RSIの使い方を徹底解説

この記事では多くのトレーダーに使用されているインジゲーターである「RSI」について説明していきます。

「RSI」といえばオシレーター系のインジゲーターの代表格といえます。

簡単に説明すると「RSI」とは、相場が今「買われすぎ」・「売られすぎ」のどちらに傾いているのかを数値化したインジゲーターになります。

「RSI」はどのくらいレートが上下しているのかが0~100%の値で表されます。100に近いほど買いが強く、0に近いほど売りが強い状態を示します。

「RSI」は多くのトレーダーが使っているだけあって、使い方を勘違いしてるトレーダーも多くいます。

今回はそのような間違った「RSI」の使い方を指摘し、異なる観点から「RSI」の使い方を説明していきます。

70%以上で売り、30%以下で買いは間違い

「RSI」は一般的に70%のラインと30%のラインに線が引かれていることがあります。

これは上部70%以上のゾーンに入ると「買われすぎ」、下部30%以下のゾーンに入ると「売られすぎ」と判断されるからです。

そして、これをトレードの判断基準にして70%ライン到達で売り、30%ライン到達でロングをするトレーダーが多くいます。

事実、多くのFX書籍やFXサイトにはこの「70%ライン到達で売り、30%ライン到達でロング」という手法が紹介されています。

ただし、このトレード手法は間違いであり、この手法で勝つことは出来ません。

ある程度の場数を踏んできたトレーダーなら経験済みかと思いますが、「RSI」の70%ラインや30%ラインに相場の優位性はありません。

そもそも、この70%や30%という数字には明確な理由がなく定められています。つまり値ごろ感です。

相場は絶対に値ごろ感でトレードして勝てるほど甘くありません。

「こんなに上昇したから下がるでしょー」や「こんなに下落したから上がるでしょー」と言った安易な思考でのトレードは、良くない未来を招くことは必然です。

私は「70%ライン到達で売り、30%ライン到達でロング」といった手法はオススメしません。

「RSI」の計算式を理解しよう

インジゲーターを正しく理解し使用するためには、そのインジゲーターの計算を理解する必要があります。

「RSI」の計算式は比較的簡単ですので、すぐに理解していただけると思います。

「RSI」の計算式

「RSI」は過去のN期間において上昇が強いのか、下落が強いのか測るオシレーターです。

N期間の値上がり幅の平均とN期間の値下がり幅の平均を計算し、値を算出します。

 

まだよくイメージ出来ていない人のために、具体例をだして説明します。

「RSI」の具体例

ここでは最も多くの「RSI」トレーダーに使われる「14」という値を使って説明していきます。

例えば、下の図のような値動きをしたとします。

日付 価格 変動幅 上昇分 下落分
1日目 100円
2日目 102円 +2円 2
3日目 101円 -1円 1
4日目 99円 -2円 2
5日目 104円 +5円 5
6日目 102円 -2円 2
7日目 101円 -1円 1
8日目 105円 +4円 4
9日目 107円 +2円 2
10日目 102円 -5円 5
11日目 101円 -1円 1
12日目 100円 -1円 1
13日目 103円 +3円 3
14日目 106円 +3円 3
15日目 105円 -1円 1
合計 +5円 19 14

この時、14日間の値上がり幅の平均は19、14日間の値上がり幅の平均は14となります。

そしてこの値を先ほどの式に代入して、計算すると19÷(19+14)×100=57.57となります。

この数値から、過去14日間では買いの力が売りの力より勝っていたことがわかります。

このことから、「RSI」の値を大きくとればより長い期間から計算することになるため「RSI」の値が50%から乖離することは少なくなり、逆に「RSI」の値を小さくとればより短い期間から計算することになるため「RSI」の値が頻繁に50%から乖離することは理解していただけると思います。

「RSI」のダイバージェンス

トレンドの発生の転換点を表すダイバージェンスは「RSI」でも発生します。

ダイバージェンスについての詳しく知りたい方は下の記事からどうぞ。

[kanrenc id=”214″]

RSIは過去のN期間においての上昇幅と下落幅を計算し、どちらの勢いが強いか測るオシレーターです。

ダイバージェンスとは価格が切り上がっている(切り下がっている)のに、インジゲーターが切り下がっている(切り上がっている)状態のことです。

つまり「RSI」でのダイバージェンスの発生は何を示しているのかというと、価格は切り上がっている(切り下がっている)にも関わらず、N期間における買い圧力(売り圧力)は下がっているということがわかります。

「RSI」ダイバージェンスの発生が何故トレンドの転換点を表すのか理解できましたでしょうか?

「RSI」のヒドゥンダイバージェンス

ダイバージェンスと同じようにトレンドの継続を表すヒドゥンダイバージェンスは「RSI」でも発生します。

ヒドゥンダイバージェンスについての詳しく知りたい方は下の記事からどうぞ。

[kanrenc id=”220″]

ヒドゥンダイバージェンスとは価格が底値(高値)を更新していないのに、インジゲーターが底値(高値)を更新している状態のことです。

つまり「RSI」でのヒドゥンダイバージェンスの発生は何を示しているのかというと、価格は上がっている(下がっているのに)のに、インジゲーターは売られすぎ=買いシグナル(買われすぎ=売りシグナル)を出しているということです。

このような理由から「RSI」でのヒドゥンダイバージェンスの発生は、トレンドの継続を表すことに繋がるのです。

「RSI」のまとめ

「RSI」は一定のN期間の変動幅の中でどれ価格が上昇しているのか、下落しているのかを表すものです。

つまり「RSI」だけを使ってエントリーをするということは、過去N期間のロウソク足だけで相場を判断してトレードすることになります。

あなたは普段トレードをする時に、たった過去14本のロウソク足だけをみてエントリーすることはありますか?きっとそんなことはないはずです。

たった過去14本のロウソク足をみるだけでは、現在がトレンド相場なのかレンジ相場なのかも判別することは出来ません。

この記事を読んで「RSI」単体をエントリー理由にすることは物凄く危険なことだとわかって頂けたと思います。

ただし、ダイバージェンス・ヒドゥンダイバージェンスは「RSI」に加え、ロウソク足も見ることになります。

この点では「RSI」のダイバージェンス・ヒドゥンダイバージェンスを見ることは、「RSI」単体で使うよりも非常に有効なトレード手法だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です