ボリンジャーバンド(Bollinger Band)の使い方を徹底解説

この記事では多くのトレーダーに使用されているインジゲーターである「ボリンジャーバンド」について説明していきます。

ボリンジャーバンドは移動平均線を応用したものです。ボリンジャーバンドの使い方を理解するためには、移動平均線(MA)をまず理解する必要があります。

移動平均線(MA)について詳しく知りたい方は下の記事からどうぞ。

[kanrenc id=”187″]

ボリンジャーバンドは多くのトレーダーが使っているだけあって、使い方を勘違いしてるトレーダーも多くいます。

今回はそのような間違ったボリンジャーバンドの使い方を指摘し、異なる観点からボリンジャーバンドの使い方を説明していきます。

±2σ±3σで逆張りエントリーは間違い

ボリンジャーバンドを実際にチャート上に表示させてみると上のようになります。

このチャートの中には、ローソク足とは別に7本のラインが引かれていますが、これらをあわせてボリンジャーバンドと呼びます。

7本の中心にあるのが、平均移動線でその隣にある上下ラインが±1σ(シグマ)、その次が±2σ、一番外側が±3σと並んでいます。

これらのボリンジャーバンドの間にロウソク足が収縮する統計学的な確率が次のようになります。

ボリンジャーバンド バンド内に収束する確率
±1σ 68.27%
±2σ 95.45%
±3σ 99.73%

そして、多くのFX書籍やFXサイトには上の確立を根拠に「±2σ±3σで逆張りエントリー」という手法が紹介されています。

ただし、このトレード手法は間違いであり、この手法で勝つことは出来ません。

「±2σ=95%」「±3σ=99%」の誤解

そもそも、この確率そのものに間違いがあります。

上記の確立は相場が正規分布であることを前提に算出されています。

でも実際の相場は正規分布でしょうか?違いますよね。

相場の価格には連続性(トレンド)があり、今日が100円、明日が101円、明後日が102円と現在の価格が基準となって次の価格が決まります。今日が100円で、明日なんの前兆もなく急に5円になったなんてことは無いわけです。

そのため、実際の確立は上記のものより低くなってしまうのです。

そもそもボリンジャーバンドは逆張りの指標じゃない

逆張り指標として世の中に広まったボリンジャーバンドですが、実は考案者のジョン・ボリンジャーは逆張り指標ではなく、順張り指標であると明言しています。

ボリンジャー氏は「ボリンジャーバンドに触れたことがシグナルではない」とし、「バンドの外側に終値が位置していることはトレンド発生もしくはトレンド継続とし、反転シグナルではない」と話しています。

ボリンジャーバンドを使った逆張りを否定しているわけではありません。

しかし、ボリンジャーバンドで「±2σ±3σで逆張りエントリー」と言っていたら、その人はボリンジャーバンドを理解していないとだけは断言できます。

ボリンジャーバンドの計算式

 

ボリンジャーバンドとは、移動平均線に「標準偏差」を盛り込み、上下に乖離させたバンドのことです。

そのため、σ(シグマ)は移動平均の数値の標準偏差として上のように計算できます。

標準偏差

標準偏差とは、データの散らばり具合をあらわす値のことです。統計学などでよく使われ、単位として「σ(小文字のシグマ)」が一般的に使われます。

計算式は難しいので、無理して理解しようとしなくても大丈夫です。

ボリンジャーバンドの3つの動き

ボリンジャーバンドには、基本的な3つの動きがあるので抑えておきましょう。

  • スクイーズ:バンド幅が狭くなる
  • エクスパンション:バンド幅が上下に拡張する
  • バンドウォーク:バンドに沿ってロウソク足が上昇または下落する

スクイーズ

スクイーズとはボリンジャーバンドが狭まっていっているところを言います。(上のチャートの黄色で囲ったところ)

ボリンジャーバンドは値動き(ボラリティ)に反応して、バンド幅が拡張したり収縮したりする特性があり、このようにスクイーズしている時はボラリティが低いときです。

多くの場合、このスクイーズが発生したあとに大きな値動きが発生します。

エクスパンション

スクイーズとは反対にボリンジャーバンドが広がっているところを、エクスパンションと言います。(上のチャートで黄色で囲ったところ)

このようにバンド幅が拡張しているときは、ボラリティが高くなっている時です。この開き幅が大きければ大きいほど、強いトレンドが発生したと判断できます。

バンドウォーク


バンドウォークはボリンジャーバンドのバンドに沿ってローソク足が並ぶ現象のことで、強いトレンドが発生したときに現れます。(上のチャートで黄色で囲ったところ)

先ほど紹介した「±2σ±3σで逆張りエントリー」という手法はこのバンドウォークの発生で負けます。

ボリンジャーバンドの効果的な使い方

ボリンジャーバンドはその特性上、現在の相場の状況(トレンドかレンジ)を把握するのに適しています。

「±2σ=95%」「±3σ=99%」といった確率そのものに意味はなく、ボリンジャーバンドを使うことで自分のとるべき行動を判断するができるのです。

例えば、

  • トレンド相場で有効な手法を使っている方
    →スクイーズが発生したからトレンドが出るまでトレードを控えよう
  • レンジ相場で有効な手法を使っている方
    →エクスパンションが発生してバンドウォークしてるから、トレンドが落ち着くまでトレードを控えよう

という風に、自分の手法を組み合わせることでトレード戦略をたてることができます。

ボリンジャーバンドのまとめ

この記事をよんでボリンジャーバンドの効果的な使い方を理解して頂けたと思います。

何度もいいますが、ボリンジャーバンドの「±2σ=95%」「±3σ=99%」といった確率そのものに意味はありません。

上の確立が本当ならば、±3σで逆張りすればみんな億万長者です。相場の世界はそんなことで勝てるほど甘くはありません。

是非、今あなたの使っている手法とボリンジャーバンドを組み合わせて使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です