalletは現在一時利用停止の措置が取られています。

仮想通貨やSTICPAYのように、他社で採用されているサービスは利用できません。そのため、他の海外FXで使っていたサービスがis6comに対応せず、入金方法を変えなければならない場合もあります。

基本的に一番早く入金できるのはクレジットカードで、一番遅いのが銀行振込となります。bitwalletはその中間的な位置づけではありますが、出金でも同じサービスが利用できるメリットを持っています。ただ、現在利用できないbitwalletは再開時期が未定となっています。今はクレジットカードと銀行振込の2つから利用するサービスを検討することとなるでしょう。

入金方法の基本情報

is6comで採用できる入金方法ですが、簡単にまとめるとこのようになります。

口座の基本通貨 入金手数料 最低入金額 反映までの時間
クレジットカード USD,JPY 無料 5,000円/50ドル 即時
銀行振込 送金手数料は自己負担 10,000円/100ドル 振込確認後
bitwallet 無料 5,000円/50ドル 即時

このような形となります。銀行振込だけ他の方法と異なり、入金で手数料を請求される可能性が高くなるほか、最低入金額が多くなっています。また、振込確認後まで反映されないため、入金手続きを行ってもすぐに取引できないという問題が発生します。

クレジットカードとbitwalletは同じようなルールが適用されていますが、クレジットカードは対応しているブランドが限られていること、bitwalletは事前にアカウントに入金させる手続きが必要となるなど、双方に気をつけるべきポイントがあるため注意してください。

is6comで使える入金方法の詳細を解説

ここからは、is6comで利用できる3つの入金方法について解説します。どの方法も入金手続きや事前に必要とされる準備があります。こうした情報を覚えてから入金手続きを行いましょう。

クレジットカード

一番簡単に利用できる方法です。保有しているクレジットカードを利用することで、簡単に入金手続きが可能です。

クレジットカードは、対応しているブランドが制限されているため注意してください。

・VISA
・MASTER
・JCB

これらのブランドに対応しています。AMEXやDinersといったブランドには対応していないため気をつけてください。

他の海外FXと異なる点としては、JCBに対応している点は見逃せないでしょう。JCBは対応していないケースが多く、入金に使えないブランドとして知られていました。しかし、is6comであれば対応しているため、普段からJCBを利用している人も安心して入金できるのです。

クレジットカードによる入金手続き

マイページから入金を選択し、クレジットカードの入金部分をクリックしてください。

その後、アカウントの名前が正しいことを確認し、入金額を入力します。

入金額を確認すると、次のページでカード番号を入力する部分が表示されます。

この画面でクレジットカードの情報を入力し、支払うをクリックすると入金が完了します。

クレジットカードによる入金の注意点

対応しているブランドでも、クレジットカード入金できない場合があります。これはクレジットカード側で入金を止められてしまうためです。

対応していないクレジットカードは使えませんので、いくつか持っているカードを試し、入金できるか挑戦するといいでしょう。特に銀行系のカードは、銀行側で制限をかけているケースが多く、入金対応ができない場合があります。

銀行振込

あまり利用しない方法ではありますが、入金ボーナスが銀行振込だけ用意される場合もあるため、この方法も覚えたほうがいいでしょう。

銀行振込は最低入金額が多くなっていることに加え、送金時に支払う手数料は自己負担となります。また、反映されるまでにかなりの時間が必要で、休日を挟むと1週間以上入金確認が行われないケースもあります。

ある程度余裕を持っている人が利用する方法であり、手短に入金したいと考えている人は別の手法を利用してください。

銀行振込による入金手続き

マイページから入金を選択し、銀行振込の入金部分をクリックしてください。

その後、入金先の銀行口座が表示されます。

この銀行口座に対して入金し、反映されるまで待ってください。

日本の銀行口座へ入金することになりますので、どれだけ遅くても数日ほどで反映されます。

銀行振込による入金の注意点

is6comのホームページ上で手続きをする方法ではなく、自分で入金先の銀行口座へ送金手続きを済ませる必要があります。ネットバンキングを持っているなら便利ですが、持っていない人はATMによる手続きが必要です。入金のために外出する必要があるのは、単純に手間がかかってしまうというデメリットとなります。

bitwallet

海外FXで多く採用されている入金方法です。is6comでも対応していましたが、現在は入金手続きが一時停止中となっており、利用できなくなっています。

再開される見通しは立っていませんが、サービスの提携が終了しているというわけではありません。そのため、どこかのタイミングで利用できるようになるでしょう。

再開した後は、入出金方法として利用できるメリットがあるため、使い方を覚えておけば入出金の双方で活躍します。

bitwalletによる入金手続き

マイページから入金を選択し、bitwalletの入金部分をクリックしてください。

その後、bitwalletで利用しているメールアドレスと入金額を入力します。

入力内容を確認した後、bitwalletへ移動し、入金手続きを完了すると送金されます。

bitwalletによる入金の注意点

bitwalletに入金していない限り、このサービスで入金させる方法ができません。事前に入金を済ませてからサービスを利用してください。

また、他人名義の口座は利用できないため、自分でbitwalletの口座を作るようにしましょう。自分名義の口座以外から送金した場合、後からis6comで調査が入り、問題であると判断されればサービスの利用停止等の措置を取られてしまいます。

is6comの入金手数料は?

is6comは、2万円以上の入金を行う場合は無料となります。つまり、入金する際は2万円以上を目安として考えておくといいでしょう。

2万円以下の場合、1回の入金で1,500円の入金手数料を請求されます。地味に痛い手数料となりますので、できる限り2万円以下の入金は避けたほうがいいでしょう。

is6comの入金が反映されない原因

is6comへ入金したものの、入金が反映されないという問題が起きています。

この問題については、is6com側もホームページ上で報告しており、何らかの不具合が起きているために反映されていないと説明しています。現在も原因の調査と改善が行われていますが、具体的にどのような項目で問題が起きているかは説明していません。

is6com側で起きている入金の問題については、サーバーのトラブルやサイト側の問題によるものですので、問い合わせ等で連絡して改善してもらいましょう。また、入金の反映が遅れているようであれば、速やかに反映するように依頼することも忘れないでください。

また、銀行振込の入金反映までに相当な時間がかかる場合もあります。これは、is6comが確認漏れを起こしている可能性があります。振り込んでから3営業日以上、休みを挟んでいる場合は1週間程度かかっても反映されない場合は、is6comへ問い合わせてください。

まとめ

ここまでis6comの入金について解説しました。

簡単にまとめるとこのようになります。

・is6comの入金方法は3種類
・bitwalletは現在利用停止中
・2万円以下の入金で手数料を請求される

is6comはbitwalletが使えない状況ですので、現在はクレジットカードと銀行振込のどちらかで入金を検討することになるでしょう。短時間で入金したい時はクレジットカード、手持ちの資金で入金したい時は銀行振込を利用して入金するといいでしょう。

何らかのトラブルで入金されない場合があるため、手続きを行っても入金が反映されない時は速やかにis6comへ連絡することを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です