GEMFOREXのノースプレッド口座のメリット・デメリットは?手数料も解説

GEMFOREXには、オールインワン口座とノースプレッド口座の2種類があります。

そのため「スプレッドが狭いノースプレッド口座も気になるんだけど、どんな特徴があるのかもう少し知りたい!」と思っている方もいるでしょう。

結論、あなたがもし海外FXの中でより低い取引コストを求めているなら、GEMFOREXのノースプレッド口座は最適な選択です。

アカリ

GEMFOREXで一番人気があるのはオールインワン口座ですよね?

はい!ただし、実はスキャルピングをするならノースプレッド口座を選択した方がいい場合がほとんどです。

ユカリ

この記事ではノースプレッド口座の以下の情報について、徹底的に解説していきます。

  • ノースプレッド口座とオールインワン口座の違いとは?
  • GEMFOREXでノースプレッド口座を選択するメリット
  • ノースプレッド口座を選択するデメリットと注意点

ノースプレッド口座にはメリットとデメリットの両面があります。

ノースプレッド口座を開設しようか迷っている方は、注意点についても知っておいてくださいね。

GEMFOREXのノースプレッド口座とは?

ノースプレッド口座は、ドル円最小0.0pips(平均0.3pips)から取引できる取引コストの低さが魅力の口座。

最初に、GEMFOREXのノースプレッド口座の概要を見ていきましょう。

オールインワン口座 ノースプレッド口座
レバレッジ5000倍口座
基本通貨 米ドル・日本円 米ドル・日本円 日本円
最低ロット数 0.01Lot~ 0.01Lot~ 1.00Lot~
初回入金額 100円~ 30万円~ 上限5万円まで
最大レバレッジ 1000倍 1000倍 5000倍
主要通貨のスプレッド 1.4pip〜 0.0pip~ 1.9pip~
取引手数料 無料 無料 無料
自動売買(EA) 利用可 利用不可 利用不可
ミラートレード 利用可 利用不可 利用不可
各種ボーナス 口座開設ボーナス○
入金ボーナス○
口座開設ボーナス×
入金ボーナス×
口座開設ボーナス×
入金ボーナス×

※レバレッジ5000倍口座については「計300口座限定」「上限金額が5万円」「含み益が100万円を超えた段階で強制決済」というルールがあり、メイン口座としては検討しないほうが無難。

上図から、GEMFOREXノースプレッド口座の特徴を一言でまとめると、「ボーナスは一切利用できないが、取引コストを極限まで削った口座」といえます。

1回のエントリーで数日~数週間ポジションを保有するスイングトレーダーやポジショントレーダーは、取引コストが負担にならないため、ボーナスが利用できるオールインワン口座でもOK。

しかし、取引コストにとことんこだわらなければならないスキャルピングトレーダーは、ノースプレッド口座の利用が必須です。

GEMFOREXのノースプレッド口座を選ぶメリット

GEMFOREXで最も人気が高いのは、ボーナスが利用できるオールインワン口座。

にもかかわらず、ノースプレッド口座を検討しているあなたには、きっとそれなりの理由があるはず。

そこでここからは、あえてノースプレッド口座を選ぶメリットや、ノースプレッド口座に向いている人についてご紹介していきます。

メリット①ノースプレッド口座は、スプレッドが業界最狭水準

ノースプレッド口座のスプレッドは、正真正銘の業界最狭水準。

圧倒的にスキャルピングがしやすい取引環境となっています。

以下の全時間の「平均スプレッド」を記載をご覧ください。

通貨ペア スプレッド
USD/JPY(ドル/円) 0.3pips
AUD/CAD(豪ドル/カナダドル) 2.4pips
AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル) 1.9pips
AUD/CHF(豪ドル/スイスフラン) 1.4pips
EUR/AUD(ユーロ/豪ドル) 1.5pips
EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン) 0.7pips
EUR/JPY(ユーロ/円) 0.5pips
EUR/NZD(ユーロ/ニュージーランドドル) 3.1pips
GBP/AUD(ポンド/豪ドル) 3.1pips
GBP/JPY(ポンド/円) 1.0pips
GBP/NZD(ポンド/ニュージーランドドル) 2.9pips
NZD/JPY(ニュージーランドドル/円) 1.2pips
USD/CAD(ドル/カナダドル) 0.8pips
USD/CNH(ドル/元) 17.3pips
USD/SGD(ドル/シンガポールドル) 3.2pips
USD/MXN(ドル/ペソ) 53.3pips
XAG/USD(銀/ドル) 2.0pips
CHF/JPY(スイスフラン/円) 1.5pips
AUD/JPY(豪ドル/円) 0.6pips
AUD/USD(豪ドル/ドル) 0.3pips
CAD/JPY(カナダドル/円) 1.2pips
EUR/CAD(ユーロ/カナダドル) 2.0pips
EUR/GBP(ユーロ/ポンド) 0.3pips
EUR/USD(ユーロ/ドル) 0.3pips
EUR/ZAR(ユーロ/ランド) 68.3pips
GBP/CHF(ポンド/スイスフラン) 1.6pips
GBP/USD(ポンド/ドル) 1.3pips
GBP/CAD(ポンド/カナダドル) 2.4pips
NZD/USD(ニュージーランドドル/ドル) 1.1pips
USD/CHF(ドル/スイスフラン) 0.3pips
USD/HKD(ドル/香港ドル) 13.3pips
USD/TRY(ドル/リラ) 20.3pips
USD/ZAR(ドル/ランド) 15.0pips
XAU/USD(金/ドル) 2.0pips

GEMFOREXのノースプレッド口座と他社との比較

主要な海外FX会社とGEMFOREXのノースプレッド口座のスプレッドを比較してみましょう。

FX会社 取引手数料 スプレッド(カッコ内は手数料を考慮した実質スプレッド)
GEMFOREX 無料 USD/JPY 0.3pips
EUR/JPY 0.5pips
GBP/JPY 1.0pips
AUD/JPY 0.6pips
CAD/JPY 1.2pips
AXIORY
(ECN)
6ドル USD/JPY 0.5pips(1.1pips)
EUR/JPY 0.7pips(1.3pips)
GBP/JPY 1.0pips(1.6pips)
AUD/JPY 0.9pips(1.5pips)
CAD/JPY 1.1pips(1.7pips)
TitanFX
(ECN)
7ドル USD/JPY 0.35pips(1.05pips)
EUR/JPY 0.7pips(1.4pips)
GBP/JPY 1.5pips(2.2pips)
AUD/JPY 1.1pips(1.8pips)
CAD/JPY 1.1pips(1.8pips)
HotForex
(ECN)
6ドル USD/JPY 0.2pips(0.8pips)
EUR/JPY 0.8pips(1.4pips)
GBP/JPY 1.4pips(2.0pips)
AUD/JPY 1.0pips(1.6pips)
CAD/JPY 0.9pips(1.5pips)
LAND-FX
(ECN)
7ドル USD/JPY 0.5pips(1.2pips)
EUR/JPY 0.9pips(1.6pips)
GBP/JPY 1.0pips(1.7pips)
AUD/JPY 0.8pips(1.5pips)
CAD/JPY 1.1pips(1.8pips)

このようにGEMFOREXのスプレッドの狭さは圧倒的。

上記のすべての通貨ペアで、GEMFOREXが最も狭いスプレッドを提供していることがわかります。

GEMFOREXのノースプレッド口座は取引手数料が無料

ちなみに、上の表のカッコ内のスプレッドは、「取引手数料を考慮したスプレッド」です。

本来スプレッドは取引手数料と異なるものですが、分かりやすく比較するため便宜上、取引手数料がかかるFX会社は「取引手数料+スプレッドをpips換算した数値」カッコ内に記載しています。

通常、スプレッドが狭い口座(他のFX会社で、GEMFOREXのノースプレッド口座に相当する口座)では、別途取引手数料が発生するのが一般的。

しかしGEMFOREXではなんと、スプレッドが狭いノースプレッド口座でも取引手数料が無料なのです。

わかりやすい料金体系と圧倒的に低いコストを求める方はGEMFOREXの利用がオススメです。

GEMFOREXのノースプレッド口座は国内FX並みに低いコスト

国内FX会社では取引手数料はかからず、コストはスプレッドだけであることが多くなっています。

そのため、非常に低い取引コストでトレードできるのが魅力。

ただし国内FX会社には、以下のようなデメリットもあります。

  • 最大レバレッジが25倍に制限されており、資金効率が低下してしまう
  • GEMFOREXのオールインワン口座のように、豊富なボーナスがもらえない
  • ゼロカット制度がない(後述)

そこで、国内FX会社なみに狭いスプレッドを維持しつつ、海外FXのメリットを享受できるGEMFOREXのノースプレッド口座がおすすめ。

国内並みのスプレッドを求めるスキャトレーダーは、GEMFOREX一択と言ってもいいでしょう。

解説サイトなどでは、「海外FX会社はスプレッドが広め」なことがデメリットに挙げられますが、GEMFOREXに限ってそれは当てはまりません。

ただし過剰な0.0pips狙いは禁物

上記の表で解説したように、GEMFOREXの最小スプレッドは0.0pipsです。0.0pipsということは、つまり取引コストは完全にゼロ。他の海外FX会社では取引手数料が発生する場合がありますが、GEMFOREXでは取引手数料すら例外なくゼロだからです。しかしGEMFOREXでは、「あえて0.0pipsの時を狙ったトレード」が禁止されています。必ずしも口座凍結されることはありませんし、またどこからが0.0 pips狙いのトレードと言えるかも曖昧です。しかし、過剰に0.0pipsの瞬間を狙うトレードは念のため控えた方がいいでしょう。

メリット②GEMFOREXのノースプレッド口座は「スキャルピング」が認められている

スキャルピングとは、超短期売買のこと。

FXには以下の5つの取引スタイルが挙げられます。

  1. 長期投資:数ヶ月以上ポジションを保有
  2. ポジショントレード:数週間から数ヶ月ポジション保有
  3. スイングトレード:数日から数週間ポジションを保有
  4. デイトレード:数時間から一日ポジションを保有
  5. スキャルピング:数秒から数時間ポジション保有

このうち、スキャルピングとは1日のうちに何度も取引を繰り返すトレードのこと。

GEMFOREXでは、このスキャルピングを利用規約で禁止していないため、何度行ってもOK です。

公式サイトでも、以下のようにスキャルピングを認めています。

スキャルピングは認めていますか?

はい、特に制限は設けてはおりません。

出典:https://gforex.asia/faq.php

他社ではスキャルピングが禁止されていることも

実は、国内FX会社のほとんどは、スキャルピングを規制しています。スキャルピングが禁止されている口座でそれを無視してトレードすると、口座凍結や、得た利益を出金できないなどのリスクがあります。スキャルピングするなら、公式に認められているGEMFOREXを利用するようにしましょう。

GEMFOREXならオールインワン口座でもスキャルピングOK

なおGEMFOREXでは、上述したようにノースプレッド口座でスキャルピングを行うことができますが、一方でオールインワン口座でもスキャルピングは認められています。

GEMFOREXを使っている限り、どんな条件でも気兼ねなくどんどんスキャルピングできます。

メリット③GEMFOREXのノースプレッド口座ならレバレッジは最大1000倍!

GEMFOREXノースプレッド口座は、最大1000倍ものハイレバレッジでトレードすることができます。

レバレッジとは

レバレッジとは「てこの原理」のこと。FX会社から元手を借りることで、入金した証拠金よりも多くの金額を取引できるようになります。まれに短期間で「億り人」になってしまう人がいますが、その背景にはFXが高いレバレッジをかけられることが関係しています。

たとえば、10万円の入金で100万円の取引ができる場合は、レバレッジの倍率は10倍。

国内FX会社ではレバレッジは最大25倍に規制されているため、10万円の入金で取引ができるのは最大で250万円までです。

しかしGEMFOREXはレバレッジ1000倍で取引できるため、10万円の入金で1億円まで取引することができます。

他のFX会社では、スプレッドの狭い口座ではレバレッジを規制しているケースも多いのですが、GEMFOREXではどのような口座でも最大レバレッジ1000倍以上で取引できます。

GEMFOREXのノースプレッド口座と他社のレバレッジを比較

「レバレッジ1000倍と言われても、高いのか低いのかわからない」という方もいるかもしれません。

そこで主要な海外FX会社のレバレッジを比較してみましょう。

他社でGEMFOREXのノースプレッド口座に相当する、狭いスプレッドを提供しているFX会社を記載します。

GEMFOREX Tradeview AXIORY XM TitanFX
最大レバレッジ 1000倍 200倍 400倍 500倍 500倍
名称 ノースプレッド口座 ILC口座 ナノスプレッド口座 ゼロ口座
ゼロブレード口座

メリット④GEMFOREXのノースプレッド口座はゼロカット採用

GEMFOREXのノースプレッド口座では、ゼロカット制度(ゼロカットシステム)に対応しています。

ゼロカットとは、トレーダーの口座残高が絶対にマイナスにならない仕様のことです。

口座残高がマイナスになっているということは、追加の入金を求められ、それが支払えなかった場合には「借金」を負うということ。

FXのような証拠金取引では、元手以上の大きな取引をレバレッジをかけて行うため、どうしても相場の急変動などで口座残高がゼロになってしまう、さらにはマイナスになってしまうといった可能性が考えられます。

そのような場合でも、GEMFOREXならゼロカットが採用されているので、絶対に残高はマイナスにはなりません。

特にノースプレッド口座では、スキャルピングという取引スタイルの性質上、高いレバレッジをかけることになるでしょう。

レバレッジが高い状態で相場が急変すると、決して無視できない確率で、口座残高がマイナスになります。

そこで、ノースプレッド口座など、スキャルピング用口座については、当サイトでは必ずゼロカットシステム採用のFX会社を使うことをオススメしています。

なお、国内FX会社では例外なく、ゼロカット制度が採用されていません。

金融庁の規制により、ゼロカット制度の採用を禁止しているからです。

第三十九条 金融商品取引業者等は、次に掲げる行為をしてはならない。

二 有価証券売買取引等につき、自己又は第三者が当該有価証券等について生じた顧客の損失の全部若しくは一部を補塡し、又はこれらについて生じた顧客の利益に追加するため当該顧客又は第三者に財産上の利益を提供する旨を、当該顧客又はその指定した者に対し、申し込み、若しくは約束し、又は第三者に申し込ませ、若しくは約束させる行為

引用:金融商品取引法

このように、国内FX会社では、ゼロカット制度は「顧客の損失の補てん」という形で禁止されています。

国内FXの追証(借金)例

とはいっても「正直、口座残高がマイナスになって借金を負うことなんて滅多にないんでしょ?」と思っている方もいるかもしれません。

しかし、そのようなことはありません。

たとえば、トレーダーの幸福賢者さんは2015年のスイスフランショックで、メディアの取材に対して次のように述べています。

「計算上だと強制ロスカットとなるのは1.14フランあたり。ところが、実際にロスカットされたのは1.04348フラン。30万通貨ほど持っていたため、合計673万円の損失になりました。口座残高がゼロになるだけでなく、317万円の『借金』が残りました

引用:https://zai.diamond.jp/articles/-/171302

国内FXを利用して口座残高がマイナスになり、借金を負ってしまう人は定期的に現れます。

特に金融ショックなどで、為替相場が大きく動いた年には、追証を支払えない人が続出します。

もちろん、トレーダー全体のごく一部ではありますが、当サイトではゼロカット制度のあるGEMFOREXなどを利用することを強くオススメします。

メリット⑤GEMFOREXのノースプレッド口座は約定力が高い!

GEMFOREXのノースプレッド口座は約定力が高いことで知られています。

以下の表をご覧ください。

GEMFOREX AXIORY TitanFX XM
約定率 99.79% 99.00% 99.32% 99.35%
約定スピード 0.326秒 0.266秒 0.336秒

約定スピードに関してはGEMFOREXは不明ですが、約定率が非常に高いことがわかります。

約定力とは、トレーダーの発注がどれだけスムーズに約定するか?を示すもの。

「発注したらすぐに約定するのが当たり前じゃないの?」と思うかもしれませんが、意外にもそうではないのです。

たとえば、以下のようなケースがあります。

  • リクオート
  • 単純に約定が遅い

リクオートとは、FX業者が、トレーダーにより提示されたレートの約定を拒否し、レートを再提示してくること。

リクオートがなされると有利な取引タイミングで発注しても、不利な価格で再提示されることがほとんどで、スキャルピングでは大きなデメリットとなります。

またスキャルピングでは、取引の瞬発力が命。

しかし処理能力が低いFX会社では、発注してから実際に約定するまでのタイムラグがあります。

GEMFOREXでは「意図的なリクオートはなし」かつ「0.78秒以内に99.79%の約定率」を公言しています。

事実、約定力は非常に高い印象。

GEMFOREXで発注すると、発注した瞬間に約定が通る爽快感を味わうことができます。

GEMFOREXのノースプレッド口座を選ぶデメリット・注意点

このようにGEMFOREXのノースプレッド口座は、非常に多くのメリットがあります。

一方で、デメリットもあります。

ノースプレッド口座を開設してから「知らなかった・・・」とならないように、あらかじめ確認しておいてくださいね。

注意点①ノースプレッド口座は「EA」と「ミラートレード」は使えない

GEMFOREXは自動売買プログラム(EA)と、ミラートレードが使い放題です。

しかしあくまで使い放題となるのは、オールインワン口座のみ。

ノースプレッド口座では、EAやミラートレードは一切使えないので注意しましょう。

なおミラートレードは、手軽にFXの自動売買を始められるGEMFOREXのサービスのひとつ。

MT4でEAをセットして自動売買するよりも、断然手軽なので、興味のある方は「スキャルピングの裁量トレードはノースプレッド口座、自動売買はオールインワン口座」と使い分けるといいでしょう。

注意点②GEMFOREXのノースプレッド口座はボーナスは使えない

上述したように、GEMFOREXで豊富なボーナスが用意されているのは、オールインワン口座のみ。

ノースプレッド口座では、口座開設ボーナスと入金ボーナスが一切使えないので注意しましょう。

  • 口座開設ボーナス(20,000円~)
  • 入金ボーナス(100%~)

これらはノースプレッド口座ではもらうことができません。

とはいえ、もらわなければ損なので、オールインワン口座も合わせて開設して受け取るようにしましょう。

ゆったりトレードならボーナス重視のオールインワン口座を

オールインワン口座は豊富なボーナスが魅力。

しかしひょっとするとあなたは、「結局は取引コストを含めたトータルコストは、ノースプレッド口座のほうが得なんでしょ?」と思っている方もいるかもしれません。

しかし、必ずしもそうとは言えません。

たとえばポジションを数日~数週間以上保有する場合、1回の利益確定の獲得pipsも大きくなります。

すると獲得できる利益に対し、取引コストの影響は非常に小さくなることが分かるでしょう。

結果、ノースプレッド口座による取引コストの小ささの享受は限定的となり、オールインワン口座の口座開設ボーナス20,000円や、入金ボーナス100%(入金が2倍になって証拠金に反映!)による、投資元本の大きさが光ってきます。

もちろん、スキャルピングなど短期売買をする場合は、いくらボーナスがもらえてもスプレッドが大きくては戦えません。

しかし決して、「オールインワン口座の上位版がノースプレッド口座」というわけではなく、取引スタイルによってはオールインワン口座を選ぶのが正解です。

注意点③ノースプレッド口座は「CFD」は取引できない

GEMFOREXのノースプレッド口座は、CFDは取引できないので注意しましょう。

GEMFOREXでは、以下のCFDを取引することができます。

CFD 最大レバレッジ 備考
日経225 200倍
日経平均株価(Nikkei225)
CAC40(FRA40) 100倍
パリ上場株40銘柄で構成
DAX(GER30) 100倍
ドイツ上場株30銘柄で構成
FTSE(UK100) 100倍
イギリス上場株100銘柄で構成
NASDAQ(US100) 100倍
アメリカのNASDAQ証券取引所に上場する株式の総合指数
US30(DJ30) 100倍
アメリカの優良株30銘柄で構成
US500(S&P500) 100倍
アメリカを代表する株500銘柄で構成
ASX200(AUS200) 100倍
オーストラリア上場株200銘柄で構成
Euro50(EUSTX50) 100倍
ユーロ圏11か国の株50銘柄で構成
Hang Seng50(HK50) 66倍
香港の上場株50銘柄で構成
BRENT 66倍
原油の「ロンドン油田」価格
WTI Light Sweet(XTIUSD) 66倍
原油の「USオイル」価格

為替を狭いスプレッドで取引しつつ、CFDも取引したい方は、オールインワン口座とノースプレッド口座の両方を開設しましょう。

またノースプレッド口座では33種類のFX通貨ペアしか取引できません。

ルーブルなどのマイナーな通貨が絡むペアはオールインワン口座でしか取引できないので注意しましょう。

注意点④ノースプレッド口座は30万円以上の入金が必要

ノースプレッド口座では最低入金金額が30万円~となっています。

つまり30万円を用意できない方にとっては、ノースプレッド口座はその時点で対象外となります。

これはノースプレッド口座の最大のネックといえるでしょう。

小資本トレーダーの方は、まずオールインワン口座で資金を増やし、その後ノースプレッド口座を開設してください。

オールインワン口座なら、最小は0.01ロット(1000通貨)なので、レバレッジ1000倍のGEMFOREXなら100円から取引できます。

注意点④最大ロットが30ロットと物足りない

GEMFOREXでは、ノースプレッド口座とオールインワン口座を問わず、保有ポジションの最大サイズが30ロットまでとなっています。

オールインワン口座では、ゆったりめのトレードに利用する方が多いでしょう。

そのため1ロットのサイズも、控えめにしている方が多いのではないでしょうか。

しかしノースプレッド口座はスキャルピングで利用するため、かなり高いレバレッジを利用します。

そのため、最大サイズが30ロットとなると、場合によっては少し物足りないかもしれません。

ちなみに、30ロットは(300万通貨)なので、約3億円のポジションを持てる計算です。

1ロット=1万通貨の国内FX会社でいうと、300ロットに相当します。

一般的には十分なロットサイズなので、多くの個人トレーダーは気にする必要はないと思いますが、念のため注意しましょう。

またGEMFOREXでは、短期間に大量のロットを売買する取引にも注意する必要があります。

短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続したお取引を継続された結果、カバー先にて予告無く取引停止となり、該当取引分につきましてdeal cancelとなったケースがございました。

出典:https://gforex.asia/guideline.php

このように、「5分間を目安に往復合計10LOT以上での連続した取引」は、制限されています。

とはいえ、いきなり口座が凍結されるわけではなく、まず警告されます。

警告されてから取引量を調整すれば、特別な制裁はないので安心しましょう。

注意点⑤NDD/ECN口座ではない

GEMFOREXの取引方式は、NDD/ECN方式ではなく、DD方式を採用していると考えられます。

「ECN」と「STP」の違いは?

ECN:海外FXでは、「スプレッドの狭い口座」によく採用されている。別途取引手数料がかかるケースが多いが、トータルコストで優れている場合が多い

 

STP:海外FXでは、「スプレッドが広めだがボーナスやレバレッジが充実している口座」によく採用されている。取引手数料は無料だが、スプレッドが広めであるため、トータルコストの高さをボーナスで補うケースが多い

GEMFOREXの公式サイト上に「DD方式です」と取引方式が明言されているわけではありませんが、GEMFOREXはノースプレッド口座でも取引手数料がかからないことから、DD方式の可能性が高そうです。

実は、一部トレーダーの間では、「DD方式は透明性が低い(場合によってはノミ行為や不正行為がFX会社側で可能)ためNDD/ECN方式が好ましい」とする見方もあります。

当サイトではこだわる必要がないと考えていますが、インターバンクに確実に直結したトレード環境にこだわりがある方は、注意が必要です。

GEMFOREXは複数の口座が開設できるので気軽に始めよう

GEMFOREXでは、最大5口座まで開設することができます。

このためまずは、気軽にオールインワン口座とノースプレッド口座の両方を開設し、使い心地やスプレッドの差などを体感してみるのがおすすめ。

  • スイングトレード→オールインワン口座
  • スキャルピング→ノースプレッド口座

と使い分けることで、「破格の口座開設ボーナスと入金ボーナス」をゲットしつつ、さらに「業界最狭水準の狭いスプレッド」での取引環境も実現します。

ひとつの口座に絞るのはもったいないので、合わせて解説してみてくださいね。

GEMFOREXのノースプレッド口座まとめ

ここまでGEMFOREXのノースプレッド口座について、徹底解説してきました。

結論として、スキャルピングするならGEMFOREXのノースプレッド口座はベストな環境です

  • GEMFOREXのノースプレッド口座は「スキャルピング」が認められている
  • GEMFOREXのノースプレッド口座は約定力が高い!
  • 他の海外FX会社と比較して、スプレッドの狭さは敵なし

特にスプレッドについては、国内FX会社と比較しても競争力を持っています。

それなら、最大1000倍ものハイレバレッジとゼロカット採用のGEMFOREXの方がメリットが大きいことは明らかでしょう。

今すぐ、口座開設ボーナス2万円~、入金ボーナス100%~、最小0.0pipsの取引環境で、トレードを始めてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です