移動平均線(MA)の使い方を徹底解説

この記事では多くのトレーダーに使用されているインジゲーターである「移動平均線(MA)」について説明していきます。

移動平均線は、インジゲーターの中でも最も有名かつ重要なテクニカル指標で、投資を始めたら最初に知っておくべきインジケータです。

簡単に説明すると移動平均線とは、トレンド系インジゲーターの一種で相場が今どのような相場なのか(レンジなのかトレンドなのか)がわかります。

多くの勝ち組トレーダーもこの移動平均線を重視しており、きちんと使い方を理解することが大切です。

ただ移動平均線は多くのトレーダーが使っているだけあって、使い方を勘違いしてるトレーダーも多くいます。

今回はそのような間違った移動平均線の使い方を指摘し、異なる観点から移動平均線の使い方を説明していきます。

GCで買い、DCで売りは間違い

移動平均線は複数の期間のものを組み合わせることにより、ゴールデンクロス(GC)とデッドクロス(DC)と呼ばれる売買シグナルを発します。

期間の短い移動平均線が、期間の長い移動平均線を上に越えるとゴールデンクロス。反対に期間の短い移動平均線が、期間の長い移動平均線を下に抜けるとデッドクロスというシグナルになります。

多くのFX書籍やFXサイトにはこの「ゴールデンクロスでロング、デッドクロスでショート」という手法が紹介されています。

そのため、これをトレードの判断基準にしてトレードをするトレーダーが多くいます。しかし、これではダマシが多く勝つことは出来ません。

私は移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロス単体をエントリー理由にするのはオススメできません。

もちろん、ゴールデンクロスやデッドクロスが使えないということではなく、これらは相場のトレンドを把握することには非常に役に立ちます。

移動平均線の種類と計算式

移動平均線には3種類あり、それぞれ計算方法が若干異なります。詳しく見ていきましょう。

単純移動平均線(SMA・MA)

単純移動平均線とは、ある一定期間の終値の平均値を単純につないだ移動平均線です。

平均価格を使用することで細かなノイズ変動に惑わされることなく、現在の相場のトレンドがどちらを向いているのかを一目で判断することができます。

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線は単純移動平均よりも、直近の価格に重点を置いた移動平均線です。

そのため、単純移動平均線と比べて相場の動きに早く反応することができます。

指数平滑移動平均線(EMA)


指数平滑移動平均線は当日の価格に重点を置いた移動平均線ですので、加重移動平均線や単純移動平均よりも早く反応します。

このように多くの種類の移動平均線がありますが、基本的には単純移動平均線(SMA・MA)でいいと思います。

どれを使うのが正解というのはなく、自分のトレード手法と相談して、最も使いやすく優れたパフォーマンスが出せるものを見つけ出して使うことをオススメします。

移動平均線の種類ごとに短所と長所をまとめたので参考にしてみてください。

  • 単純移動平均線
    長所→滑らかな移動平均線になるため、ダマシの売買シグナルが少ない
    短所→値動きに対して遅れて売買シグナルを出すので、損切幅が大きくなりがち
  • 加重移動平均線
    長所→直近の値動きを重視するので、比較的値動きに素早く反応する
    短所→急に大きく動いた際などは、ダマシの売買シグナルが増えがち
  • 指数平滑移動平均線
    長所→直近の値動きを重視するので、値動きに素早く反応する
    短所→急に大きく動いた際などは、ダマシの売買シグナルが増えがち

移動平均線の効果的な使い方

先ほども言いましたが、移動平均線はエントリーの売買シグナルとして使用することはオススメしません。

移動平均線の計算式をみればわかるように、どうしても値動きに対して遅れて反応するため効率的ではないのです。

ではどのような使い方が効果的なのでしょうか。

私は移動平均線は現在の相場の状態(トレンドかレンジか)を把握するために使うのが効果的であると考えます。

これをもっとわかりやすく理解していただくために、この考えの元である「移動平均線大循環」を説明していきます。

移動平均線大循環とは?

移動平均線大循環は短期・中期・長期の移動平均線の3本を使用します。

それぞれの移動平均線は短期のトレンド、中期のトレンド、長期のトレンドの方向性と強さを示します。

移動平均線のパラメーターはご自身のトレードにあったものを使用していただければ大丈夫です。私は短期:5MA・中期:20MA・長期:40MAを使用しています。

移動平均線大循環は短期・中期・長期の移動平均線の3本を見て、現在の相場がどこのステージにいるかを判断するのに使えます。

移動平均線大循環の6つのステージ

移動平均線大循環には6つのステージがあります。

  • 第1ステージ:安定上昇期
  • 第2ステージ:上昇相場の終焉
  • 第3ステージ:下降相場の入口
  • 第4ステージ:安定下降期
  • 第5ステージ:下降相場の終焉
  • 第6ステージ:上昇相場の入口

このように6つのステージに相場を分解することで、現在の相場の状況が把握しやすくなります。

そして、この6つのステージごとに合うトレード手法を検証していくことでそこに優位性が生まれます。

例えば簡単な例ですが、安定上昇期では押し目買いを仕掛ける、安定下降期では押し目売り売りを仕掛ける、それ以外のときは何もしないというルールを定めるだけでもトレード効率は良くなります。

一般的に負け組個人トレーダーは自分の手法がどのような相場で優位性を発揮するのかを知らずに、わざわざ難しい局面でどう取ろうかというところに頭を悩ますことが多いです。

レンジ相場に強い手法もあれば、トレンド相場に強い手法もあります。

現在、自分の使っている手法が移動平均線大循環のどのステージで使えば最も効率がいいのか、検証してみることをオススメします。

移動平均線のまとめ

この記事を読んで移動平均線の効果的な使い方を理解して頂けたと思います。

移動平均線は直接エントリーの理由として使うのではなく、現在の相場の状況(トレンドかレンジか)を把握するために使用するのが効果的であるといえます。

きっとむやみやたらにトレードするよりは、自分の手法にあった相場の状況を理解しトレードしたほうが良い結果が出るでしょう。

是非、今あなたの使っている手法と組み合わせて使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です