GEMFOREXの取引時間まとめ|各通貨ペア・CFD銘柄の営業時間を確認!

このページでは「GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引時間」と、GEMFOREXで採用されている「各通貨ペア・銘柄の取引時間」について徹底解説しています。

あなたがもし、こんなふうに思っているとしたら、この記事は必見です!

「GEMFOREXが気になっているけど、自分がトレードしたい時間に取引できるか気になる」

「GEMFOREXに登録したけど、何時にどの銘柄が取引できるんだろう?」

結論として、GEMFOREXの取引時間は平日はほぼ24時間と、非常に長くなっています。

アカリ

とはいえ、銘柄によって取引時間が異なっていたり、夏時間(サマータイム)と冬時間によっても違うんですよね?

そうなんです!「今、取引できるはずのになぜかできない!」と焦らないためにも、GEMFOREXの取引時間を確認しておきましょう。

ユカリ

FX市場は眠らないマーケットとも呼ばれています。

株式投資の取引所が1日5時間程度しかオープンしないのに対し、FXならほぼ24時間取引可能なので、サラリーマンなどの忙しい方でも問題ありません。

早速、GEMFOREXの取引時間を確認してみましょう。

FXの取引時間の基礎知識

GEMFOREXの取引時間の前に、「FX自体の取引時間はどうなっているんだろう?」と疑問に感じている方もいるでしょう。

そんな方は、基礎知識として以下を覚えておいてください(以下すべて日本時間)。

  • シドニー時間:7:00~16:00(サマータイム時は 6:00~15:00)
  • 東京時間:9:00~17:00(サマータイムなし)
  • ロンドン時間:18:00~翌日2:00(サマータイム時は17:00~翌日1:00)
  • ニューヨーク時間:23:00~翌日7:00(サマータイム時は22:00~翌日6:00)

基本的にFXは、上記の4つの市場で主に取引することになりますが、それぞれ、取引時間が異なっていることがわかります。

為替市場(FX市場)は常に世界のどこかがオープンしているため、ほとんど24時間取引できるのです。

ただし、「ほとんど24時間」と述べたように、例外もあります。

取引量が少なくなり、スプレッドが開いて取引しにくくなるのが日本時間の「早朝」。

これは、GEMFOREXに限らず、多くの海外FX会社、もしくは国内FX会社であっても同様です。

そのためGEMFOREXでは、後述のように、早朝の一部の時間(15分程度)が取引時間から外れています。

GEMFOREXのFXの取引時間

GEMFOREXの取引時間は、次のように公式サイトで明記されています。

GEMFOREXの取引時間(日本時間)
  • 【冬時間】月曜午前7:10~土曜午前6:50
  • 【夏時間】月曜午前6:10~土曜午後5:50

※ただし、NY市場クローズ前後の日本時間午前5:55~午前6:10は除く

このように早朝15分程度は取引時間から外れていますが、GEMFOREXではほぼ24時間、各通貨ペアを取引をすることができます。

「取引時間=発注できる時間」です

GEMFOREXでは取引時間を外れると、発注ができないという点も注意する必要があります。

 

たとえば、指値注文・逆指値注文などを取引時間外(たとえば土日)に入れたいと思うこともあるかもしれませんが、GEMFOREXでは「取引時間=発注できる時間」なので注文は入れられません。

 

国内FX会社では土日でも指値や逆指値注文を入れられることがありますが、GEMFOREXはそうではないので注意しましょう。

※ただしCFD銘柄については、GEMFOREXの営業時間内でも「注文を出すことはできるが、取引はできない」ケースがあります。

GEMFOREXで注意したい夏時間(サマータイム)とは

上記で夏時間(サマータイム)という言葉が登場しました。

これはどのようなものでしょうか。

まず冬時間は、日本で1年中採用されている通常の時間のこと。

一方の夏時間(サマータイム)は、日が長くなる3月~10月の間、冬時間より1時間時計の針を進める制度のことです。

アメリカなどで、太陽が出ている時間を有効活用するため導入されています。

「サマータイム」という記載をみかけたら「日本からみて1時間早くなる(前倒しになる)んだな」と覚えておきましょう。

なお、夏時間と冬時間の時期は以下のとおりです。

  • 夏時間(サマータイム):3月25日~10月28日
  • 冬時間:10月28日~3月25日

GEMFOREXのCFDの取引時間

基本的にFX、どの通貨ペアであっても土日を除くほぼ24時間取引することができます。

しかし、FXと分けて考えるべきなのが、CFD。

GEMFOREXでは、株価指数やエネルギーをCFDでレバレッジをかけて取引できます(レバレッジは銘柄によりますが、いずれも最大1000倍からは低下します)。

CFDは証拠金取引なので、FXと同じようにロングポジションだけでなく、ショートポジション(売りポジション)も保有できます。

ただし、CFDの取引時間はFXと異なるので、以下の表で確認しておきましょう。

株価指数 取引時間 備考
日経225 01:05 – 23:55(月曜開場01:05、金曜閉場23:50) 日経平均株価(Nikkei225)
CAC40(FRA40) 01:05 – 23:55(同上) パリ上場株40銘柄で構成
DAX(GER30) 01:05 – 23:55(同上) ドイツ上場株30銘柄で構成
FTSE(UK100) 01:05 – 23:55(同上) イギリス上場株100銘柄で構成
US500(S&P500) 01:05 – 23:55(同上) アメリカを代表する株500銘柄で構成
NASDAQ(US100) 01:05 – 23:55(同上) アメリカのNASDAQ証券取引所に上場する株式の総合指数
US30(DJ30) 01:05 – 23:55(同上) アメリカの優良株30銘柄で構成
ASX200(AUS200) 01:05 – 23:55(同上) オーストラリア上場株200銘柄で構成
Euro50(EUSTX50) 01:05 – 23:55(同上) ユーロ圏11か国の株50銘柄で構成
Hang Seng50(HK50) 01:05 – 23:55(同上) 香港の上場株50銘柄で構成
BRENT 03:10 – 23:55(月曜開場03:10、金曜閉場23:10) 原油の「ロンドン油田」価格
WTI Light Sweet(XTIUSD) 01:05 – 23:55(月曜開場01:05、金曜閉場23:10) 原油の「USオイル」価格

GEMFOREXと他社FXの取引時間の違い

GEMFOREXと、他のFX会社を比較すると、取引時間にどのような違いがあるでしょうか?

結論として、ほとんど違いはありません。

しかし念のため、主要な海外FX会社とGEMFOREXの取引時間を比較しておきましょう。

開始 終了
GEMFOREX 6:10(夏時間7:10) 5:55(夏時間6:55)
TitanFX 6:04(夏時間7:04) 5:55(夏時間6:55)
Land-FX 6:05(夏時間7:05) 6:00(夏時間7:00)
AXIORY 6:04(夏時間7:04) 5:58(夏時間6:58)
XM 6:05(夏時間7:05) 5:50(夏時間7:00)
早朝は取引だけではなく「発注」もできません

繰り返しとなりますが、日本時間5時55分から6時10分(冬時間であれば6時55分から7時10分)については、新規注文、決済注文を出すことができません。「なぜか注文できない!」という方は該当していないか確認してみましょう。

GEMFOREXのクリスマスや年末年始の取引時間は?

GEMFOREXに限らず、FXは世界中の市場で取引を行います。

そのため、海外の行事、たとえばクリスマスなどに取引時間が影響されることがあります。

そこで以下、GEMFOREXを利用する場合に注意したい、クリスマスや年末年始での取引時間を確認しておきましょう。

※以下は2019~2020年の例ですが、毎年スケジュールが大きく変わることはないので、参考にしてください。

2019年12月23日(月)以前 通常の取引時間
2019年12月24日(火)
通貨ペアによって一部閉場、もしくは終日閉場
2019年12月25日(水) 終日閉場
2019年12月26日(木)
通貨ペアによって一部閉場、もしくは終日閉場
2019年12月27日(金)
通貨ペアによって一部閉場、もしくは終日閉場
2019年12月30日(月) 通常の取引時間
2019年12月31日(火)
通貨ペアによって一部閉場、もしくは終日閉場
2020年1月1日(水) 終日閉場
2020年1月2日(木) 09:00開場
2020年1月3日(金)以降 通常の取引時間

GEMFOREXのMT4(取引ツール)の取引時間を設定・変更する方法

GEMFOREXで採用されている取引ツールのMT4。

しかしいざ利用してみると、「時間設定がおかしい!」「日本時間と全然違う」と混乱している方もいるのではないでしょうか。

実はこれ、よくある悩み。

おそらく、GEMFOREXのMT4では初期設定でGMT+3(夏時間はGMT+2)で設定されています。

しかし日本はGMT+9で、アメリカのニューヨークはGMT-5。

このため、日本時間ともアメリカ時間とも、大きくずれています。

正直、慣れれば時間設定がずれていても全く問題はないのですが、「どうしても日本時間で設定したい!」という方は「めたとれなうpろだ」から設定することができます。

インジケーターをダウンロードし、MT4に反映させる形になるため、インジケーターを外部から追加したことがない方は、少々時間がかかるかもしれません。

アカリ

正直、時間がずれた状態のMT4に慣れてしまうのが手っ取り早いです・・・。

GEMFOREXの取引時間を利用してトレードを有利に進める方法【注意点もあり】

FXは各通貨ペアによって特徴があるように、取引する時間帯によっても「値動きの質やクセ」が違ったり、「スプレッドの開き方」が異なったりします。

そこで以下、GEMFOREXで取引する時間帯についての注意点や、取引時間を理解してトレードを有利に進める方法について解説します。

時間帯ごとの動きやすい通貨を理解する

GEMFOREXを使っているけど、スプレッドがかさんで勝てない!」という方もいるかもしれません。

GEMFOREXのスプレッドは狭め!

GEMFOREXは、ボーナスがもらえるのが魅力の「オールインワン口座」(平均2.0pips目安)と、スプレッドが狭い「ノースプレッド口座」(平均0.3pips目安)のいずれも、他社類似口座と比較してスプレッドは狭めです。

しかし、常に取引していては勝率も下がってしまいます。

そこで、もしあなたの時間が許すなら、通貨ペアがよく動く時間帯を狙い撃ちして取引しましょう。

ボラティリティ(価格変動率)が高い時間帯を狙うほど、利幅を大きくとることができ、スブレットのコストの負担が小さくなるからです。

それぞれの通貨ペアがよく動くのは以下の時間帯ですので、あらかじめ確認しておきましょう。

シドニー時間(7:00~16:00)
AUD(豪ドル)やNZD(ニュージーランドドル)関連がよく動く
東京時間(9:00~17:00)
JPY(日本円)がよく動く
ロンドン時間(18:00~翌2:00)
EUR(ユーロ)やGBP(ポンド)関連がよく動く。
ニューヨーク時間(23:00~翌7:00)
USD(ドル)関連がよく動く

最も日本人に人気のある通貨ペア「ドル円」であれば、22時~翌5時。特に22時にニューヨーク市場がオープンした直後は、非常にボラティリティが高いのでチャンスです。

ただし、雇用統計などの重要な経済指標の発表時は例外で、たとえば21時台に発表されれば、その際にピンポイントに大きく動くこともあります。

そのため、あらかじめ経済指標のスケジュールを確認しておくことも大切です。

GEMFOREXのスプレッドは変動制。早朝の取引はさけよう

一方で取引を避けた方がいい時間帯もあります。

それは日本時間の早朝。

具体的には午前6時~7時は為替市場の取引量が少ないため、スプレッドが過剰に開きがちです。

その分、取引コストが大きくなってしまいます。

ただし、他サイトなどで「GEMFOREXのスプレッドは変動性なので、早朝は簡単にスプレッドが開いてしまう」と説明されていることがありますが、これは誤解を生む表現。

国内・海外と問わず(仮にスプレッドが「原則固定制」となっている場合でも)早朝には、スプレッドが一気に拡大します。

ただしGEMFOREXはスプレッドが変動制なので、固定制よりも柔軟に開きやすい点は注意する必要があります。

もっとも確実なのは、エントリーや決済をする前に、スプレッドを確認することです。

「ハイレバの週末持ち越し」は口座凍結のリスクあり

GEMFOREXはボーナスが充実したFX会社です。

また最大1000倍のハイレバレッジが使えるのも魅力。

さらに付け加えると、口座残高が絶対にマイナスにならないゼロカット制度が採用されています。

このため、あなたは次のような作戦を考えるかもしれません。

  1. 金曜日の取引時間終了間際に1000倍のフルレバレッジでエントリー
  2. 取引時間が終了し、週末を持ち越す
  3. もし月曜日のオープンで損失が出ていればゼロカットで守ってもらう
  4. もし利益が出ていれば、レバレッジ1000倍で大きく勝つ
  5. これを小出しに繰り返し、どんどん資産増やす

しかし、この手法はGEMFOREXの規約違反に抵触する恐れがあります。

ゼロカット制度は本来このような利用を想定しておらず、あくまで急な相場変動からトレーダーを守るためのものだからです。

もちろんたまたま一度、金曜日の取引時間終了間際に1000倍レバレッジでエントリーし、土日を持ち越してしまったからといって、口座凍結にはならないでしょう。

しかし意図的にこれを繰り返すのはリスクがあるので、当サイトでは推奨していません。

GEMFOREXの取引時間まとめ

ここまで、GEMFOREXの取引時間や営業時間について詳しく解説してきました。

そのポイントをまとめると、以下のようになります。

  • GEMFOREXは平日のほぼ24時間取引できる
  • CFD取引にも対応しているが、FXとは取引時間が異なるので注意
  • GEMFOREXは「取引時間=注文を出せる時間」。土日は指値・逆指値などを発注できない

最後に、GEMFOREXであれば、豊富なボーナスを利用して始められるのもメリット。

口座開設ボーナス(2万円~)、入金ボーナス(100%~)を利用すれば、たとえばたった10万円の入金でも証拠金22万円から始めることができます。

どこよりも有利な条件でトレードをはじめたい方は、GEMFOREX公式サイトで最新のキャンペーン情報を確認しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です