is6comのロスカットは厳しい?ロスカットルールや注意点を解説!

「is6のロスカットは厳しいのかな?」

「ロスカットされるとどのような状態になるの?」

このような疑問を持つ人もいると思います。

is6のロスカットルールを覚えておかないと、トレード時に強制的に決済される恐れがあります。執行されるタイミングなどはしっかり覚える必要があるでしょう。

アカリ

ロスカットは怖いイメージがあります。
大丈夫です!ルールさえ覚えれば怖くないですよ。

ユカリ

この記事では、is6のロスカットについて説明します。

主に

・is6のロスカットルール
・ロスカットされるとどうなるか
・残高がマイナスになるとどうなるか

この内容を説明します。

これからis6でトレードしたいと考えている人は、ロスカットルールをしっかり覚えて、トレードの失敗を出来る限り防ぐようにしましょう。

is6のロスカットルールは?

is6のロスカットルールは、証拠金維持率が50%を下回った段階で適用されます。

ロスカットルールが50%というのは、他の海外FXと比較してもやや厳しい数字となります。

is6 50%
XM 20%
iFOREX 0%
FXGT 50%
Tradeview 100%

有名な業者であるXMやiFOREXと比較しても、適用されているルールが厳しいと判断できます。一方で、100%に設定されているTradeviewと比較する分にはルールが緩い業者と判断してもいいでしょう。

ロスカットルールが適用されないように、まずは証拠金維持率をしっかり確認するように心がけてください。50%を下回ってしまうと、強制的にポジションが失われてしまいます。何とかしてポジションを維持したいと考えているなら、証拠金維持率の変化をしっかり見ておくのです。

is6でロスカットが適用されるとどうなるか

is6でロスカットが適用された場合、持っていたポジションは強制的に決済されてしまいます。

もしかすると反発するかもしれない銘柄を保持していたとしても、ロスカットの対象となった場合は強制的に手放すこととなります。これにより、反発してプラスに変わるかもしれないという状態が作れなくなり、取引のマイナスが確定してしまいます。

ロスカットが適用された後、持っていた銘柄が反発して利益に変わったとしても、その利益は得られません。こうした後悔が残らないように、証拠金維持率のチェックや再度入金するなどの対応を取りつつ、ロスカットを回避するように心がけましょう。

なお、複数のポジションを持っていた状態でロスカットの対象となった場合、損失額の大きなものから順番にロスカットが適用されます。証拠金維持率が50%を超えればロスカットは回避されますが、場合によってはすべてのポジションが決済される恐れもあります。

ロスカットでマイナスが生じた場合はどうなる?

ロスカットは証拠金維持率50%で発生しますので、基本的には一部の証拠金が残り、口座残高のマイナスは回避できます。

しかし、何らかの理由でロスカットが遅れてしまい、口座残高がマイナスとなる場合もあります。このような状況では、is6がゼロカットいうルールを適用させ、口座残高を0円にしてくれます。つまりマイナスは残りません。

ゼロカットによって、国内FXのような追証という問題が発生せず、マイナスは帳消しとなります。どれだけ多くのマイナスが生じた場合でも、ゼロカットが行われればマイナスは消えますので、安心して取引してください。

ただ、ゼロカットはロスカットよりも後に適用されるルールとなっています。ロスカットによってある程度の証拠金が残るように調整しているため、あまりゼロカットが適用される事例は多くならないでしょう。

is6のロスカットで気をつけるポイント

is6のロスカットが適用される際、気をつけるポイントがいくつかあります。

・ロスカットが遅れる場合がある
・休み明けはロスカットが発生しやすい
・ゼロカットが行われない時は問い合わせる
・不安があればゼロカットまで入金を避ける

このような注意点があります。ロスカット以外にもゼロカットで気をつけるポイントがありますので、もしものために覚えておきましょう。

ここからは、is6のロスカットで気をつけるポイントについて、詳しく説明します。

ロスカットが遅れる場合がある

ロスカットの対象となった場合でも、なぜかロスカットされない場合があります。

これは取引が多く実施されているために、is6のシステムが対応しきれず、すぐにロスカットに踏み切られないために起きている問題です。特に経済指標が発表されている時に起こりやすく、一時的にロスカット基準を超えていたものの、システムが対応できずにポジションを持ち続けている場合があります。

この場合、ロスカットが遅れて発生し、突然ポジションがなくなっている場合もあるので注意してください。1度でもロスカット基準を超えた場合は、どの場面でポジションが失われるかわからないことを考えておきましょう。

休み明けはロスカットが発生しやすい

is6は土日の取引を行っていませんが、休み明けの取引開始時間に突然レートが変動し、ロスカットの対象となる場合があります。

土日を挟んだ後、最初の取引開始にレートが突然変化、もしくは急変動を起こしている場合があります。この影響を受けて、ロスカットの対象となる可能性が高まります。休み明け早々にロスカットとなれば、これからの取引に大きな影響を及ぼしてしまいます。

休み明けのロスカットを防ぐためには、まず金曜日までにポジションを決済して保有しないように心がけてください。どうしてもポジションを持ち続けたい場合は、証拠金維持率を高めるために追加の入金を検討するなどの対応を考えましょう。

ゼロカットが行われない時は問い合わせる

ゼロカットは営業日の10時に適用され、その時点でボーナスによってマイナスの状態を解消してくれます。ところが、10時になってもゼロカットが行われない場合があります。原因は確認漏れです。

24時間経過してもゼロカットが行われず、延々とマイナスが残っている場合、速やかに問い合わせてゼロカットを適用させてください。放置しているとマイナスが残ってしまい、取引できなくなってしまいます。

問い合わせによって、is6はゼロカットの対象となっていると確認できれば、早々にマイナスを解消してくれます。気になる点があれば問い合わせを実施して早期に問題を解消させておくのです。

なお、取引の不正などによってゼロカットの対象外だったと判断された場合、問い合わせてもゼロカットは適用されません。その場合は追証によってマイナス分を補填する必要があります。具体的には複数口座を活用した両建てが該当します。

不安があればゼロカットまで入金を避ける

ゼロカットされる前に入金した場合、入金前にゼロカットが適用されて口座残高が0円となり、それから入金される仕組みとなっています。

is6では、違反行為がなければ追証はしないルールを適用させていますので、口座残高がマイナスとなっていた状態で入金しても、正しい金額が入金されます。借金の補填のために利用されることはなく、先にゼロカットを適用させて口座残高を元に戻しているのです。

しかし、何らかの問題が生じてしまい、入金額が借金の補填に利用される恐れがあります。不安があるならゼロカットまでは入金しないなどの対応をとっておきましょう。また、ゼロカットを確認してから入金するなど、1つ1つの情報確認をしっかり行っておくのです。

まとめ

ここまでis6のロスカットについて説明しました。

is6のロスカットをまとめると、このようになります。

・is6のロスカットルールは証拠金維持率50%
・ロスカットを受けるとポジションは失われる
・ロスカットで口座残高がマイナスになるとゼロカットが適用される

is6ではロスカットのルールがやや厳しく設定されていますので、ロスカットされないように証拠金維持率を確認するなどの対策が必要です。どうしてもそのポジションを保有し続けるのであれば、余裕を持って取引できる環境を整えましょう。

ただ、ロスカット後に口座残高がマイナスとなった場合、ゼロカットでマイナスは取り消されます。国内FXのように借金を背負うような問題はないため、安心して取引を続けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です