【実測】iFOREX(アイフォレックス)の平均スプレッド一覧

海外FX業者選びで重要な「平均スプレッド」。
最小値ではなく、実際の取引ではスプレッドの目安はいくつか?が大切です。

とは言え、iFOREXでは最小スプレッドしか公式の一覧がありません。

今回は、iFOREXの通貨ペア・銘柄の平均スプレッドを一覧にまとめました。

平均スプレッドについて
  • 3日間のリアルタイムなスプレッドで計測
  • 時間帯はランダム (東京時間だけなど避ける為)
  • 2020年7月時点の相場

iFOREX(アイフォレックス)平均スプレッド 通貨ペア一覧

iFOREX人気通貨ペアの上位19種類の平均スプレッドを計測しました。
また、通貨ペアによって1pips=いくらか?が違います。

iFOREXでは、マイナー通貨同士の通貨ペアを含む全82種類の取扱いです。
外貨同士では、1pipsの単位を変わります。

ウェブトレーダーから確認できますが、見やすく一覧にまとめました。

通貨ペア名 平均スプレッド 1pipsの単位
米ドル/円 1.0pips 0.01
ポンド/円 2.3pips 0.01
ポンド/米ドル 1.1pips 0.0001
ユーロ/円 1.2pips 0.01
ユーロ/米ドル 0.7pips 0.0001
豪ドル/米ドル 0.8pips 0.0001
豪ドル/円 3.0pips 0.01
ユーロ/ポンド 1.4pips 0.0001
ポンド/豪ドル 7.9pips 0.0001
ユーロ/豪ドル 3.0pips 0.0001
米ドル/カナダドル 35.3pips 0.0001
米ドル/スイス 1.5pips 0.0001
米ドル/メキシコペソ 65.8pips 0.01
スイス/円 2.0pips 0.01
NZドル/米ドル 2.0pips 0.0001
NZドル/円 3.0pips 0.01
カナダドル/円 2.0pips 0.01
ユーロ/NZドル 6.0pips 0.0001
ポンド/スイス 3.0pips 0.0001
南アランド/円 0.9pips 0.01

iFOREX(アイフォレックス)平均スプレッド 商品先物一覧

iFOREXでは全19種類の商品先物を取り扱っています。
定番の「金」や、作物まで幅広く1つの口座で投資可能です。

一部、同一銘柄の外貨建てを除き17銘柄の平均スプレッドを一覧にしました。

通貨ペア同様に、商品先物も銘柄によって1pipsの単位が異なります。
一覧に記載しましたので、スプレッドの参考にどうぞ。

商品先物 平均スプレッド 1pipsの単位
WTI原油 4.0pips 0.01
80.0pips 0.01
天然ガス 0.3pips 0.01
ブレンド原油 4.5pips 0.01
ヒーティングオイル 20.0pips 0.0001
2.0pips 0.01
ガソリン 50.0pips 0.0001
小麦 40.0pips 0.01
コーヒー 20.0pips 0.01
コーン 60.0pips 0.01
金(EUR) 90.0pips 0.01
30.0pips 0.0001
ココア 4.0pips 1
パラジウム 1397.0pips 0.01
砂糖 1.5pips 0.01
綿 36.3pips 0.01

iFOREX(アイフォレックス)平均スプレッド 指数一覧

iFOREXでは全32種類の指数を取り扱っています。
馴染みのある「日経225(日本225)」をはじめ、欧州圏の平均株価など。

FX業者としては珍しい「VIX(通称:恐怖指数)」まで取り扱っています。

iFOREXでも人気の24種類を対象に平均スプレッドの一覧を作成しました。

通貨ペア同様に、指数も銘柄によって1pipsの単位が異なります。
一覧に記載しましたので、スプレッドの参考にどうぞ。

指数 平均スプレッド 1pipsの単位
米国30 3.96pips 1
日本225(円) 13.63pips 1
米国テック100 2.15pips 1
米国2000 49.91pips 0.01
ドイツ30 3.20pips 1
米国500 0.64pips 1
FANG+ 3.40pips 1
中国A50 7.08pips 1
日本225(米ドル) 19.33pips 1
香港50 10.57pips 1
VIX 17.02pips 0.01
日本100 0.50pips 1
インド50 7.32pips 1
イギリス100 2.16pips 1
フランス40 3.67pips 1
ブラジル60 40.33pips 1
オーストラリア200 2.81pips 1
イタリア40 29.87pips 1
ヨーロッパ50 2.33pips 1
メキシコ35 25.88pips 1
サウジ全株指数 4.29pips 1
トルコ100 90.23pips 1
韓国200 14.07pips 0.01
中国SZSE 6.24pips 1

iFOREX(アイフォレックス)平均スプレッド ETF一覧

iFOREXでは全52種類のETFを取り扱っています。
FXだけをしていると、「ETF」に馴染みはないかもしれません。

ETFとは、分かりやすく言うと「色々な株の詰め合わせ」になります。
同じ業種の株で構成されたETF、資産運用を企業として行うファンドのETFなど。

iFOREXでは、同じ口座でETFも取引可能です。

人気のETF銘柄12種類を対象に平均スプレッドを一覧にまとめました。

ETF 平均スプレッド 1pipsの単位
グローバル・ゴールド・マイナーズ×3 68.4pips 0.01
ジュニアゴールドマイナーロング×3 10152.5pips 0.0001
米国金融ロング×3 32.15pips 0.01
米国100ロング×3 45.1pips 0.01
韓国トップ50ロング×3 2.6pips 0.01
米国テック100大型株信託 52.5pips 0.01
中国トップ50ロング×3 3.5pips 0.01
米国500ロング×3 19.45pips 0.01
原油ファンド 5.795pips 0.01
米国銀行 5.95pips 0.01
ドイツ30ファンド 21.6pips 0.01
日本225ショート×2 1.515pips 1

iFOREX(アイフォレックス)平均スプレッド 仮想通貨一覧

iFOREXでは全18種類の仮想通貨を取り扱っています。
最近では、多くの海外FX業者が仮想通貨の取引を停止。

iFOREXは、現在も取引のできる数少ない仮想通貨&法定通貨の取引できるハイブリット口座です。

仮想通貨専門業者には劣るものの、1つの口座で他の金融市場を取引できるメリットがあります。
(全市場で有利な銘柄を取引可能)

iFOREXで取引できる仮想通貨の平均スプレッドを一覧にまとめました。

仮想通貨 平均スプレッド 1pipsの単位
ビットコイン 55.525pips 1
イーサリアム 215.95pips 0.01
リップル 29.9pips 0.0001
ビットコインキャッシュ 2.1pips 1
ライトコイン 39.62pips 0.01
EOS 232.4pips 0.0001
モネロ 75.35pips 0.01
ダッシュ 89.9pips 0.01
ビットコイン(ユーロ) 48.915pips 1
ビットコイン(日本円) 59.455pips 100
ビットコイン/イーサリアム 34.715pips 0.01
ビットコイン/ライトコイン 189.215pips 0.01
イーサリアム(ユーロ) 190.2pips 0.01
イーサリアム(日本円) 231.25pips 1
ライトコイン(ユーロ) 34.905pips 0.01
ライトコイン(日本円) 42.42pips 1
リップル(ユーロ) 26.335pips 0.0001
リップル(日本円) 32.015pips 0.01

iFOREXのスプレッドは他社と比較するとどう?

主要通貨ペア iFOREX XM TitanFX
米ドル/円 1.0pips 1.5pips 1.3pips
ポンド/円 2.3pips 3.5pips 2.2pips
ユーロ/円 1.2pips 2.1pips 1.4pips
豪ドル/円 3.0pips 3.2pips 2.2pips
ユーロ/米ドル 0.7pips 1.6pips 1.2pips
ユーロ/ポンド 1.4pips 1.8pips 1.5pips

iFOREXの主要通貨ペアの平均スプレッドを他社と比較しました。
結論から言うと「海外FX業者としては平均的」です。

iFOREXは、口座タイプが1種類のスタンダード口座のみです。
したがって、他社のスタンダード口座と平均スプレッドを比較しています。

ECN口座(手数料有りの低スプレッド口座)で比較すると、やはり他社のスプレッドには劣る仕様です。
例えば、低スプレッド特化のTitanFXはドル円0.2pipsで取引できます。

iFOREXの一番の強みは「取扱い投資商品の多さ」なので、スプレッドが平均的なだけでも好印象です。

まとめ

今回は「【実測】iFOREX(アイフォレックス)の平均スプレッド一覧まとめ」のテーマでした。

実際に取引で使ってみた感想としても、iFOREXスプレッドは平均的な印象です。
ただし、良い意味で「平均的なスプレッド」だと思います。

なぜなら、取り扱い銘柄が多いのに上乗せの手数料がないからです。
取扱い銘柄が多いと、当然ですが取引システムの性能や、人件費も求められます。

iFOREXは、為替・指数・先物・ETFなど幅広い投資商品を追加の手数料なしで取引できるのが強みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です