【アイフォ戦士?】iFOREXのロスカットを解説!証拠金維持率0%まで取引

今回は、iFOREXのロスカットルールについて解説します。

  • 「FX・株・CFD・仮想通貨」豊富な取扱い銘柄
  • 「最大400倍」の高いレバレッジ
  • 「証拠金維持率0%」までのロスカット水準

タイトルにある「アイフォ戦士」とは?
iFOREXを使い少額資金で稼ぐトレーダーを指す造語になります。

なぜ、iFOREXと少額資金で稼ぐトレーダーが多いのか?
その理由は、証拠金維持率0%までのロスカットにあります。

iFOREXのロスカットは「証拠金維持率0%」

そもそもロスカットとは?
FXは、証拠金を元にレバレッジ(倍率)を掛けて取引を行います。
証拠金の内、何%を使って取引をしているか?を表すのが証拠金維持率です。
証拠金維持率が規定値を下回るとポジションは強制決済(ロスカット)されます。

iFOREXのロスカット水準は「証拠金維持率0%」です。
証拠金維持率が0%となるとポジションは強制決済されます。

なので、資金をフルに活用し、ギリギリまでロスカットを避けられる仕様です。
単純にロスカット=資金ゼロの反面というデメリットもあります。

iFOREXのロスカットは少額向け?

iFOREXのロスカットは、証拠金維持率0%だとお伝えしました。
ようするに、少額資金のトレードと相性が良いです

なぜなら、iFOREXはゼロカット制度があるからです。
ロスカットで損失額が証拠金を上回っても追証がありません。

追証とは、損失額が証拠金を上回り、不足が発生した場合の追加証拠金を支払う義務です。
ゼロカットとは、追証がなく、損失による証拠金の不足は「0円」にリセットされる仕組みです。

国内FX業者では、ゼロカットがなく、追証によって実質の借金を抱える可能性があります。

例えば、iFOREXのロスカットは証拠金維持率0%で行われます。
つまり、ロスカットされた場合は証拠金はゼロ円です。

ゼロカットで追証がありませんから、「0円になっても痛手にならない少額資金で運用」の相性が良いと言えます。

iFOREXのロスカット水準を他社比較

ロスカット水準 比較

iFOREX

0%

XM

20%
TitanFX

20%

Axiory

20%

FBS

20%

Tradeview

100%

is6com

50%

GEMFOREX

20%

iFOREXのロスカット水準を他社と比較してみましょう。
証拠金維持率0%でロスカット水準を設定しているのはiFOREXだけです。

つまり、最もギリギリまでロスカットされないFX業者と言えます。

ちなみに、国内のFX業者ではロスカット水準が同じく低い場合でも証拠金維持率20%です。

証拠金維持率以外の面で、iFOREXのロスカットルールを比較する場合に差はありません。
(海外FX業者は基本的にゼロカット制度を採用している為)

iFOREXのロスカットは低コスト

iFOREXは、レバレッジが400倍と低いから少額には不向きといった意見があります。
しかし、iFOREXのロスカットルールによって、実は不向きではありません。

なぜなら、レバレッジが高くても実際のコスト(証拠金)は余り変わらないからです。

例えば、高いレバレッジを使い取引をすると、証拠金維持率の変動が大きくなります。
高いレバレッジを使い、最小限の証拠金でポジションを持つとロスカットされやすいです。

✓他社のロスカット水準
①ポジションをエントリーした時→証拠金維持率100%
②ロスカット水準→証拠金維持率20%
③証拠金維持率とロスカット水準までの余裕→80%
✓iFOREXのロスカット水準
①ポジションをエントリーした時→証拠金維持率100%
②ロスカット水準→証拠金維持率0%
③証拠金維持率とロスカット水準までの余裕→100%

高いレバレッジを使えば、当然エントリーした時の証拠金維持率は低くなります。
ようするに、レバレッジ次第でロスカットの距離が近く、実際に取引できるレベルではありません。(エントリー→すぐロスカット)

しかし、ロスカット水準はルールで決まっており、レバレッジに左右されません。
証拠金維持率0%までのロスカットで、レバレッジを高くする方が取引は現実的。

iFOREXでロスカットを防ぐには?

アイフォ戦士という言葉があるように、ハイレバレッジは危険を伴います。
やはり、一番の理想は「ロスカットされない、余裕資金で取引」です。

iFOREXは、ロスカット水準が証拠金維持率0%なので余剰資金の計算が楽。

iforex-losscut-1

iFOREXでは、注文画面で損失額が自動計算されます。
注文画面で損切り注文を設定する際、ストップロス価格を入れると損失額が計算可能です。

iFOREXのロスカットは、損失額が証拠金と同じ・あるいは下回ると行われます。

ようするに、損失額の計算結果が証拠金を大きく上回ない取引をするとロスカットの確率を下げられます。

注意
FXでは市場の急変動により、100%の確率でロスカットを防ぐ事は不可能です。

まとめ

今回は「【アイフォ戦士?】iFOREXのロスカットを解説!証拠金維持率0%まで取引」のテーマでした。

SNSでアイフォ戦士と検索すると、少額ハイレバレッジでトレードする人が多く見つけられます。
確かに少額資金でロスカットギリギリまで持てるのは、ハイレバレッジだと有利です。

とは言え、ロスカット=資金を失うのは変わりません。

戦略的にハイレバレッジを使うのではなく、ギャンブルトレードにならないよう気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です