【最狭】GEMFOREXのスプレッド、全通貨ペア一覧&他社と徹底比較!

GEMFOREXといえば、豊富なボーナス。

口座開設するだけで20,000円以上もらえる口座開設ボーナス、入金すると2倍以上の残高で反映される入金ボーナスを利用できます。

しかしあなたはひょっとすると、「ボーナスが豊富ということは、スプレッドや手数料は割高なんじゃないの?」と思っているのではないでしょうか。

いえ、そんなことはまったくありません!

GEMFOREXは「ボーナス」と「スプレッド」の両面で、海外FX界のトップクラスのスペックを誇っています。

アカリ

とはいえ、具体的に数字で比較してみなければわかりませんよね?

というわけで今回の記事では、GEMFOREXのスプレッドについて徹底解説していきます。

ユカリ

  • スプレッドについての簡単なおさらい
  • GEMFOREXのスプレッド(オールインワン口座&ノースプレッド口座に分けて解説)
  • 他の海外FX会社と比較したGEMFOREXのスプレッド

といった多方面から、GEMFOREXのスプレッドについての「すべて」を考察していきますよ!

GEMFOREXのスプレッドとは

「そもそもスプレッドって何?」という方のために、簡単に解説おさらいしておきます。

スプレッドとは、単純に「取引コスト」のことだと考えて問題ありません。

つまり、「スプレッドは狭ければ狭いほうがいい」ということになります。

FX業界では、取引コストは「取引手数料」としてではなく「スプレッド」で支払うという習慣があります(場合によっては取引手数料がかかることもあります)。

たとえば、スプレッドが1.0pipsであった場合、「買い値」はわずかに高く、「売り値」はわずかに安く設定されており、その差額(1.0pips)がトレーダーにとってわずかなコストになります。

FX会社からみると、その差額がわずかな取り分となるのです。

「取引手数料」と「スプレッド」はどちらもコストである点には変わりありませんが、

  • 取引手数料:「買い値」と「売り値」とは別に取引手数料を支払う
  • スプレッド:「買い値」と「売り値」にスプレッドとしてコストが組み込まれている

という、手数料の取り方の違いであると言えます。

GEMFOREXのスプレッド一覧

それでは早速、GEMFOREXのスプレッドについて解説していきます。

GEMFOREXでは、「オールインワン口座」「ノースプレッド口座」「レバレッジ5000倍口座」の3つの口座があります。

1つのFX会社なのに複数の口座から選ぶことができる仕様は、国内FX会社ではあまり見かけませんが、海外FXではよくあります。

ここで重要なのは、どの口座を選ぶかによって、スプレッドが全く違ってくるということです。

詳細については後ほど解説していきますが、

  1. ノースプレッド口座
  2. オールインワン口座
  3. レバレッジ5000倍口座

の順番で、上ほどスプレッドが狭い口座と考えてください。

ちなみに、「それぞれどんな違いがあるの?」という方は、以下の表をご覧ください。

オールインワン口座 ノースプレッド口座
レバレッジ5000倍口座
基本通貨 米ドル・日本円 米ドル・日本円 日本円
最低ロット数 0.01Lot~ 0.01Lot~ 1.00Lot~
初回入金額 100円~ 30万円~ 上限5万円まで
最大レバレッジ 1000倍 1000倍 5000倍
主要通貨のスプレッド 1.4pip〜 0.0pip~ 1.9pip~
取引手数料 無料 無料 無料
自動売買(EA) 利用可 利用不可 利用不可
ミラートレード 利用可 利用不可 利用不可
各種ボーナス 口座開設ボーナス○
入金ボーナス○
口座開設ボーナス×
入金ボーナス×
口座開設ボーナス×
入金ボーナス×

このうち、レバレッジ5000倍口座については「計300口座限定」「上限金額が5万円」「含み益が100万円を超えた段階で強制決済」というルールがあり、ハイレバレッジトレードを楽しむためのサブ口座です。

そのため、主に検討するのは「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」の2つですね。

このうち、当サイトがオススメするのがオールインワン口座。口座開設ボーナス(20,000円~)と入金ボーナス(100%~)をもらうことができるからです。

ノースプレッド口座にはスプレッドが狭いというメリットがありますが、ボーナスをすべて利用することができない上、初期入金金額が30万円~となっています。

そのため、少額から始めてみたいトレーダーにとっては、対象外となるでしょう。

以下、オールインワン口座とノースプレッド口座の具体的なスプレッドの一覧をご紹介します。

GEMFOREXオールインワン口座のスプレッド一覧

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッドは、通貨ペアによって異なっています。

スプレッドは「変動制」であり時間帯や相場環境によって変化することがありますが、以下に「平均スプレッド」を記載しているので参考にしてみてください。

通貨ペア スプレッド
USD/JPY(ドル/円) 1.4pips
AUD/CAD(豪ドル/カナダドル) 2.5pips
AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル) 2.3pips
AUD/CHF(豪ドル/スイスフラン) 2.4pips
EUR/AUD(ユーロ/豪ドル) 2.3pips
EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン) 2.0pips
EUR/JPY(ユーロ/円) 1.5pips
EUR/NZD(ユーロ/ニュージーランドドル) 3.2pips
GBP/AUD(ポンド/豪ドル) 3.2pips
GBP/JPY(ポンド/円) 1.9pips
GBP/NZD(ポンド/ニュージーランドドル) 3.0pips
NZD/JPY(ニュージーランドドル/円) 2.1pips
USD/CAD(ドル/カナダドル) 2.0pips
USD/CNH(ドル/元) 17.4pips
USD/SGD(ドル/シンガポールドル) 3.3pips
USD/MXN(ドル/ペソ) 55.0pips
XAG/USD(銀/ドル) 2.1pips
CHF/JPY(スイスフラン/円) 2.1pips
AUD/JPY(豪ドル/円) 1.6pips
AUD/USD(豪ドル/ドル) 1.5pips
CAD/JPY(カナダドル/円) 2.0pips
EUR/CAD(ユーロ/カナダドル) 2.2pips
EUR/GBP(ユーロ/ポンド) 1.6pips
EUR/USD(ユーロ/ドル) 1.4pips
EUR/ZAR(ユーロ/ランド) 102.8pips
GBP/CHF(ポンド/スイスフラン) 3.1pips
GBP/USD(ポンド/ドル) 2.2pips
GBP/CAD(ポンド/カナダドル) 3.3pips
NZD/USD(ニュージーランドドル/ドル) 1.8pips
USD/CHF(ドル/スイスフラン) 1.9pips
USD/HKD(ドル/香港ドル) 15.0pips
USD/TRY(ドル/リラ) 22.0pips
USD/ZAR(ドル/ランド) 16.0pips
XAU/USD(金/ドル) 3.0pips

GEMFOREXのオールインワン口座のスプレッドは、他の海外FX会社と比較すると狭いのでしょうか?それとも広いのでしょうか?

結論としては、「ごく平均的」と言えます。

以下に、GEMFOREXのオールインワン口座の主要なスプレッドと、海外FX会社の類似口座における、主要な通貨ペアごとのスプレッドをまとめています。

FX会社 取引手数料 スプレッド
GEMFOREX 無料 USD/JPY 1.4pips
EUR/JPY 1.4pips
GBP/JPY 1.9pips
AUD/JPY 1.6pips
CAD/JPY 2.0pips
AXIORY
(STP)
無料 USD/JPY 1.5pips
EUR/JPY 1.7pips
GBP/JPY 1.9pips
AUD/JPY 2.1pips
CAD/JPY 2.3pips
TitanFX
(STP)
無料 USD/JPY 1.3pips
EUR/JPY 1.6pips
GBP/JPY 1.9pips
AUD/JPY 2.0pips
CAD/JPY 2.0pips
HotForex
(STP)
無料 USD/JPY 0.9pips
EUR/JPY 1.6pips
GBP/JPY 1.9pips
AUD/JPY 2.0pips
CAD/JPY 2.1pips
LAND-FX
(STP)
無料 USD/JPY 0.8pips
EUR/JPY 1.5pips
GBP/JPY 1.9pips
AUD/JPY 1.6pips
CAD/JPY 0.8pips

このように、GEMFOREXのスプレッドは際立って狭いわけではありませんが、十分に競争力を保っています。

特筆すべきポイントは何といっても破格のボーナスであり、これだけのスプレッドを維持しながら、海外FX会社の中でも圧倒的な「口座開設ボーナス」と「入金ボーナス」が利用できる点は高く評価できます。

GEMFOREXノースプレッド口座のスプレッド一覧

続いて、GEMFOREXで2番目に人気の口座「ノースプレッド口座」のスプレッドについて、通貨ペアごとにご紹介します。

こちらについても、スプレッドは「変動制」となっており変化する可能性がありますが、全時間の「平均スプレッド」を記載します。

通貨ペア スプレッド
USD/JPY(ドル/円) 0.3pips
AUD/CAD(豪ドル/カナダドル) 2.4pips
AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル) 1.9pips
AUD/CHF(豪ドル/スイスフラン) 1.4pips
EUR/AUD(ユーロ/豪ドル) 1.5pips
EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン) 0.7pips
EUR/JPY(ユーロ/円) 0.5pips
EUR/NZD(ユーロ/ニュージーランドドル) 3.1pips
GBP/AUD(ポンド/豪ドル) 3.1pips
GBP/JPY(ポンド/円) 1.0pips
GBP/NZD(ポンド/ニュージーランドドル) 2.9pips
NZD/JPY(ニュージーランドドル/円) 1.2pips
USD/CAD(ドル/カナダドル) 0.8pips
USD/CNH(ドル/元) 17.3pips
USD/SGD(ドル/シンガポールドル) 3.2pips
USD/MXN(ドル/ペソ) 53.3pips
XAG/USD(銀/ドル) 2.0pips
CHF/JPY(スイスフラン/円) 1.5pips
AUD/JPY(豪ドル/円) 0.6pips
AUD/USD(豪ドル/ドル) 0.3pips
CAD/JPY(カナダドル/円) 1.2pips
EUR/CAD(ユーロ/カナダドル) 2.0pips
EUR/GBP(ユーロ/ポンド) 0.3pips
EUR/USD(ユーロ/ドル) 0.3pips
EUR/ZAR(ユーロ/ランド) 68.3pips
GBP/CHF(ポンド/スイスフラン) 1.6pips
GBP/USD(ポンド/ドル) 1.3pips
GBP/CAD(ポンド/カナダドル) 2.4pips
NZD/USD(ニュージーランドドル/ドル) 1.1pips
USD/CHF(ドル/スイスフラン) 0.3pips
USD/HKD(ドル/香港ドル) 13.3pips
USD/TRY(ドル/リラ) 20.3pips
USD/ZAR(ドル/ランド) 15.0pips
XAU/USD(金/ドル) 2.0pips

GEMFOREXのノースプレッド口座のスプレッドは、他社と比較してどのように評価できるでしょうか。

結論として、「圧倒的に狭い」と断言できます。

以下、GEMFOREXのノースプレッド口座と、主要な海外FX会社の類似口座を比較します。

なお、取引手数料が発生するFX会社では、「スプレッド」と合わせて、「取引手数料を考慮した事実上のスプレッド」をカッコ内に記載しています(手数料をpipsに換算し、GEMFOREXと公平に判断するため)。

※GEMFOREXでは、ノースプレッド口座でも取引手数料はかかりません。

FX会社 取引手数料 スプレッド(カッコ内は手数料を考慮した実質スプレッド)
GEMFOREX 無料 USD/JPY 0.3pips
EUR/JPY 0.5pips
GBP/JPY 1.0pips
AUD/JPY 0.6pips
CAD/JPY 1.2pips
AXIORY
(ECN)
6ドル USD/JPY 0.5pips(1.1pips)
EUR/JPY 0.7pips(1.3pips)
GBP/JPY 1.0pips(1.6pips)
AUD/JPY 0.9pips(1.5pips)
CAD/JPY 1.1pips(1.7pips)
TitanFX
(ECN)
7ドル USD/JPY 0.35pips(1.05pips)
EUR/JPY 0.7pips(1.4pips)
GBP/JPY 1.5pips(2.2pips)
AUD/JPY 1.1pips(1.8pips)
CAD/JPY 1.1pips(1.8pips)
HotForex
(ECN)
6ドル USD/JPY 0.2pips(0.8pips)
EUR/JPY 0.8pips(1.4pips)
GBP/JPY 1.4pips(2.0pips)
AUD/JPY 1.0pips(1.6pips)
CAD/JPY 0.9pips(1.5pips)
LAND-FX
(ECN)
7ドル USD/JPY 0.5pips(1.2pips)
EUR/JPY 0.9pips(1.6pips)
GBP/JPY 1.0pips(1.7pips)
AUD/JPY 0.8pips(1.5pips)
CAD/JPY 1.1pips(1.8pips)

海外FX会社では、スプレッドが狭い口座の場合、取引毎に10ドル弱の取引手数料が発生するのが一般的です。

しかしGEMFOREXでは、ノースプレッド口座でありながら、取引手数料が発生しません。

ノースプレッド口座はスキャルピングに便利!

GEMFOREXでは、スキャルピングが禁止されていません。

そのため、まとまった金額で本格的な短期トレードをする場合には、ノースプレッド口座もかなり有力な選択肢といえるでしょう。

ただし、ゆったりめのデイトレードや、スイングトレードでは、破格のボーナスが利用できるオールインワン口座がオススメです。

GEMFOREXレバレッジ5000倍口座のスプレッド

GEMFOREXには「レバレッジ5000倍口座」も用意されています。

ただしこちら口座は、メイン口座として利用できる「オールインワン口座」や「ノースプレッド口座」と比較し、遊び心から用意されている変化球的な口座となっています。

そのため詳細なスプレッドの記載は割愛しますが、3つの口座の中ではもっとも広めです。

たとえば、USD/JPYで1.9pips、AUD/JPYでは2.1pipsなどとなっています。

すべての通貨ペアを平均すると、(突出してスプレッドが大きなUSD/ZARやEUR/ZARなどを除き)2.0pips~4.0pipsが平均スプレッドと言えるでしょう。

GEMFOREXでは「オールインワン口座」や「ノースプレッド口座」でも1000倍とハイレバレッジが利用できます。

そのため、特別な理由がない限り「レバレッジ5000倍口座」を選ぶ必要はないでしょう。

GEMFOREXのスプレッド、どう評価する?

FX会社を選ぶ上で、スプレッドはもっとも重視されるファクターのひとつです。

では、GEMFOREXのスプレッドはどのように評価できるでしょうか。

特筆すべき点が2つあるので、それぞれご紹介します。

GEMFOREXは「ボーナス」と「スプレッド」のバランスが絶妙

当サイトのもっともイチオシの口座は、GEMFOREXの「オールインワン口座」です。

その最大の魅力はボーナスであり、

  • 口座開設ボーナス(20,000円~)
  • 入金ボーナス(100%~)

が、キャンペーン期間中なら無条件でもらうことができるからです。

今キャンペーンはやってるの?

常にキャンペーンが行われているわけではありません。

しかし、「口座開設20,000円ボーナス」と「入金ボーナス(100%)ボーナス」は高頻度に行われているので、キャンペーンの活用は難しくありません。

詳細は、公式サイトをチェックしてみてくださいね!

口座開設ボーナスは場合によっては「30,000円以上」もらえることもあり、入金ボーナスは「+200%」(つまり入金額が3倍になって反映!)になるケースもあります。

この「ボーナス」と「スプレッド」が高次元で融合しているのがGEMFOREXの魅力です。

スプレッド単体だけで比較すると「平均的」ですが、トータルで考えるとGEMFOREXの利用はトレーダーにとって非常に大きなメリットがあるのです。

GEMFOREXのスプレッドは早朝に広がりがち(変動制)

解説サイトなどで、GEMFOREXのスプレッドは、「GEMFOREXのスプレッドは『変動制』なので、早朝などに広がりやすいよ!」と書かれていることがあります。

これは本当でしょうか。

結論として、たしかにGEMFOREXでは、早朝にスプレッドが広がりがちです。

しかし、これはGEMFOREXに限ったことではありません。

スプレッドは、出来高の少なくなったり、何らかの材料があると、広がる傾向があります。

そのため相場が閑散とする「早朝」や、価格変動が激しくなる時間帯(雇用統計など重要指標の発表時)に、スプレッドが広がりやすいのです。

海外FXの多くはスプレッドが「変動制」なのでこうした傾向がありますし、国内FXで見られる「原則固定スプレッド」であっても、場合によっては早朝にいきなりスプレッドが広がることがあります。

GEMFOREXのスプレッドまとめ

ここまで解説してきたように、GEMFOREXのスプレッドは他のFX会社と比較しても狭いため、低コストで取引することができます。

それぞれの口座のスプレッドをまとめると、

  • オールインワン口座:海外FXの中では標準的なスプレッド。しかし他のFX会社では絶対にマネできない口座開設ボーナス(20,000円~)と入金ボーナス(100%~)という破格のボーナスが利用可能
  • ノースプレッド口座:各種ボーナスは利用できないものの、海外FX業界では圧倒的に狭いスプレッドで取引可能(取引手数料無料)

となります。

もちろん、FX会社選びはスプレッドだけではありません。

中には、「ストップ狩り(わざとレートを一時的に動かし、トレーダーに意図的に損切りさせること)を行っているのではないか」と噂されているFX会社もあります。

いくらスプレッドが狭くても、そうした信頼性の低いFX会社を長期的に安心して利用し続けることはできませんよね。

そうした意味でも、「メイド・イン・ジャパン」をアピールしており、経営陣4名中3人が日本人のGEMFOREXなら、安心感して取引することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です