GEMFOREXの解約方法は?口座解約前のチェックリストも解説

GEMFOREXでは90日間取引せずに放置すると、口座ごとに1500円の口座維持手数料が発生してしまいます。

そこで「退会したい」「どのように操作すればいいのだろう?」と迷っている方も多いのではないでしょうか。

結論、GEMFOREXでは非常に簡単に退会することができます。

この記事では、

  • GEMFOREXの退会方法は?
  • GEMFOREXで口座を解約した方がいい場合
  • GEMFOREXで口座を解約するメリット・デメリット

ついて解説していきます。

GEMFOREXは口座解約(退会)できる?

GEMFOREXの公式サイトでは、口座の解約方法について以下のように明記されています。

アカウント削除ならびに口座解約申請について
GEMFOREXのアカウント削除ならびに口座解約申請につきましては、お問い合せフォームより口座名義本人よりご登録頂いておりますメールアドレスにて行って頂いております。申請頂いてから内容を確認後、3営業日以内にアカウント削除ならびに口座解約を行わせて頂きます。

出典:https://gforex.asia/guideline.php

上述のようにGEMFOREXでは、お問い合わせフォームから退会希望を伝えることで、口座を解約することができます。

専用の解約フォームはないの?

GEMFOREXでは、専用の解約ページは用意されていません。後述するように、「口座残高をゼロにして放置」しておけば、口座維持手数料が発生しないので、特に口座を解約する理由はありません。口座解約ページがないのはそうした理由もあるでしょう。

それでも口座解約する場合は、お問い合わせフォームはマイページにログイン後、右上の「開設・入金・サポート」をクリックして表示された「お問い合わせ」よりアクセスしてください。

出典:https://gforex.asia/

GEMFOREXでは「口座ごと」の解約も可能

GEMFOREXでは、オールインワン口座・ノースプレッド口座といった複数の口座が用意されており、最大5つまで口座を開設することができます。

  • オールインワン口座:平均1.5pips(ドル円)とスプレッドは標準的。ただし、破格のボーナス(口座開設ボーナス2万円・入金ボーナス100%)が利用可能
  • ノースプレッド口座:平均0.3pips(ドル円)と多数の海外FXで抜きん出た狭いスプレッドで取引可能。ただし各種ボーナスは利用不可

そのため、現在お使いの口座に不満がある場合は、別の種類の口座を検討してみるのもいいでしょう。

ただし、すでに複数の口座を保有しており「多く作りすぎたから退会したい」という場合には、GEMFOREXそのものを退会するのではなく、作成した口座ごとに解約するのが適切かもしれません。

GEMFOREXでは90日間放置すると、口座ごとに1500円の口座維持手数料がかかります。

そこで口座の数を減らすと、管理が容易になります。

ただし、口座ごとの解約についても、専用の解約ページは設けられていません。

上記と同様、お問い合わせフォームから回答の口座を解約したい旨を記載して送信しましょう。

ちなみに、GEMFOREXの口座維持手数料が発生する月はの3ヶ月ごと、具体的には、

  • 1月1日
  • 4月1日
  • 7月1日
  • 10月1日

のそれぞれ月初めとなっています。

口座維持手数料の発生タイミングを見て、上記までに解約するといいでしょう。

GEMFOREXの口座、「解約」か「放置」か?

GEMFOREXの口座を使わなくなった場合、「解約」と「放置」の2つの方法があります。

ではこのうち、あえてGEMFOREXを「解約」するメリットは何でしょうか?

結論として、ほとんどありません。

強いて言えば、GEMFOREXそのものを退会することで「絶対に口座維持手数料が発生しない」という心理的な安心感が得られることくらい。

とはいえ口座残高をゼロにして放置しておけば、口座維持手数料は発生しないので、あくまで「解約してほいた方がすっきりする」という気持ちの問題ですね。

そこで当サイトでは、解約する前に、口座残高を全て出金してゼロにし、そのまま「放置」しておくことをオススメします。

これなら、事実上口座を解約したのと全く同じ効果を得られ、将来的にGEMFOREXでトレードを再開する場合も簡単に復帰できます。

GEMFOREXを完全退会する際の注意点とチェックポイント

それでもGEMFOREXの口座を解約する場合には、注意点があります。

「もうGEMFOREXを使わないから」と勢いで口座解約してしまうと、不利益が生じてしまう場合があります。

解約前には、以下のポイントをチェックしておきましょう。

解約前に、ポジションをすべて決済しておく

GEMFOREXの口座を解約すると、あなたの口座のポジションは強制的に決済されます。

解約を申請した時点でまだポジションを保有している場合、あなたが決定したタイミングではなく、口座解約の手続きが通り次第GEMFOREX側のタイミングで決済されることになります。

不利なタイミングでの決済となる可能性もあるので注意が必要です。

GEMFOREXのすべてのアカウントを削除する場合には、すべての口座をもれなくチェックし、全てのポジションを決済することを忘れないようにしましょう。

解約前に、出金しておく

口座解約の申請をする前に、あらかじめGEMFOREXから出金しておきましょう。

出金には、最も一般的な「銀行送金」がオススメです。

GEMFOREXにログインし、以下の項目から行うことができます。

出典:https://gforex.asia/

解約前に、取引履歴を取得しておく

口座を解約する前に、GEMFOREXでの取引履歴をあらかじめ取得しておきましょう。

なぜなら、FXで得た利益には所得税が発生することになっており、確定申告の際には取引履歴をもとに利益額を計算する必要があるからです。

しかし口座解約するとGEMFOREXの取引履歴が取得できなくなり、確定申告のための計算ができなくなります。

取引履歴はMT4からダウンロードできるので、取得しておきましょう。

なお、GEMFOREXを解約してもMT4は手元のパソコンに残っていますが、ログインできなくなるため、やはりあらかじめ取引履歴の取得が必要です。

GEMFOREX側もこれについて、

アカウント削除(停止処置)ならびに口座解約を行わる前にご本人様の責任で必要なデータの取得をお願しております。当社側で取得する事は出来かねますので、予めご了承下さいませ。

出典:https://gforex.asia/guideline.php

と説明しています。

なおGEMFOREX単体での損益がマイナスになっている場合に関しても、念のため、取引履歴を取得しておくことをオススメします。

マイナスを証明しておけば、今後、他のFX会社で利益を出した場合に、GEMFOREXの損失と相殺することで利益を少なく申告でき、節税することができます。

GEMFOREXの解約方法まとめ

ここまでGEMFOREXの解約方法と、解約する際の注意点について解説してきました。

重要な点をまとめると以下の通り。

  • GEMFOREXでは、お問い合わせフォームから退会希望を伝えることで、口座を解約できる
  • 90日間放置すると1500円の口座維持手数料がかかる
  • ただし、口座残高をゼロにして放置しておけば、口座維持手数料は発生しないので、そのまま「放置」が楽

それでもGEMFOREXを退会する場合は、解約すると当然のことながらアカウントが削除されるため、ログインすることができなくなります。

先にログインが必要な操作については、あらかじめ行っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です